ゴボウ茶 便秘 ダイエット

 

 

ゴボウ茶と聞くだけで、便秘解消をしてくれそう。ダイエットにも効果ありそう。と思う方は多いのではないでしょうか?
 

ゴボウは殆どが水分でできていますが、2つの食物繊維がバランスよく含まれています。ゴボウを乾燥させて作ったゴボウ茶を飲むことで、便秘やダイエット効果に期待できます。
 

今回は、ゴボウ茶の作り方やダイエット効果、ゴボウ茶の効果についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

ゴボウ茶の効果

ゴボウ茶にはどんな効果があるのでしょう?
 

女性に嬉しい効果があるゴボウ茶

  • 便秘解消
  • むくみ解消
  • ダイエット効果

 

ゴボウ茶は以上の効果が期待できます。ゴボウには2つの食物繊維がバランスよく含まれています。
 

  • 2つの食物繊維

水溶性食物繊維→イヌリン
不溶性食物繊維→リグニン

 

イヌリンは、コレステロールを排出、血糖値の上昇を和らげる働きがあります。また、善玉菌を増やして老廃物の排出を促します。
 

リグニンは、腸のぜん動運動を活発にして、腸内環境を整えて便秘を解消したり、大腸がんの予防をします。
 

ゴボウ茶にはサポニンやリグニンは含まれていないの?

ゴボウ茶には、むくみを解消してくれるイヌリンは含まれています。リグニンは含まれていると言う人もいれば、ゴボウ茶からは摂取できないと言う人までいます。
 

  • 本当のところはどうなのでしょう?

サポニンが含まれているのかメーカーに問い合わせてみると、わからないと言う所もあれば、成分表示をするほどの量は含まれていないと言う所まであります。
 

本当はどちらなのか、わからないと言うところでしょうか?
 

不溶性食物繊維は含まれているのですが、それがリグニンなのかは不明です。ただ、不溶性食物繊維のセルロースはゴボウには含まれています。
 

ゴボウ茶は妊婦が飲んでも大丈夫?気になる副作用はあるの?

ゴボウ茶はノンカフェインです。ノンカフェインのお茶は妊婦には安全ですが、本当に大丈夫でしょうか?また、副作用はあるのでしょうか?
 

ゴボウ茶は妊婦が飲んでも大丈夫?

ゴボウ茶は妊婦が飲んでも大丈夫なのかダメなのか、二つの意見に分かれます。
 

どんな食品でも飲み過ぎたり食べ過ぎたりするのはよくありませんが、適量を飲む分には大丈夫だと思います。
 

しかし、ゴボウ茶を飲むことが心配な方は、それがストレスになる可能性もあります。
 

妊婦にとってストレスはよくありません。無理してゴボウ茶を飲む必要はないようにも思います。
 

ゴボウ茶が母乳にいいって本当?

ゴボウ茶は、乳腺炎の予防にも効果があります。ゴボウ茶を飲むことでサラサラおっぱいにして、赤ちゃんが飲みやすい美味しいおっぱいにしてくれます。
 

ゴボウ茶の副作用。食物アレルギーのある方は注意が必要

ゴボウ茶には副作用と言うものはありません。しかし、食物アレルギーがある方は注意をしてください。
 

ゴボウはキク科の植物です。キク科の植物でアレルギー反応が出る方は、ゴボウ茶も飲むことは控えるようにしましょう。
 

ゴボウ茶の作り方

ゴボウ茶を作る場合は、電子レンジで作るのが一番簡単です。
 

電子レンジで作る簡単ゴボウ茶の作り方

1:ごぼうの土を綺麗に落とす
2:ささがきにする
3:電子レンジでチンする(2分)
4:2分に分けてゴボウの水分がなくなるまでチンする
5:水分が完全に飛んだら煮だしたり、急須にいれて飲みましょう。
 

ごぼうの香りがしっかり残っているゴボウ茶の完成です。
 

まとめ

ゴボウ茶は、便秘やダイエットに効果があります。食物繊維を多く含んでいて、腸内環境を整えてくれます。
 

現在授乳中の方は、ゴボウ茶がお勧めします。乳腺炎の予防、質の良い母乳を生成する働きがあります。
 

また、ノンカフェインのゴボウ茶は妊婦が飲んでも安心ですが、ゴボウはキク科の種類です。キク科の植物でアレルギー反応が起こる方は、飲むことは控えるようにしましょう。
 

ゴボウ茶は電子レンジで簡単に作ることができます。便秘やダイエットのために飲んでみようかなあ~と思っている方はぜひ参考にしてみてください。
 

ゴボウの香りがしっかり残っているゴボウ茶で、便秘を解消してダイエットに繋げましょう。
 

Sponsored Links