子供のうつ病

Sponsored Links

うつ病は大人だけの病気ではありません。子どもでもうつ病を発症する場合があります。子どものうつ病は増加傾向にあり、今では小学生の8%、中学生の23%が抑うつ傾向にあり、さらに小学生では1.6%、中学生では4.6%が実際にうつ病を発症しているとも言われています。大きな数字ですね。
 

でも、子どもは自分の状態を自分では把握できないこともありうつ病の判断がつきにくく、病院での診断が遅くなることが多いのです。
 

子どものうつ病を見逃さないためは、どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。
 

また、子どもがうつ病であることがわかったら、どのように接してあげればよいのでしょうか。
 

Sponsored Links

子どものうつ病の原因って…?

「まだ小さいから何もわからないのでは…」
 

「うちの子に限って…」
 

そう思いたい気持ちはよくわかります。
 

でも、詳しい事情や理由はわからなくても、つらい気持ちはこどもも同じです。悲しい出来事やつらい状況に心も体も反応するのです。
 

子どものうつ病の原因として
・親の離婚・死別

・友人の転居

・友達ができないなど学校への不適応
・いじめ
 

などがあげられます。いじめ自殺とされているケースの中には、長期間にわたる陰湿ないじめにあった結果うつ病になり、自殺に至ったというケースも多くあると思われます。
 

こんな言動には気を付けて!子どもが送るうつ病のサイン

子どもはエネルギーが有り余っているため、うつ病の表現としては大人のうつ病と異なる症状もあります。
 

では子どものうつ病にはどんなサインがあるのでしょうか。
 

・訳もなく悲しい、イライラする
・気に入っていた物事への関心を失い、楽しめなくなる
・自分は愛されていないのではと感じる
・眠れない
・自分が悪いのではないかと自分を責める
・食欲不振、体重減少
・自殺を考える
・頭痛など体の痛みを訴える
・学校の成績が落ちる
 

中には悲しみや気分の落ち込みではなく、イライラするなど攻撃的になるケースもあるので、日ごろの状況と照らし合わせて判断しましょう。
 

普段はおとなしくて優しい子が急に乱暴になったりすれば、それはやはり何かのサインです。このような症状が長期間続くようなら、病院へ連れていくことも考えましょう。
 

うつ病が疑われたら…受診の目安

上記のような症状に加えて、
 

・学校や塾、習い事などへ行かなくなる
・親しかった友人とも遊ばなくなる

 

など、これまでできていたことができなくなるなどの症状が2週間以上続いたら医師の診察を受けましょう。
 


また、うつ病は躁うつ病などほかの病気の症状と重なることもあります。誤診を防ぐためにも、学校の成績やこれまでの病歴などの情報も医師に伝えられるように準備しておくことも大切です。
 

うつ病の子どもとの接し方、どう接すればいいの?

うつ病の子どもへの接し方も基本的には大人への接し方と同じです。次のようなことに気を付けて接しましょう。
 

・うつ病であることも含めて全面的に受け入れてあげる
・安心してゆっくりと休める環境を整える
・話しかけてきたら、じっくりただ話を聞いてあげる
・「しっかりしなさい」、「がんばれ」など叱咤激励はしない
・「あなたにも非がある」などといったお説教は決してしない
・無理に何かをさせようとはしない
・大きな決断はさせない

などです。
 

今では子どもの世界にも大人の世界と同じような息苦しい空気が蔓延しています。「KY」「教室内カースト」などという言葉があふれ、無意識のうちに子供たちが互いをランク付けしあったりけん制しあったりながら窮屈に過ごしているという現実が、子どものうつ病の裏には隠れているように思います。
 

まずは、そんな世界で毎日頑張っている子どもに対し「お疲れさま」といってあげたいですね。
 

 

Sponsored Links