アレルギー性鼻炎 原因

 

 

年中鼻づまりやクシャミ、サラサラとした鼻水が止まらない。また、決まった季節に同じような症状が出てくる。そんな方は、アレルギー性鼻炎を起こしているのかもしれません。
 

アレルギー性鼻炎は、鼻風邪の症状とも似ていますが、鼻風邪は短期間で症状がなくなりますが、アレルギー性鼻炎の場合は短期間では症状は治まらないのが特徴です。
 

常に鼻に違和感があることは、生活の質を落とすだけではなく、ストレスにもなりますね。原因がわかると対処の仕方もあるのではないでしょうか?
 

今回は、アレルギー性鼻炎が起こる原因についてまとめてみようと思います。
 

Sponsored Links

アレルギー性鼻炎・年中症状が起こる原因は何?

一年中、鼻炎の症状が起こることを「通年性アレルギー性鼻炎」といいます。
 

通年性アレルギー性鼻炎の原因は何?

  • 原因は吸入性抗原にあります。その種類は?

ハウスダスト・ダニ・カビ・ソバガラ・アスペルギルス・薬剤・絹・花粉・細菌など一年を通して、いつも自分の周りで存在するアレルゲンなので、アレルギー症状が一年中起こります。
 

アレルギー体質という方がいます。アレルギーに反応しやすい人のことをいいます。
 

そう言う方が、アレルゲンに接し続けていると、ある日突然アレルギーを発症することもあります。
 

アレルギー性鼻炎・決まった季節に起こる原因は何?

決まった季節に鼻炎の症状が起こることを「季節性アレルギー性鼻炎」といいます。
 

季節性アレルギー鼻炎の原因は何?

  • 原因は通年性アレルギー性鼻炎と一緒で、吸入性抗原です。

樹木の花粉・イネ科の花粉・雑草の花粉など春・夏・秋とアレルゲンになる花粉の季節に起こります。
 

また、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎が同時に起こる方もいます。
 

アレルギー性鼻炎・予防方法

原因となるアレルゲンを極力排除する

そのために自分のアレルゲンを知ることも大切だと思います。
 

アレルゲンを知ることで、アレルゲンに極力近づかないようにしたり、予防することができます。
 

日常生活で注意すること

  • こまめに掃除をする
  • じゅうたんよりもフローリング
  • カーテンは埃が舞う原因になります。カーテンも忘れずに洗いましょう。
  • 花粉が飛ぶ季節にはマスクなどで予防をする
  • 飛散量が多い場所は避ける

アレルギー性鼻炎・増え続ける原因はどこにある?

アレルギー性鼻炎が増え続けている原因は、環境の変化や住宅環境の変化にあります。
 

環境の変化

  • アレルギーの原因となるアレルゲンの増加が原因している

植林が盛んになることで花粉も多く飛散するようになったため、アレルギーに敏感な方などは吸入することでアレルギー性鼻炎になってしまいます。
 

住宅環境の変化

  • 気密性が高い住宅環境のため、埃やダニ、ペットの毛などが部屋でまん延している。

ペットなどを室内で飼育することで、常に室内にペットの毛などがありそれを吸い込み続けていることでアレルギー性鼻炎になる可能性があります。
 

アレルギー性鼻炎の治療方法

主に内服薬での治療

抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬・点鼻薬など。花粉が原因の場合は2週間前から内服すると軽くすみます。
 

温熱療法

鼻粘膜を蒸気で温めます。薬を使わないので妊婦さんでも使用できます。
 

手術

レーザーや電気メスで鼻粘膜を焼灼します。
 

特異的免疫療法

アレルギーの抗原を注射します。数年間にも及びますが、患者さんの70%は完治したと言われています。
 

抗原に身体を慣らさせるために、少しずつ注射の量を増やしていきます。根治が期待できる唯一の治療方法です。
 

まとめ

アレルギー性鼻炎の原因は、吸入性抗原にあります。原因となるアレルゲンを鼻から吸い続けることで、ある日突然アレルギー反応が起こります。
 

環境の変化でアレルゲンが増加したため、近年ではアレルギー性鼻炎の患者さんが増加しています。
 

鼻の不快な症状がある場合は、早めに耳鼻科に行って対処してもらい、生活の質をあげることが大切です。不快な毎日がストレスになりアレルギー性鼻炎を悪化させてしまうこともあります。
 

Sponsored Links