トマト リコピン 栄養素

 

 

トマトと言えばリコピン」「リコピンと言えばトマト」と誰もが答えるくらい認知度の高い栄養素ですが『リコピンの効能は?』と聞かれると、ハッキリ答えるのは難しいですよね。
 

トマトに含まれるリコピンはもちろん、その他の栄養素、そして『トマトの食べ過ぎで副作用が出るの?』この疑問についてもお伝えしたいと思います。
 

Sponsored Links

トマトの栄養素、赤のリコピン

トマトが赤いのは赤い色素成分の「リコピン」が豊富に含まれているからです。
 

スイカや赤のグレープフルーツも同じようにリコピンが含まれていますが、トマトの含有量の多さはダントツです。
 

リコピンの一番の効能と言えば「強力な抗酸化作用」です。抗酸化作用のサプリメントとして販売されている「ビタミンE」の100倍の抗酸化力があると言われています。
 

「抗酸化作用」って、そんなに必要なものなの?

抗酸化作用があることがなぜそんなに喜ばれるのでしょうか。人は生きている限り体の中では「活性酸素」が発生します。
 

呼吸や運動をすることで発生するので止めることはできません。
 

普段の生活に加え、喫煙や飲酒、紫外線やストレス、環境汚染や食品添加物など、外部から悪い刺激が入ると、それを攻撃しようとしてさらに活性酸素はどんどん増えていきます。
 

細菌やウイルスを攻撃してくれるのですが、身体の正常な細胞も傷つけてしまうのです。活性酸素は、私たちの身体を老化させます。
 

正確には身体を「酸化(サビ)」させます。その結果、肌にシミやシワ、くすみなどが現れます。
 

また、現代人の生活習慣病と言われる病気、ガンや心臓疾患、脳卒中などは活性酸素が原因ではないかと言われています。
 

そんな活性酸素は、全部身体から排出してしまいたいですよね。それをやってくれるのが「抗酸化作用」なのです。
 

トマトの抗酸化作用効果で身体に多くの恩恵

強力な抗酸化作用のお陰で、体に嬉しい影響がたくさん起こります。  
 

  • 美肌効果・・・活性酸素を除去することで傷ついた肌の細胞を正常に戻すサポートをしてくれます。またシミやシワの原因となるメラニン色素を抑え、コラーゲンの合成を促す作用もあります。
  • ダイエット効果・・・リコピンには血行を良くする働きもあるため、新陳代謝がよくなり、余分な脂肪を溜め込まなくなります。
  • 生活習慣病の予防・・・活性酸素が起因するガンや動脈硬化、高血圧などのリスクが少なくなります。もちろん老化防止にも効果的です。他に皮膚や粘膜も強化され、風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。

美肌やダイエット効果を狙うなら、トマト(リコピン)の摂取は夜がおすすめです。
 

消化吸収に6~8時間かかるので、寝ている間に燃焼され、朝起きる頃には、紫外線に強い肌の状態になっているからです。
 

トマトの栄養素「リコピン」を多く摂り入れる食べ方は?

トマトの成熟の度合いでリコピンの含有量が変わります。完熟トマトは青いトマトの10倍多くリコピンが含まれています。
 

また、完熟するほどにビタミンCやE,食物繊維も増加します。買った状態が青い場合、トマトは追熟するので、そのまま置いといて赤くなるまで待ちましょう。
 

リコピンは熱に強いので、トマトジュースやトマトの水煮缶、ケチャップなど加工品にもリコピンは含まれています。
 

しかも、加熱している方が生の状態よりも吸収率が良いのです。しかも油と一緒に摂ることで更にリコピンの吸収率は上がります。
 

生で食べる時は、オリーブオイルをかけるなどすると良いですね。リコピンの摂取量は1日15㎎が理想です。
 

トマトなら約2個分、トマトジュースなら150mlで摂取できます。ちなみに、普通のトマトより、プチトマトの方が栄養素は多く含まれています。
 

トマトの栄養素はリコピンだけじゃない!

トマトには他にも自慢できる栄養素がたくさんあります。
 

  • 13-OXO-ODA・・・2012年に発見された栄養素です。リノール酸の一種で脂肪を燃焼させるタンパク質を増やし、血糖値を下げる働きがあり、リコピンと共にダイエットに効果を発揮してくれます。
  • βカロテン・・・体内でビタミンAに変化して抗発がん作用、皮膚や粘膜を強化してくれます。
  • ペクチン・・・水溶性食物繊維で、コレステロール値を下げてくれます。
  • ビタミン類・・・成長や発育など健康維持に欠かせないビタミン類が多く入っています。
  • ミネラル類・・・カルシウムや鉄、カリウムなど、骨や筋肉をつくるときにサポートするミネラルも豊富に入っています。

トマトに副作用ってあるの?

これまでトマトをたくさん食べて副作用が出た、という報告はありません。トマトの栄養素の場合、摂り過ぎて害になるものはないのでご安心ください。
 

ただ、意外と副作用を気にする人がいるようです。おそらく以前流行した「夜トマトダイエット」の影響ではないでしょうか?
 

ダイエットに良いのだと、トマトばかり食べて栄養が偏った人も多くいたからです。何事もバランスの良い食事を心がけましょう。
 

また、トマトジュースの飲み過ぎは、塩分の取り過ぎになる可能性があります。たくさん飲む人は、無塩のものに変えてみてはどうでしょうか。
 

トマトは元々赤道直下に近いアンデスの高地で栽培されていました。そのため、トマトには身体を冷やす作用があります。
 

冷え性や胃弱の人は食べ過ぎると身体を冷やす可能性もあります。そんな時は加熱したほうがいいかもしれません。栄養の吸収率も上がるので一石二鳥ですよね。
 

まとめ

トマトはお酒と一緒に食べると、血中アルコール濃度が3割減るという実験結果もあります。
 

さらに喘息やアトピー、花粉症などのアレルギーやリウマチ、骨粗しょう症にも効果がありそうだと実が進められています。
 

まだまだ未知の可能性が多いトマト、でも体に良いことは確かです。可愛くて優れもののトマトは、彩りでも食卓には欠かせません。
 

栄養を知れば、子供さんのお弁当にも毎回入れてあげたくなりますよね。
 

Sponsored Links