コーン茶 効果

 

 

とうもろこしは、夏になると食べたくなる旬の野菜です。甘くて香ばしく、大人も子供も大好きですね。
 

そのとうもろこしの実を乾燥させ、炒り、お湯で煮だしたものがコーン茶です。お茶にしたコーン茶は、冷やしても温めても美味しく頂けるお茶です。
 

むくみや血糖値を下げることで有名ですが、実はダイエットにも効果があります。今回は、そんなコーン茶の効能についてご紹介しましょう。
 

Sponsored Links

コーン茶の効能、むくみを取り、血糖値を下げる

コーン茶には、健康に良い有効成分がたくさん含まれています。この有効成分はどんな効能があるのでしょう?
 

コーン茶に含まれている有効成分

  • ミネラル(鉄分・カリウム)
  • 水溶性食物繊維
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • リノール酸

特に注目したいのが、鉄分です。日本人は平均的に鉄分の摂取量が少ないと言われています。
 

そのため、健康のためにも鉄分を多く摂ることが大事になってきます。
 

カリウムには利尿作用がある

コーン茶に含まれるカリウムには利尿作用があり、むくみを解消してくれます。
 

血糖値の急激な上昇を抑えてくれる

コーン茶には水溶性の食物繊維がたくさん含まれています。
 

この食物繊維が、糖質をゆっくり吸収するので血糖値の上昇を抑える働きをします。
 

貧血気味の方にも効果あり

女性は、生理や出産などで貧血気味になりやすいと言われています。
 

コーン茶には鉄分が多く含まれているので貧血気味の方にもお勧めしたいお茶です。
 

血糖値が気になる方は、食前に飲むようにしましょう。
 

高血圧予防&動脈硬化にも有効

カリウムとリノール酸には、血圧降下作用があります。
 

リノール酸は体内で合成されないか、必要量が合成されないため食品から摂る必要があります。
 

その点、コーン茶からなら簡単に摂ることができますね。実は、コーン茶は健康効果の他にもダイエットにも期待できるお茶なんですよ。
 

コーン茶がダイエットに効果があるって本当?

コーン茶はダイエットにも効果があります。
 

コーン茶の成分、食物繊維とカリウムがダイエット効果をもたらす

  • 水溶性食物繊維が腸内環境を整え便秘を解消してくれます。
  • カリウムは利尿作用があり、身体のむくみを改善してくれます。

コーン茶でダイエットを考えている方は、温めて飲むとより効果が期待できます。身体を温めることで代謝があがるので効果的ですよ。
 

また、食事制限をするダイエットは栄養が不足気味になります。
 

特に女性は鉄分不足になりやすいため、鉄分が豊富なコーン茶がお勧めです。
 

コーン茶ダイエットの飲み方

お茶や水替わりにコーン茶を飲んでいると、むくみがとれていきます。
 

  • 一日約1リットル~1.5リットル
  • 温めて飲む

市販のコーン茶を煮だして飲んでください。火を止めた後しばらくそのまま放置して(10分以上)飲むようしましょう。
 

コーン茶は妊婦や赤ちゃんが飲んでも大丈夫?

妊婦や赤ちゃんはコーン茶を飲んでも大丈夫なのか気になりますね。お茶の中にはノンカフェインでも、妊婦にあまりお勧めできないものもあります。
 

しかし、コーン茶は妊婦や赤ちゃんが飲んでも大丈夫なお茶です。ただ市販のコーン茶を選ぶときは、とうもろこしが国産であることを必ず確認してください。
 

妊婦や赤ちゃんが飲むお茶は、とくに注意が必要です。コーン茶には利尿作用があります。何度もトレイに通うのが億劫な方にはお勧めできません。
 

まとめ

むくみや血糖値をさげるコーン茶は、ダイエットにも効果があります。ノンカフェインなので妊婦や赤ちゃんが飲んでも大丈夫です。
 

コーン茶には鉄分が豊富に含まれています。日本人は鉄分の摂取量が平均よりも低いと言われているのでコーン茶はお勧めですね。
 

特に女性は鉄分不足で貧血になる方が多いため、コーン茶はお勧めです。お茶やお水の替わりにコーン茶を飲んで身体の中から健康になりましょう。
 

Sponsored Links