ダニアレルギー 症状 対策

 

 

アレルギー反応はタンパク質が原因で起こります。ダニアレルギーもダニに含まれているタンパク質がアレルギーの原因となります。
 

ダニは、人の皮膚を刺すイメージがありますが、アレルギーに関係するダニは人の皮膚を刺しません。刺さないのにダニアレルギー?ちょっと疑問に思いますね。
 

実は、ダニアレルギーはダニが生きていても死んでいても起こります。塵やホコリの中にいるダニを吸い込むことでアレルギー症状が起こりるのでとても厄介です。
 

今回は、ダニアレルギーについてまとめてみました。
 

Sponsored Links

ダニアレルギーの症状は?

ダニは私達の生活環境の中で一年中生息しています。6月~7月に活発になり、8月~9月にダニは死滅して屍骸が増えます。
 

よく、小児喘息の子供さんが喘息になりやすいのは梅雨時といいますが、このダニアレルギーになりやすい季節も関係していますね。
 

ダニアレルギーの症状にはどんなものがあるのでしょう?
 

ダニアレルギーの主な症状

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ、充血
  • 目の腫れ
  • 赤い湿疹、炎症

以上、さまざまな症状が起こります。これはアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎の症状です。
 

ダニアレルギー、皮膚への影響は?どんな湿疹がでる?

ダニに刺されていなくても、痒みがある場合はダニアレルギーのアレルギー性皮膚炎かもしれません。
 

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、ダニが原因しているのですがダニそのものではなく、ダニの屍骸や糞に影響しています。
 

アトピー性皮膚炎や弱い肌の方がダニの屍骸や糞から出るアレルギー物質に反応して痒みの症状が現れます。
 

ダニアレルギーの湿疹

アトピー性皮膚炎の方は、ダニアレルギー体質の方が多いです。アトピー性皮膚炎のある方は肌が弱っているのでダニの屍骸や糞の影響で、湿疹がでてきます。
 

ダニアレルギーの蕁麻疹

ダニの屍骸や糞を吸い込むことで起こる蕁麻疹です。強い痒みを伴います。
 

  • 蕁麻疹の特徴は?

軽く膨らんでいる・大小さまざま・形もさまざま。ミミズばれになることもある。
 

  • 炎症は数分から数時間で消える

蕁麻疹の特徴は、短時間で消えることです。まれに1日くらい残る蕁麻疹もあります。しかし、何日も残っている場合は蕁麻疹ではありません。
 

ダニアレルギーの対策は?

ダニアレルギーの対策は、原因のダニの除去ですがこれがとても大変です。
 

掃除はこまめにする

とにかく掃除はこまめにしましょう。ダニを除去するには、家の中を徹底的に掃除することが大切です。
 

塵やホコリは毎日たまります。ダニは塵やホコリが大好きです。掃除機は毎日かけることをお勧めします。
 

掃除は、拭き掃除からはじめて掃除機をかけましょう。掃除機を先にかけてしまうと塵やホコリが舞い上がるのでよくありません。
 

布団乾燥機を使う

ダニは布団が大好きです。でも50℃以上の熱でほぼ死滅します。布団乾燥機は50℃の温風がでるので、とても便利です。
 

ダニは布団を干しても死にません。そのため、布団乾燥機を使うのが一番です。
 

布団乾燥機を使用した後は、必ず掃除機で吸いこみましょう。ダニアレルギーはダニの屍骸や糞にも反応します。
 

まだあったダニアレルギー対策方法

ちょっと変わった対策ですが、試している方もいるそうです。
 

真夏は布団を車の中に入れてダニを死滅させる

真夏の車中は温度50℃以上になります。これを利用して、車の中に布団を入れておきます。1時間程したら裏返しを繰り返す。
 

でも?車の中にダニの屍骸が落ちてそうで、少し気になりますね。
 

ダニは50℃以上で死滅することから発案された方がいるみたいですが、布団の持ち運びやダニの屍骸が車中で舞いそうな気もしますね。
 

ちょっとプチ贅沢だけど、ロボット掃除機を使う

小さなお子様がいるお母さんや、仕事で中々毎日は掃除機をかけられない。そういう方もいますね。それに、育児や家事で大変な中手抜きだってしたいですよね。
 

その点ロボット掃除機は変わりに掃除をしてくれるので重宝します。拭き掃除だけしておき、後ははロボット掃除機に任せます。
 

プチ贅沢があなたのストレスを回避してくれるはずです。
 

まとめ

ダニアレルギーは、ダニの屍骸や糞を吸い込むことで起こります。アトピー性皮膚炎がある方は皮膚が弱いため、ダニアレルギー体質になる方が多いです。
 

ダニアレルギーにならないためには、ダニを除去するしかありません。ダニは敷布団に多く生息しているので、布団乾燥機を使って死滅させ掃除機で屍骸を吸い込みましょう。
 

また、フローリングなどを掃除するときは、拭き掃除をしてから掃除機をかけると埃が舞い散ることはありません。
 

育児や家事で毎日大変な方は、ロボット掃除機を購入して、毎日の掃除のストレスをなくすことも大切です。
 

子供さんにアレルギーがあると、毎日が戦争です。お掃除グッズを上手につかい、ママも快適な生活をしてストレスをためないようにしましょう。
 

Sponsored Links