ジャスミン茶 効果

 

 

ジャスミン茶とは、茶葉にジャスミンの香りを加えたフレーバーティーです。
 

ジャスミン茶の香りはリラックス効果やダイエット効果があるので、多くの女性に人気があります。
 

また、ジャスミン茶は体臭や口臭予防にもなるので、男性にも人気の茶葉です。ただ、カフェインが含まれているため妊婦さんが飲む場合は、注意が必要です。
 

今回は、ジャスミン茶の効果についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

ジャスミン茶の6つの効果

ジャスミン茶にはどんな効果があるのでしょうか?
 

ジャスミン茶の6つの効果

1:ダイエット効果
2:口臭・体臭予防効果
3:安眠効果
4:リラックス効果
5:ホルモンバランス調整効果
6:美肌効果

 

ジャスミン茶はいろいろな効果が期待できる女性にも男性にも喜ばれるフレーバーティーです。
 

  • ダイエット効果

ジャスミン茶に含まれているカフェインとタンニンが脂肪燃焼を促す働きがあります。
 

カフェイン→利尿作用でむくみ解消・脂肪分解酵素リパーゼを活性化させる
タンニン→食事中に飲むと脂肪吸収を抑えてくれる
 

  • 口臭・体臭予防効果

ジャスミン茶には抗菌、消臭作用があります。ジャスミン茶に含まれるカテキンの成分が臭いを抑えてくれます。
 

  • 不眠解消効果

ジャスミン茶にはカフェインが含まれています。そのため、朝に飲むようにしましょう。カフェインは覚醒作用がありタンニンは胃腸を整えてくれます。
 

ジャスミン茶を朝飲むことで眠りのリズムが整います。その結果不眠解消に繋がります。
 

  • リラックス効果

ジャスミン茶の香りが気分を落ち着かせてくれます。
 

  • ホルモンバランスの調整

ジャスミン茶には、鎮痛作用やホルモンバランスを調整する作用があります。そのため、生理不順、生理痛、更年期障害のある方にお勧めです。
 

  • 美肌効果

ジャスミン茶には、ビタミンCやビタミンEが豊富に含まれています。野菜に含まれているビタミンCは熱に弱い性質がありますが、お茶のビタミンCは壊れにくい性質があります。
 

また水にも溶けやすいからお茶にして飲むと効果がありますね。
 

ジャスミン茶は妊婦が飲んでも大丈夫?効果はある?

ジャスミン茶はカフェインが含まれています。妊婦が飲んでも大丈夫なのか不安ですね。
 

妊娠初期はジャスミン茶を控えた方がいい?

ジャスミン茶のカフェイン含有量はコーヒーに比べると少ないです。
 

少ないですが、カフェインは子宮収縮作用があり、流産の可能性もあります。
 

あまり神経質になる必要はありませんが、念のため妊娠中期までジャスミン茶を飲むのは控えたほうがいいでしょう。
 

妊娠中期・後期はジャスミン茶を飲んでも大丈夫?

妊娠中は、ストレスもたまりリラックスしたいと思うこともあります。そのために、ジャスミン茶は有効です。
 

一日何杯も飲むということは避け、カフェイン含有量が少ないジャスミン茶を選んで飲むようにしましょう。
 

妊婦がジャスミン茶を飲むときの注意点

  • 一日何杯も飲まない、2杯程度なら大丈夫
  • 温めて飲む

 

ジャスミン茶って妊婦にどんな効果があるの?

ジャスミンの香りにはリラックス効果があります。
 

ジャスミン茶を飲む

自律神経の緊張を緩和

ストレス解消

リラックスできる

 

ジャスミン茶はカフェインが含まれているから妊婦にはよくないと神経質にならずにイライラするときなどは、温めて飲むとリラックスすることができます。
 

妊娠中はストレスをためないことのほうが大切な場合もあります。
 

カテキンやカフェインは妊婦に悪影響を及ぼすって本当?

ジャスミン茶に含まれているカテキンやカフェインは妊婦に悪影響があるのでしょうか?
 

妊婦に悪影響がある?カテキン

カテキンは何故妊婦に悪影響があると言われているのでしょう?
 

  • 胎児を形成する、ビタミンB群の葉酸の働きを阻害する

妊娠初期はとくに葉酸不足が問題になっています。葉酸が不足すると、胎児が先天異常になる危険性があります。
 

先天異常

  • 神経管閉鎖障害
  • 無脳症等

 

このため、とくに妊娠初期のジャスミン茶の飲用は控えたほうがいいでしょう。
 

妊婦に悪影響がある?カフェイン

カフェインは、興奮作用があるため妊娠初期はあまり摂らない方がいいです。
 

その他の危険性は?
 

  • 流産
  • 早産
  • 鉄分の吸収を阻害

妊娠中期になると、一日2杯くらいの飲用はあまり気にすることはありません。
 

また、産婦人科医や栄養士の方は、イライラしている妊婦さんには一日2杯程度なら問題ないと言う方もいらっしゃいます。
 

まとめ

ジャスミン茶は香りが良いため、リラックスしたい時に飲みたいお茶ですね。
 

ジャスミン茶に含まれている、タンニンやカフェイン、カテキン、ビタミンC、ビタミンEにはいろいろな効果があります。
 

1:ダイエット効果
2:口臭・体臭予防効果
3:安眠効果
4:リラックス効果
5:ホルモンバランス調整効果
6:美肌効果
 

妊婦さんが飲まれるときは、カフェインやカテキンが含まれているので注意が必要です。妊娠初期は飲むのを控えた方がいいでしょう。
 

しかし、ジャスミン茶のカフェイン含有量はコーヒーに比べると随分と少ないです。
 

そのため、ストレスが多い妊婦さんには産婦人科医や栄養士さんの中には一日2杯程度なら大丈夫と言われる方もいます。
 

ストレスが多い妊婦さんは、カフェイン含有量の少ないジャスミン茶を選んで飲むのもいいですね。