二日酔い 解消 ツボ

 

 

二日酔いで頭が痛い、吐き気がする、だるい・・・そんな症状で苦しんでいませんか。
 

これはあくまでお酒を飲み過ぎたせいで病気ではないから、薬を飲むにはちょっと抵抗がある、そんな人には「ツボ」療法がおすすめです。
 

二日酔いに効くのはもちろん、飲む前にちょいとツボを押すことで悪酔いも防げますので、ぜひ覚えて下さいね。
 

Sponsored Links

二日酔いの頭痛に効くツボ

百会(ひゃくえ)

頭痛がある時にはこのツボを押しましょう。
 

ツボの位置 ⇒ 左右の耳の上端を結んだ線と、体の中心線を結んだ点。
 

指の腹でゆっくり揉むように押します。2~3分行うと頭痛が和らぎます。
 

  • 「百会」は頭皮の血行改善や代謝を促進する効果があるので、抜け毛や薄毛、白髪の悩みも解消してくれます。また、自律神経に直結しているのでストレスにも効果があります。ですから二日酔いの頭痛の時だけでなく、日頃からこの百会を活用して頂きたいです。

 

風池(ふうち)

このツボも頭痛を和らげてくれます。
 

ツボの位置 ⇒ 後頭部で首の左右にあります。髪の生え際で、耳の後ろにある骨の内側(少しへこんでいるところ)。両手で頭を支え、親指の腹で頭の中心に向かって押し上げるようにします。少し強めに押しても大丈夫です。
 

  • 風池は二日酔いや乗り物酔いにも有効です。脳の働きを活発にするので頭がぼんやりしたときや、眠い時、集中力が途切れた時にもこのツボを押すとスッキリします。

二日酔いの吐き気に効くツボ

巨闕(こけつ)

胸がムカムカして吐き気がある時にこのツボを押さえましょう。
 

ツボの位置 ⇒ 体の中心線上、みぞおちの真ん中にあります。胸骨の一番下の骨から指三本分下になります。中指の腹をツボに当て、優しく体の中心に向かって押します。
 

  • 吐き気や嘔吐、胸やけなど胃腸病全般に効果があります。また、心臓の病気にも効果があり、狭心症や心臓弁膜症などの治療にも用いています。動悸、息切れの症状も改善してくれます。

 

卒谷(そっこく)

吐き気に良く効きます。
 

ツボの位置 ⇒ 耳全体を前に折り曲げた時、折った耳の上端から指2本分上ふつかの部分にあります。
 

ゆっくりと押し揉みしましょう。
 

  • 飲み過ぎによる吐き気や食欲不振など、消化器の症状に有効です。また頭部の血行を良くするので、頭痛や耳鳴りの改善にも効果があります。

頭痛にも吐き気にも効果があるツボ

合谷(ごうこく)

吐き気だけでなく、頭痛にも効果があります。全身の症状に効く万能ツボと呼ばれています。
 

ツボの位置 ⇒ 手の甲側で、人差し指と親指の間の付け根にあります。親指の腹をツボに当て、人差し指の骨のきわを押し上げるようにします。左右同じようにします。
 

  • 各所の痛みやこり、内臓の不調など広範囲に効果があります。

 

内関(ないかん)

吐き気を緩和し、頭痛にも効果があります。
 

ツボの位置 ⇒ 内側の手首から指三本分下です。拳を握ると2本の筋が手首に浮き出るこの中間にあります。ツボに親指の腹を当て、皮膚に対して垂直に押します。少し強めに押すほうがいいです。
 

  • 吐き気の他に乗り物酔いや胃痛、げっぷ、食欲不振など消化器系の不調に効果があります。また、つわりにも有効でストレスなどの精神面にも良い影響を与えてくれます。

二日酔いの根本は肝臓に有り

そもそもなぜ二日酔いになるのか。アルコールが入ると肝臓で分解作業が始まります。その時副産物として「アセトアルデヒド」というアルコールの10倍の毒素を持つ物質が生じます。
 

これも肝臓が分解するのですが、日本人には分解する酵素が少ないため翌朝まで残ってしまうことがあり、これが二日酔いの主な原因となります。
 

分解した時点で二日酔いはおさまるので、肝臓の機能を高めるのが二日酔いを治す一番の近道となります。
 

肝臓の機能を高める足裏のツボ

肝臓の機能を高める足裏のツボは、右足にだけ存在します。
 

ツボの位置 ⇒ 右足の裏中央よりやや上で、小指寄りの部分が肝臓のツボになります。親指で押し込むように刺激したり、棒を使ってしっかりほぐすのもいいでしょう。
 

  • 足裏にはすべての臓器のツボが集中していると言っていいでしょう。肝臓の他にも胃や腎臓などの働きが高まると老廃物を外へ流しやすくなります。全体的に揉みほぐす方が効果ありです。

 

太衝(たいしょう)

もう一つ肝機能を高める特効ツボがあります。
 

ツボの位置 ⇒ 足の甲側で親指と第2指の骨が接する付け根にあります。足の甲をつかむようにして、人差し指をツボに当て、骨のきわを足首の方向に押します。左右同じように行います。
 

  • とにかく二日酔いには肝機能を高め、体内に残った毒素を分解・排出するのが一番。押した時に感じる痛みで二日酔いの度合いがわかります。かなり痛く感じるかもしれませんが、よくほぐしてあげましょう。イライラする、癇癪を起す人は肝臓が疲れていると言われます。そんな人はぜひこのツボを日頃から押すようにしましょう。

「ツボにお灸」も気持ちいいですよ

ツボを指圧するのもいいですが、お好みでお灸にしても構いません。ツボにもぐさを乗せて燃焼させて下さい。同じような効果が得られます。
 

ツボは全部覚える必要はありません。自分で押しやすいツボ、普段から使えるお気に入りのツボを見つけておけば、飲み過ぎた時も安心ですよね。
 

もちろん飲む前でもOK、飲みながらのツボを押しも有りです。
 

まとめ

ツボ押しは「手で行う漢方」と言われます。確かによく効くのですが、それは正確なツボの位置を押した時です。
 

頭がズキズキしてる時や胸がムカムカしてる時に正確なツボの位置を確認している余裕はありません。ぜひ「しらふ」の時に正しいツボの位置を確認しておいて下さいね。