痛風症状治療方法

痛風と聞けば、40代や50代のおじさんが、飲みすぎて、接待三昧で起こしてる病気だと思っていませんか?

その常識は、昔の話です。いまや、20代の若者の痛風になって、痛みと苦痛で混乱している時代です。なぜなら、飽食の時代、贅沢が贅沢で無くなっている時代だからです。

そんな、古臭い考えを持っている貴方に、もう一度

「痛風=高尿酸血症」

をお伝えします。

Sponsored Links

痛風とは?風が吹いても何処が痛いんだっけ?

痛風とは、高尿酸血症を指します。生活習慣病の一種で、身体の中に尿酸と言う代謝産物が溜まることで発症します。
その数値、血液検査の尿酸値を見れば分かります。7.0mg/dl以上の尿酸が検出さえれば、いつ、痛風発作を起こしても不思議ではありません。

症状は?

まず、足の親指の付け根の関節が関節炎を起こすことから始まります。赤く腫れあがり、激痛を伴います。

歩くことができない、何も触れていないのに激痛で動けないと言われています。風が吹いても痛いとは、この事を言います。

この発作、大体1週間で治まると言われていますが、きちんと治療と生活改善がなされないと、症状は進行し、発作は頻繁に、起こる痛みの個所も増えると言われています。

一度、痛風発作を起こすと1年以内に再発を約束されますが、その治療を中途半端にしていると、幾度となく発作を起こすようになります。

そして、関節痛は、足の指、足関節、くるぶし、手の指などあらゆる関節を襲います。また、内臓にまでも影響を与え、腎臓結石、尿管結石と腎機能低下、尿路障害にまで至るようになります。

痛風の原因は?

動物性たんぱく質の過剰摂取、プリン体の過剰摂取、脂分の過剰摂取、運動不足、ストレスフルな生活、生活習慣の不規則さなどが原因と言われています。

Sponsored Links

知っておきたい治療法!!そして、自分を改めて症状を撃退する方法とは?

まずは、尿酸値を下げましょう!!

1.医療としてできること

高尿酸血症治療薬の使用

薬で何とかしようという方法です。尿酸合成過剰型:尿酸が身体の中で過剰に作られだしている人に(アロプリノール)処方されます。

尿酸排泄低下型:老廃物の尿酸を排泄しにくい体質の人に(プロべネシド)処方されます。
混合型:尿酸が作られやすく、排泄もされにくい人に(アロプリノールとプロべネシド併用)処方されます。

そして、激痛を伴う発作状態には、非ステロイド系の消炎鎮痛薬を使用し、関節炎の抗炎症作用を期待します。

2.生活習慣改善で治療が先決!!

肥満を防止し、カロリー制限する事が最も先決です。

高尿酸血症の人は、メタボ率が高いと言われています。メタボの原因は、過剰な栄養摂取、飽食状態を意味します。

肥満度が高いほど尿酸値は高くなります。なので、適正量のカロリーコントロールが必要です。

プリン体の多いビールやワインを控えることが大切。

肝臓でアルコールが分解されると、尿酸を代謝産物として置いていきます。それが蓄積すると、高尿酸血症、痛風発作が起こります。なので、アルコールの制限が必要です。

尿酸を結晶にしない為に脱水予防を。

脱水になると、血液がドロドロになります。血流が悪いと、代謝産物、老廃物は排泄されず身体に溜まります。

そうすると、必然的に尿酸も溜まりますので痛風発作が起こります。一日2リットル程度の水分が必要です。

ですが、飲み物でもカフェインの多い飲み物やアルコールは別です。水、お湯、お茶などの刺激性の低い飲み物でなければなりません。

有酸素運動で老廃物排泄、ストレス解消がカギとなる。

汗を流すことでも尿酸値を下げることができます。そして、血流が良い事も尿酸を排泄させるには大切です。

よって、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど気分の良い運動でしっかりと身体の血液の流れを良くしましょう。

そうすると、気分も晴れてストレス解消が出来ます。ですが、無酸素運動は尿酸を留める、作る方向に進めます。スクワット、腹筋、背筋、バーベル上げは禁物です。

趣味や特技を活かしてストレス発散

ストレスは身体に悪いと知っているでしょう。イライラ、過食、自己犠牲を伴います。そうすると、ストレスで体の代謝や排泄が滞ります。

そんな子をとしている余裕が身体に無くなります。そうして尿酸が溜まった身体には、痛風発作が待っています。

なので、趣味や特技を活かして日頃の疲れや精神的苦痛を緩和することで痛風予防に努めましょう。

まとめ

痛風治療には、内服療法がありますが、根本の解決にはなりません。

やはり、生活習慣病と言われるわけですから、生活習慣の見直しが必須でしょう。自分自身の生活を振り返ってみてください。

そして、改めやすいところから良くしていきましょう。発作が起きてからではもう遅いのです。

ですが、その不規則な生活が、自分の苦しめる結果になるかもしれません。明るく、元気に日々を過ごす為に、生活習慣病にだけはなりたくないものです。

 

Sponsored Links