ウーロン茶 ダイエット 妊婦

 

 

ウーロン茶は手軽に購入できるお茶です。コンビニやスーパー薬局などどこにでも置いてありますね。
 

ウーロン茶は脂肪を排出する働きがあるため、ダイエットに向いているお茶です。
 

ダイエットにとって脂っこい食事は天敵です。しかし、ウーロン茶は、脂っこい食事と相性がいいお茶なんですよ。
 

ウーロン茶は何故ダイエットに効果があるのでしょう?ウーロン茶がダイエットに効果がある理由や妊婦が飲んでも大丈夫なのかまとめてみました。
 

Sponsored Links

ウーロン茶でダイエット効果、脂肪を排出する作用があるって本当?

ダイエットをしている方が飲んでいるお茶をウーロン茶に変えるだけで効果がでてきます。それはいったいどういうことでしょう。
 

ウーロン茶に含まれるポリフェノール

ウーロン茶には「ウーロン茶ポリフェノール」というポリフェノールが含まれています。
 

  • ウーロン茶ポリフェノールって何

ウーロン茶に含まれているポリフェノールの一種カテキンです。カテキンの重合体したものがウーロン茶ポリフェノールです。
 

  • ウーロン茶ポリフェノールの効果

抗酸化作用
脂肪吸収抑制
中性脂肪を減少

 

以上のような効果があります。脂っこい食事をした場合、消化酵素のリパーゼが働き脂肪を分解して栄養を届けます。
 

しかし、ウーロン茶を飲むことでリパーゼの働きを阻害します。すると脂肪は分解することができずに、そのまま身体の外へと排出されます。
 

日ごろから脂っこいものが好きだと言う方に特にお勧めのお茶です。
 

脂肪の吸収を抑制してくれるウーロン茶ポリフェノールはダイエットのときに飲みたいお茶ですね。
 

ウーロン茶は妊婦が飲んでも大丈夫?カフェインは?

ウーロン茶は緑茶と同じようにカフェインが含まれています。当然と言えば当然です。ウーロン茶も緑茶も同じ植物から作られているからです。
 

ウーロン茶は妊婦が飲んでも大丈夫?

カフェインが含まれている飲み物は妊婦にはお勧めできません。流産や早産の危険性があります。
 

どうしてもお茶が飲みたいと言う方は、ノンカフェインのお茶を飲むようにしましょう。
 

妊婦にはルイボスティーなどのノンカフェインのお茶がお勧めです。
 

また、小さなお子様も飲むことは控えるようにしましょう。カフェインは飲み過ぎると、利尿作用や覚醒作用が起こります。
 

ウーロン茶には副作用があるの?ないの?

ウーロン茶には副作用があるのでしょうか?
 

飲み過ぎには注意がしよう

ウーロン茶に限らす、どんなものでも飲み過ぎたり食べ過ぎたりすると何らかの症状がでてきます。
 

ウーロン茶も飲み過ぎると下痢や腹痛の症状がでてきます。
 

また、カフェインが含まれているので飲み過ぎた場合、頭痛を起こす可能性もあります。
 

食物アレルギーがある方は注意が必要

食物アレルギーがある方は、ウーロン茶でアレルギー反応がでる可能性があります。食物アレルギーのある方は、注意が必要です。
 

一度飲んで、吐き気や下痢、湿疹などの症状が出た場合は、ウーロン茶がアレルゲンの可能性があります。
 

そういった症状がでた場合は飲むのを控えるようにしましょう。
 

まとめ

ウーロン茶には脂肪の吸収を抑制する働きがあります。そのため、ダイエットに効果があるお茶です。
 

緑茶と同じようにカフェインが含まれているので妊婦さんや小さなお子様の飲用は控えた方がいいでしょう。
 

また、飲み過ぎると下痢を起こす可能性があります。飲み過ぎには注意をしましょう。
 

食物アレルギーのある方もアレルギー反応を起こす可能性があるので気をつけましょう。
 

ウーロン茶は大変飲みやすいお茶です。ダイエットをしている方は飲み物をウーロン茶に変えるだけでも随分と違ってきます。ぜひ参考にしてみてください。
 

Sponsored Links