ピーナッツアレルギー 症状 原因

 

 

ピーナッツアレルギーは、ピーナッツを食べることで起こるアレルギーです。ピーナッツは、ナッツと名前がついているので、アーモンドやくるみと同じ種類と思いますが実は違います。
 

ピーナッツはマメ科で、アーモンドやクルミはバラ科の植物です。ピーナッツは草の根っこになります。草を引っこ抜くと根っこの部分に殻付きの落花生がついています。
 

アーモンドやクルミは木になります。ピーナッツアレルギーがあるかと言って、全てのナッツ類や種実類を除去する必要はありません。
 

除去する食べ物は、最小限に留めたいですよね。今回は、ピーナッツアレルギーについて症状や原因、気になる治療の仕方をご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

ピーナッツアレルギーは、アーモンドやくるみなども除去する?ほんと?嘘?

ピーナッツアレルギーになったから、同じナッツ類のアーモンドやくるみも除去しないといけない。そう思っている方は多いですね。
 

全てのナッツの類を除去する必要はない

ピーナッツにアレルギーがあるからと言って全てのナッツ類を除去する必要はありません。
 

ピーナッツが駄目でも、アーモンドやクルミは大丈夫だったと言う話はよく聞きます。医師と相談しながら、除去すべきかどうかを判断するのもいいですね。
 

食べられる食材は少ないよりも多い方が健康面でもいいと思います。
 

ピーナッツアレルギーになる原因は?

ピーナッツアレルギーは、ピーナッツを食べることで起こるアレルギーです。
 

  • ピーナッツアレルギーは、ピーナッツの殻を触るだけでも起こります
  • ピーナッツアレルギーになる原因・喘息持ちの方

喘息を持っている方は、ピーナッツアレルギーになる可能性が高いです。喘息持ちの方は、ピーナッツアレルギーを疑ってみましょう。
 

ピーナッツアレルギーの症状は?いつころ治る?

アレルギー症状には、蕁麻疹・腫れ・痒みなどの症状があります。
 

ピーナッツアレルギーはアレルギー症状の中でも呼吸器症状が多いと言われています。
 

呼吸器症状

  • 鼻炎
  • 喉内側の腫れ
  • 喘息発作

喉の内側の腫れは、気道をふさいで呼吸困難になる危険性があります。
 

ピーナッツアレルギーの症状は、他のアレルギー症状よりも重篤になるケースが多く気をつける必要があります。
 

一度呼吸困難の症状がでた場合、医師とよく相談して自己免疫注射(エピペン)を携帯しておくと安心できます。
 

喘息のあるお子さんや大人は、ピーナッツアレルギーを疑ってみてください。喘息とピーナッツアレルギーの関係は強いと言われているためです。
 

消化器・循環器症状

強い吐き気や腹痛または下痢症状がみられます。
 

循環器系の反応では、血圧低下がみられます。すぐに救急車をよび動かさずに安静にして待機しておきましょう。
 

ピーナッツアレルギーはいつごろ治るの?

ピーナッツアレルギーは大人になると治っていくのでしょうか?
 

  • ピーナッツアレルギーは大人になっても治りにくい

大人になっても耐性を獲得しづらいと言われています。
 

ピーナッツアレルギーに一度なってしまうと、大人になってもよくなる可能性は低いので治療と予防しかありません。
 

ピーナッツアレルギーの治療の仕方

ピーナッツアレルギーの治療の仕方は何よリ原因アレルゲンのピーナッツを除去することです。
 

ピーナッツアレルギーの治療の4つの方法

1:ピーナッツを除去
2:抗ヒスタミン薬
3:自律神経を整える
4:ストレスをためない
 

以上の4つの治療方法があります。
 

ピーナッツを除去する

ピーナッツは他のアレルギーと違って大人になってもピーナッツの耐性が殆どできません。
 

そのため、ピーナッツを身体に入れないことが一番確実な治療方法です。
 

抗ヒスタミン薬

ピーナッツアレルギーは即時型で、重篤になる危険が多いとされています。そのため、常備薬を携帯しておくことが大事です。
 

抗ヒスタミン薬は、血管を拡張させ気管支を収縮させる働きがあります。そのため、抗ヒスタミン薬投与が効果あります。
 

自律神経を整える

身体の中から体質改善をすることが大事です。自律神経のバランスが崩れていると、免疫力も低下します。
 

アレルギーは免疫の過剰反応で起こります。
 

  • 質のよい睡眠
  • ノンストレス
  • バランスの良い食事などに心がけ自律神経を整えましょう。
  • 適度な運動

まとめ

ピーナッツアレルギーはピーナッツを食べることで起こります。アレルギー症状は、即時型が多く呼吸器障害が多いと言われています。
 

そのため、重篤になるケースが多いので注意が必要です。喘息を持っている方は、ピーナッツアレルギーになる可能性が高いです。
 

また、ピーナッツアレルギーだからと言ってナッツ系を全て除去する方もいますが、ナッツ系の中には食べられる物もあります。
 

食物アレルギーは食べられる物があれば食べたほうがいいと推奨しているので、医師と相談しながら除去するかどうかは決めましょう。
 

ピーナッツアレルギーで以前強い反応がでた方は、自己免疫注射を携帯したり、抗ヒスタミン薬を携帯しておくことをお勧めします。
 

Sponsored Links