インフルエンザ解熱剤

Sponsored Links

 

インフルエンザと風邪の違いは急に38度から40度前後の高熱が出る事です。これが3日は続きますので、頭痛や寒気などに襲われ辛い症状となります。
 

体温計で40度を超えると脳がどうにかなるのではと恐ろしい感じさえします。特に平熱が低い低体温の人は生きた心地がしないのではないでしょうか。
 

病院でよく処方されるのが解熱鎮痛剤のカロナールですが、それが手元に残っている時があります。
 

カロナールには解熱って書いてあるから使っていいのかな?」「高熱を放っておくと脳症となるのでは?」「高熱が出たら解熱剤を使って一刻も早く熱を下げるべきなの?
 

こんな不安な疑問にお答えしたいと思います。
 

Sponsored Links

インフルエンザの熱は解熱剤を使って下げていいの?

病院で処方される抗インフルエンザ薬で熱は下がりません。これはウイルスの増殖を抑える働きをする薬だからです。
 

インフルエンザの熱を下げるにはやはり解熱剤を使うしかありません。診察を受けた人は抗インフルエンザ薬と一緒に解熱剤も貰ったはずです。その場合はきちんと容量、用法を守って下さい。
 

病院に行かず市販の解熱剤で下げようとする人はお薬の成分に注意が必要です。服用できる薬と、服用してはダメな薬があるのです。
 

解熱剤のカロナールってどんな薬?

インフルエンザの時でも副作用の心配がなく、安心して服用できる解熱剤は「アセトアミノフェン」の成分です。その代表格がカロナールです。
 

作用がとても穏やかで、普通は頭痛や耳痛い腰痛、筋肉痛、打撲痛などの痛みを抑えるのに使用されます。解熱効果の方では解熱作用は弱く、急激に熱を下げることはありません。
 

でも40度近い熱が出ているのに、解熱効果が弱い薬で大丈夫なの?と心配になりませんか?
 

ご心配なく。解熱効果が弱いカロナールを使う理由がちゃんとあるのです。
 

インフルエンザの時、解熱剤にカロナールが使われる理由

高熱はとても辛い症状です。でも、これはインフルエンザを治すためには必要不可欠な症状なのです。
 

体内に侵入したインフルエンザウイルスは体温が37度くらいなら活発に活動します。けれどそれ以上の熱が出ると活動が鈍くなり、40度近くなると死滅していきます。
 

私たちの身体(白血球)はそのことを知っているので、ウイルスを撃退するために体温を上げるのです。3日程体温を上げ続けウイルスの動きを封じておきます。
 

その間体の中ではウイルスに対する抗体が作られ(体温が高いと免疫力も比例して30~60%アップします)、ウイルス退治の攻略ができれば、あとはもう大丈夫だと平熱に戻すのです。
 

体の中ではこのようなドラマが起こっているのですが、そこへ強力な解熱剤で熱を下げてしまうとウイルスの活動が再び活発化し、抗体も途中で作られなくなります。すると治りが遅くなったり、合併症が起こってきたりする危険性が高まるのです。
 

でも高熱で解熱剤を使わないと脳症になるのでは?

脳症は熱によって起こるわけではありません。体内に侵入してきたインフルエンザウイルスを攻撃しようとする免疫の過剰な反応により、脳の組織を壊してしまうことで起こる症状です。
 

脳症は発熱後24時間以内に発症するため熱のせいだと思われるようです。幼児(1~5歳)に多いのが特徴です。なぜか日本人に多い症状で、欧米ではほとんど見られない症状だそうです。
 

1999年頃の脳症の死亡率は31%だったのが、最近は3分の1程に減少してきました。けれど、てんかんや発達障害などの後遺症が残ることもあるので、早期治療が大切になってきます。
 

脳症の初期症状は以下のようなものです。
 

  • 意識が無くなる(意識障害)
  • けいれん
  • おびえ、幻覚、幻視、うわごと
  • 突然怒りだす、異常行動

 

これらの症状が現れても脳症だと断定はできませんから、落ち着いて医師の診断を仰ぎましょう。
 

解熱剤のカロナールを使うタイミングは?

一般に38度以上を高熱と言っています。けれど、38度以上の熱でも平気な人もいます。反対に低体温の人は37度台でも辛く感じます。
 

解熱剤を使用するのは、38度以上で本当に辛いと思った時だけにしましょう。「これ以上熱が上がったら大変だから」と予防的に使用してはダメです。
 

ウイルスに「どうぞ好きに暴れまくって下さい」と言っているようなものです。動物実験ですが、高熱を発した検体に解熱剤を使用したところ、脳やリンパ節などでウイルスが異常に活性化したという報告があります。
 

それに解熱剤は一度飲むと、次は5時間以上服用できないので、本当に辛くなった時に服用できないことになります。
 

解熱剤は熱を下げるというより「苦しくて眠れない夜に寝られるくらいに」「耐えられない頭痛を耐えられるくらいに」そのために少しだけ下げるんだという気持ちで服用しましょう。
 

カロナールも100%安全ではありません

タミフルと一緒に服用できるカロナールは大変重宝されていますが、全く副作用がないとは言えません。稀ですが、ショック症状やめまい、冷や汗などが報告されています。
 

どんなに安全だと言われる薬でも、副作用が無いものはありません。何か変だと思えばすぐに服用を止めるようにしましょう。
 

インフルエンザの時に服用できない解熱剤

インフルエンザの時に服用していけないのはアスピリン」が入っている解熱剤です。これは急性脳症や肝臓の脂肪潤を引き起こして、命にかかわる重症な状態「ライ症候群」になることがあるからです。
 

けれどアスピリン以外の解熱剤でも脳症にかかった例がありますので、極力解熱剤は使わない方が無難だと言われています。また風邪など他の病気で処方された解熱剤も、絶対に使わないようにしましょう。
 

解熱剤を使わない方法

解熱剤が使えなくても保冷材などを使って、脇の下や首の後ろ、太ももの付け根など太い血管が通っている場所を冷やすことでも熱を下げることができます。
 

子供さんの場合は、お母さんの手のひらを額に当ててあげると落ち着き、気持ちが良いと感じます。おでこを冷やしても熱は下がらないと言いますが、手のひらは別のようです。
 

「手当て」という言葉がありますが、患部に手を充てることからきた言葉です。東洋の考え方ですが意外と効き目がありますので一度試してみて下さい。
 

まとめ

解熱剤は極力使わない方が良いとわかっても、もしもの時のためにお守り代わりに持っておきたいですよね。
 

カロナールは処方して頂かないともらえませんが、ほぼ同じ成分の「タイレノール」という解熱剤が市販で購入できます。カロナールと同じアセトアミノフェンがほぼ同量含まれています。
 

カロナールにしてもタイレノールにしても、多用することと、副作用には十分にご注意ください。熱が出ているのはウイルスをやっつけている証拠、免疫力の仕事を邪魔しない程度に解熱剤は使いましょう。

Sponsored Links