ものもらい 原因

 

 

ものもらいは目に違和感がある病気です。名前からして感染しそうな気もしますが感染はしません。
 

このものもらいですが、上まぶたにできたり下まぶたにできたりします。何故できる箇所が違うのでしょうか?いったいどこに原因があるのでしょう?
 

よくものもらいができる方は、その原因を知ることで対処することができますね。そこで今回は、ものもらいができる原因をまとめてみようと思います。
 

Sponsored Links

まずはじめに、ものもらいって何?

ものもらいは、目の病気です。まぶたが赤くはれたり膿をもつことで痛みが伴う目に違和感のある病気です。
 

目にものもらいができると、表情まで変わってしまうのでとても憂鬱ですね。
 

ものもらいの正式名は?

  • 麦粒腫
  • 霰粒腫(さんりゅうしゅ)

この二つは同じものもらいですが、原因や症状は異なります。
 

ものもらいは、上まぶたにできたり下まぶたにできたりします。同じものもらいですが、できる原因は違うのでしょうか?
 

上まぶたのものもらいができる原因

上まぶたにできるものもらいの原因は2つあります。
 

炎症が原因のものもらい・霰粒腫

炎症が原因のものもらい霰粒腫といいます。
 

  • どこが炎症するの?

まつ毛の生え際の内側に整列している小さな点をマイボーム腺といいます。肉眼ではなかなか見えにくいですね。
 

マイボーム腺が脂質などで塞がり炎症を起こします。
 

細菌が原因のものもらい

細菌が原因のものもらい麦粒腫といいます。
 

  • どんな細菌なの?

黄色ブドウ球菌という細菌です。黄色ブドウ球菌は、人間の身体に存在する常在菌です。
 

普段はおとなしい細菌ですが、身体が弱っているときに炎症を引き起こす原因菌となります。
 

上まぶたにできるものもらいは、最初は気づきにくいことが多いです。また初期症状はどちらのものもらいなのかわからないこともあります。
 

上まぶたにものもらいができる原因

  • 目を閉じてこすることが多い

下まぶたよりも上まぶたの方がものもらいが多く発症するのは、手でこすることが多いからです。
 

手が汚れていたり、抵抗力が弱っていると、ものもらいになってしまいます。
 

下まぶたのものもらいができる原因

下まぶたのものもらいができる原因はどこにあるのでしょう?前述したように、ものもらいの種類は2つあります。
 

霰粒腫と麦粒腫です。二つの原因は、炎症からくるものと細菌からくるものです。これは下まぶたにも上まぶたにもどちらにも発症します。
 

下まぶたにできるものもらいは、上まぶたにできるものもらいよりも早くに気づくことができます。
 

下まぶたのものもらい、考えられる原因とは?

  • アイメーク

アイラインをかくとき、まつ毛の生え際にあるマイボーム腺まで塗ってしまう方がいます。
 

お化粧をきちんと落とさずに寝てしまうことを繰り返していると、マイボーム腺が詰まってしまって炎症を起こす可能性があります。
 

ものもらいを頻繁に起こしている方は、お化粧には気をつけましょう。
 

実はものもらいができる原因はストレスだった

ものもらいを何度も繰り返す方と、あまり出来ないと言う方がいます。この差はどこにあるのでしょうか?
 

もちろん体質的なことも原因していますが、実はものもらいはストレスがたまるとなりやすいことをご存じですか?
 

ストレスを上手に発散している方は、実はものもらいが出来にくい体質なんです。
 

ものもらいはストレスがたまるとなりやすい

現代人は、ストレスをためやすいと言われています。ストレスがたまると、身体の抵抗力や免疫力が弱って細菌を退治する機能が低下してしまいます。
 

ものもらいの原因は黄色ブドウ球菌という細菌です。抵抗力や免疫力が弱ると、黄色ブドウ球菌は炎症を起こす原因菌となってしまいます。
 

「疲れたなあ~」と感じるときは、極力休むようにしてストレス発散をしましょう。
 

食生活の乱れがものもらいの原因ってほんと!?

食生活の乱れは、ものもらいになる原因になります。
 

食生活の乱れはものもらいの原因になる

不規則な生活をしていると、食生活も乱れてしまいます。食生活の乱れは、身体の免疫力に大きく関係をしています。
 

ものもらいの原因は、免疫力低下が関係しています。このため、バランスの悪い食生活をしていると免疫力が低下してものもらいになる確率が高くなります。
 

バランスのよい食事に心掛けましょう

  • 暴飲暴食はしない
  • 甘い物は極力控える
  • 刺激物は食べない
  • 良質のタンパク質やミネラル、ビタミンなどをしっかり摂る

食生活の乱れを整えることで、免疫力がアップします。
 

免疫力をアップすることは、ものもらいが出来にくい身体にするだけではなく、健康にも美容にも効果があります。
 

まとめ

ものもらいになる原因は2つあります。
 

2つの原因とは?

炎症が原因の霰粒腫と細菌が原因の麦粒腫です。上まぶたと下まぶた、どちらにも起こります。また、ものもらいができる原因は、ストレスと食生活にもあります。
 

  • ストレスを貯めると、抵抗力や免疫力が低下してしまい黄色ブドウ球菌が炎症を起こす原因菌となってしまうので、ものもらいになる可能性が高くなります。
  • 食生活が乱れていると、免疫力が低下します。免疫力が低下することでものもらいになる確率が高くなります。

 

ものもらいになると、毎日が憂鬱ですね。目はとくに目立つ部分なので、女性は特に気になります。
 

早目に気づいて、対処することで酷くならないだけでなく治りも早くなります。目がなんとなくゴロゴロするなあ~と感じたら、早目に眼科にいくことをお勧めします。
 

Sponsored Links