ノロウイルス感染食事

 

 
ノロウイルスに感染すると、発熱・腹痛・嘔吐・下痢などの症状がでてきます。一日に何度も嘔吐下痢を起こすと、食事をとることも難しくなりますね。
 

発症したとき、症状が軽くなったときでは食事も違ってきます。今回は、ノロウイルスに感染したときの食事と注意点についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

ノロウイルス発症直後の食事は?症状が重い場合

症状が重い場合

激しい嘔吐下痢の場合は思い切って絶食する方がいいです。嘔吐下痢の症状は、何日も続きません。長くても2日間ほどです。
 
無理に胃に食物を入れてしまうと、胃を刺激して嘔吐の原因になってしまいます。激しい嘔吐で身体は弱っています。嘔吐が激しいときは極力食べないほうがいいです。
 

発症直後の注意点

嘔吐下痢が激しい場合、一番心配なことは身体から水分を摂られて脱水症になることです。脱水症状にならないためには、こまめに水分補給をすることです。身体に吸収しやすいスポーツ飲料などを飲用しましょう。
 
飲み物も受け付けなくなって、ぐったりしたり、うとうと眠るばかりするのは脱水症状です。速やかに病院にいって医師の指示に従いましょう。
 

ノロウイルス発症直後の食事は?症状が軽い場合

症状が軽い場合

嘔吐下痢が軽い場合、食事がとれるそうならヨーグルトを食べましょう。
 
ヨーグルトにはいろいろな種類がありますが、ラクトフェリン入りのヨーグルトを食べることでウイルスが腸管内に入るのを防いでくれるだけではなく、腸内環境もよくしてくれます。ラクトフェリン入りのヨーグルトを食べるようにするといいです。
 

症状が軽い場合の注意点

症状が軽いといっても、腸は嘔吐下痢の症状で弱っています。弱っている腸内に、刺激物や油ものを入れると症状が悪化してしまいます。消化のよい、うどんやおかゆ、果物ならリンゴなどをすって少しずつ食べるようにしましょう。
 

ノロウイルス感染中。避けたい食べ物は?

避けたい食べ物は?
 

  • 中華料理
  • 油もの
  • カレーライス
  • 食物繊維が豊富な食べ物
    ごぼう・タケノコ・海藻類・豆類など
  • 冷たい物
    アイスクリーム・冷えた飲み物

 

油ものは、胃に負担をかけて嘔吐が酷くなります。食物繊維は胃腸の働きを活発にさせてしまうので下痢症状が悪化してしまいます。
 

冷たい物やカレーライスなどは胃腸に負担をかけてしまいます。
 

ノロウイルス・食事はいつころから摂れる?

ノロウイルスにかかっていても、食事が取れそうなら胃に負担がかからない消化の良いものをとるようにしましょう。食事を摂って吐いてしまったら無理に食べることは避てください。
 

嘔吐下痢が激しい場合は、前述したように絶食して様子をみるほうが安心です。
 

胃に負担がかからない食ベ物とは?

ノロウイルス感染中

  • 薄いコンソメスープ
  • おかゆ

 
少し回復してきたら食べたい物

  • うどん
  • ヨーグルト
  • リンゴ
  • 野菜スープ

 
一度に食べずに、ゆっくり少しずつ食べるようにしましょう。
 

ノロウイルスにかかったら大事なことは水分補給

ノロウイルスは体内のウイルスを排泄・排出することで、症状が軽くなり治っていきます。そのため、嘔吐下痢の症状を無理に止めるのことはよくありません。
 

嘔吐下痢の症状を止めることよりも、こまめに水分補給をすることが大切です。症状が重くなると、体内から多くの水分を排出してしまい脱水症になる可能性があるので注意しましょう。
 

まとめ

ノロウイルスに感染したら、胃腸に負担がかからない消化の良い食べ物を食べるようにしてください。症状が重い場合は、絶食して水分補給をするのがいいでしょう。
 

症状が軽くなったからとすぐに脂っこい物や食物繊維が豊富な物・冷たい物などを一機に食べることは避けおかゆやうどん、スープやリンゴなどの胃に負担がかからない物から食べるようにしてください。
 

以上、ノロウイルスに感染したときの食事と注意点についてご紹介しました。

Sponsored Links