二日酔いの頭痛に苦しむ男性

 

 

飲み過ぎて翌日は頭が痛い・・・そもそも飲み過ぎると、なぜ頭が痛くなるのでしょうか?
 

ここでは二日酔いの原因をわかりやすく説明したうえで、それぞれに合った解消法をお伝えします。
 

「いっそ、二日酔いにならない方法があればいいのに」、そんな都合のいい願いを叶える方法も併せてご紹介しますよ。
 

Sponsored Links

二日酔いの原因に合わせた解消法がある

お酒に二日酔いは付きものです。飲み過ぎなければいいとわかっていても、飲み会の席では難しいものです。
 

翌朝に起こる頭痛にはいくつかの原因があり、原因に合った処置を行うことで頭痛を解消できます。
 

脱水症状による頭痛の治し方

  • 症状
     頭痛の他に、倦怠感や吐き気、食欲不振や下痢を伴います。起き上がった時に痛みが強く出て、寝ていると痛みが緩和されるようなら脱水の可能性が高いです。
  • 理由
     アルコールには利尿作用があるので、飲酒した分以上の水分が失われます。アルコール度数が高いほど利尿作用があり、飲むほどに脱水症状の危険性が高まります。
  • 対処法
     足りなくなった分の水分を補給します。スポーツドリンクなど糖分が含まれている方が吸収性に優れています。ただスポーツドリンクが良いからとお酒と一緒に飲むと、アルコールの吸収率を高めてしまうので注意しましょう。スポーツドリンクを飲むのは二日酔いの朝ですよ。

 

アセトアルデヒドによる頭痛の治し方

  • 症状
     頭痛の他に、倦怠感や吐き気が伴います。顔が紅潮するのも特徴です。
  • 理由
     アセトアルデヒドは肝臓でアルコールを分解する過程で生じる物質で、皮肉にもアルコールの10倍以上の毒素があります。アルコールがすべて分解されてもアセトアルデヒドが体内に残るため二日酔いが起こります。日本人にはアセトアルデヒドを分解する酵素が少ないため二日酔いの主な原因となっています。
  • 対処法
     飲食やサプリメントでアセトアルデヒドを分解する酵素力を高めることです。おすすめはタウリンが豊富なシジミの味噌汁です。栄養素で言えばタンパク質やビタミン、カフェインが酵素力を高めてくれます。

 

低血糖による頭痛の治し方

  • 症状
     頭痛の他に、倦怠感や吐き気、筋肉痛を伴います。
  • 理由
     アルコールが肝臓で分解されている間、糖の生産がストップされてしまいます。肝臓は糖分を貯蔵していて必要に応じて供給していますが、貯蔵時間は8時間分。それ以上にアルコールの分解時間がかかると糖分が不足し、二日酔いの原因となります。
  • 対処法
     フレッシュ果実ジュースが有効です。果糖は吸収も早く、ビタミンなど二日酔いで失われた栄養も補ってくれます。酸性のリンゴジュースは避けて、柑橘系やレモン、バナナなどが良いでしょう。

アデノシンによる頭痛の治し方

  • 症状
     ズキズキとした頭痛が起こります。
  • 理由
     アデノシンにはアルコールと同じように血管拡張作用があり、長時間飲むと血管が炎症を起こしてズキズキした頭痛になります。特に日本酒に多く含まれています。
  • 対処法
     拡張した血管を収縮させることです。それにはコーヒーなどのカフェインが効きます。

酸素不足による頭痛の治し方

  • 症状
     頭痛の他に倦怠感も伴います。
  • 理由
     飲酒によって酸素欠乏症が引き起こされます。意外と多く見られる症状です。飲酒による血中の酸素運搬料の減少、肝臓でのアルコール分解作業を行う際の酸素消費、飲酒後の睡眠時無呼吸症候群の発生などによるものです。
  • 対処法
     酸素水が有効です。酸素は水と一緒に吸収する方が、普通に呼吸するより10倍以上早く血中に取り入れられます。

メタノールによる頭痛の治し方

  • 症状
     頭痛の他に、倦怠感や吐き気、筋肉痛を伴います。
  • 理由
     テキーラやワイン、ブランデーなど、アルコール度数が高いほどに多く含まれます。メタノールも肝臓で分解されますが、アルコールよりも先に分解されるので、メタノールが大量に含まれているとアルコールがいつまでも残り、疲労感が残ります。また、メタノールは有害物質となるホルムアルデヒドや二酸化炭素に分解されるため、頭痛や腹痛、吐き気、背中の痛みなどの原因となります。
  • 対処法
     薬や栄養素は効かず、肝臓で分解するしかありません。肝臓の代謝を高め、少しでも早く分解して貰うことが一番の方法です。ミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲むようにしましょう。ただし人工甘味料を使っているものや、フレッシュジュースにはメタノールが含まれているので逆効果となりますので注意しましょう。

二日酔いで頭痛にならないための飲み方

ポイントは、アルコールの吸収が遅いほど二日酔いにはなりにくいという事。
 

一気飲みは良くないですが、チビチビ飲めば良いというものでもありません。体内でのアルコールの吸収速度を緩やかにする裏技があります。
 

空腹では飲まない

胃や腸が空っぽの状態でアルコールが入ればグングン吸収され、分解が間に合わず二日酔いの原因となります。また、飲む前に食べていないと低血糖症になり、頭痛の原因となります。とにかく、飲む前に少しでも胃や腸を満たしておくことが肝心です。
 

一番いいのは脂肪分を含んだ食べ物です。アルコールの吸収を大幅に防いでくれます。脂肪は避けたいという人には、緑茶がおすすめです。カテキンにはアルコールの吸収を阻害する働きがあり高濃度カテキンが理想です。
 

お茶と言っても煎茶や玉露、抹茶にはカテキンはほとんど含まれていないのでご注意下さい。
 

炭酸入りのお酒は危ない

ソーダ割りなど、炭酸入りのお酒はアルコールの吸収を高め、長く体内に残ります。また、度数の高いお酒でも飲みやすくなり飲み過ぎてしまいます。
 

二日酔い予防に効くおつまみ

お酒と一緒に食べるおつまみも重要です。
 

  • チーズは飲む前に食べると胃壁をガードしてくれます。飲みながら食べても効果有りです。また、チーズのタンパク質がアセトアルデヒドを分解してくれます。
  • オクラや山芋などのネバネバ成分であるムチンが胃や腸の粘膜を保護してくれます。
  • レバーもアセトアルデヒドを分解する働きの他、ビタミン類も豊富なので胃腸の働きを助け、疲労回復の力も併せ持ちます。
  • おつまみの定番枝豆も、タンパク質やビタミンCでアルコールの分解を手助けします。
  • アサリの酒蒸しやバター焼きも美味しいですよね。タウリンが肝機能の働きを高めてくれます。
  • 脂肪分がアルコールの吸収を緩やかにしてくれるからと言って、唐揚げなど揚物ばかり食べるのは違う意味で心配ですよね。代わりにオリーブオイル使用のサラダを食べるのはどうですか。これなら油分とビタミンが一度に採れます。

 

二日酔い対策は面倒だと思っていた人も、おつまみを考えると楽しくなりませんか?『これが二日酔いに効くんだよね』と、意識するだけでも効果が上がります。お好みで選べるので楽しく予防対策できます。ただし、食べ過ぎにはご注意を。
 

しっかり睡眠をとっておく

寝不足の状態ではアルコールの分解能力は半減してしまいます。体調が悪い時も同じです。疲れた体での飲酒は二日酔いの元凶となります。
 

寝る前に水を飲む

アルコールの分解には大量の水が必要となります。寝る前に最低500mlの水を飲みましょう。これだけでも二日酔いの頭痛は随分軽減されます。
 

まとめ

二日酔い防止は飲む前から始まっています。気持ちよく飲めて、翌朝もスッキさわやか!そんな理想の飲み方をぜひ身につけて下さい。酒は百薬の長、楽しいお酒はストレスも解消できて健康長寿につながります。
 

ここで紹介した「二日酔いの予防と解消法」を飲み仲間にも教えてあげて宴を楽しんで下さいませ。
 

Sponsored Links