うつ病治療

うつ病の治療は、

  • 十分な休養
  • 薬による治療
  • 精神療法

など複数の治療法を組み合わせて行われます。

Sponsored Links

まずは、休みましょう

うつ病になる人の傾向としては

  • 生真面目で仕事熱心
  • 頼まれると断れない
  • 几帳面で完璧主義
  • ルールを守らなければ気が済まない

といったことがあげられます。
 

だから、ちょっとぐらい具合が悪くてもつい、がんばりすぎてしまいます。また、休養を取ることに対して罪悪感や焦燥感を抱いてしまいがちです。
 

でも、精神的にも肉体的にもストレスがかかったような状況では、投薬治療などの効果も上がりません。早めの十分な休養が早期回復につながることを理解して、まずはゆっくり休みましょう。
 

ストレスを取り除ける環境づくりのために、家族や職場の人たちの理解を得ることも大事です。専業主婦などの場合、家事ができないことにひどく罪悪感を覚え、なかなか休むことができないという方も中にはいます。
 

それがかえって症状を悪化させてしまう場合もあるのです。このような休むための環境づくりがうまくいかない場合には入院治療という方法もあります。
 

うつ病の治療をいい機会だと思ってこれまで一所懸命がんばってきた自分を解放してあげるぐらいの気持ちが必要かもしれませんね。

 

お薬によるうつ病の治療法

うつ病のお薬は、SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)といった抗うつ薬が用いられるのが一般的です。
 

うつ病の人では脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンが不足している状態にあります。ノルアドレナリンは意欲や気力、判断力や集中力、ものごとへの興味などに関係します。
 

また、セロトニンは食欲や性欲、衝動性など本能に関係するはたらきに関係します。
 

このような物質がシナプスという神経の接合部を介して伝わっていくことによって神経のはたらきが行われていますが、うつ病の人ではセロトニンやノルアドレナリンの不足によって神経伝達のはたらきがうまくいかないのです。
 

SSRIやSNRIはシナプスでの再取り込みを抑制してセロトニンやノルアドレナリンを増やし、神経伝達を改善することによって、うつ病の症状を改善します。
 

 
受容体という分子が関係するため、効果が表れるまでに1月近くかかりますが、すぐに効果が表れないからといって勝手に服用を中止してはいけません。
 

Sponsored Links

うつ病治療の身体療法や精神療法

休養、お薬による治療と並んでうつ病治療のもう一つの柱となるのは身体療法や精神療法です。
 

身体療法では、たとえば投薬による効果が見られない場合や、自殺願望が強い場合などに電気けいれん療法が行われることがあります。また、季節性うつ病のように季節の変わり目が発症の要因になるような場合には、高照度光刺激療法が行われます。
 

精神療法は投薬によって重い症状が落ち着いて回復期に入ってきたころに開始されます。うつ病の人が陥りがちな思考パターンを改善する認知行動療法や、患者が抱えている人間関係の問題を解決するための対人関係療法などが行われます。
 

さらに回復がすすむと、復学や復職など社会復帰に向けたリハビリテーションが行われます。十分に回復していないまま社会復帰しようとするとすぐに再発してしまうため、この時期に回復の評価を行いしっかりとリハビリテーションをすることが非常に重要です。
 

このように、うつ病の治療は複数の治療法を組み合わせながら長い時間かけて行われます。そこで、何より大事なのが、主治医との信頼関係です。
 

主治医との相性によって治療効果が決まるといってもいいかもしれません。自分の状況をきちんと報告し、自分に合ったアドバイスを受けることが非常に重要です。このような関係を築ける先生を見つけられるといいですね。

 

Sponsored Links