二日酔い 頭痛 ロキソニン

 

 

二日酔いの頭痛は本当に辛いですよね。今すぐに何とかしたい、そんな時頼りになるのは頭痛薬。
 

なかでもロキソニンは副作用や体への負担が少なく、市販の頭痛薬としてよく使用されています。
 

そんなロキソニンでもアルコールが残っている状態で服用していいのでしょうか?そんな疑問にお答えします。
 

Sponsored Links

二日酔いの時ロキソニンを服用してはいけない理由

本来、二日酔いの頭痛にロキソニンの服用はNGです。ではなぜ二日酔いの時にロキソニンを服用してはいけないのか?
 

それはロキソニンの添付文書に「服用前後は飲酒しないで下さい」と書かれているからです。製造会社が服用してはダメだと言っているから駄目なんです。
 

二日酔いの時ロキソニンを服用する人の理由

でも不思議なもので、服用しても大丈夫だよという人がいるんです。誰が言っているのか?一般の人です。
 

自分が飲酒時に服用して大丈夫だったから皆さんにもお勧めしているのです。
 

  • 『お酒が少量なら大丈夫です。私も飲みましたが問題ありませんでしたよ。』
  • 『私はお酒を飲んだ就寝前に予防としてロキソニンを飲みます。すると翌朝は全く頭痛がなくて仕事に支障をきたすことはありません。』
  • 『うっかりお酒でロキソニン飲んじゃったけど、全然大丈夫でした。』
  • 『二日酔いの頭痛が辛かったのですが、ロキソニンを飲むとウソのように楽になります。』
  • 『お酒に弱い私は飲みに行くと次の日は大変な状態になりました。今はロキソニンを飲めば支障なく過ごせるため安心して飲みに行けます。』
  • 『ロキソニンを飲むと頭痛や吐き気からすぐに解放されます。胃腸が荒れるのが心配なので胃腸薬と一緒に飲んでいます。』

 

こんなコメントがたくさんあります。これを読んだら「やっぱり二日酔いにロキソニンは有り」って思ってしまいますよね。
 

具合が悪くなる人はいるの?

もちろんすべての人がいい方向に効いている訳ではありません。コメントの数は少ないですが、副作用が出ている人もいます。
 

  • 『ロキソニンを服用した後にお酒を飲んだら急速に酔いがまわって、一時的に目が見えなくなりました。』
  • 『お酒の後ロキソニンを飲んだら心臓がバクバクしてヤバかったです。』
  • 『1回くらいなら良いかなと思って飲んだらあっという間に動悸が起こって怖かったです。』

 

誰に効いて、誰に副作用が出るかは飲んでみないとわかりません。危険を冒してまで服用するべきではないでしょう。
 

予想外の副作用を引き起こす危険がある

製薬会社が飲酒前後に飲まないようにと注意している理由があります。
 

  • ロキソニンは胃で溶けて腸で吸収されますが、飲酒時はアルコールが胃腸を荒らし疲労している状態です。そこに薬が入ってきてもきちんと分解できず過剰な成分が血中に吸収されてしまいます。規定の薬効を超えてしまうため、想定外の作用を及ぼす危険性が高まるのです。
  •  

  • ロキソニンの副作用として、「胃部不快感」「嘔吐」「食欲不振」とあります。お薬だけ飲んでも胃に負担があるのです。ましてアルコールで胃を荒らしている状態の時では何が起こるかわかりません。

一晩経ったから大丈夫?

『翌朝ならお酒を飲んでから時間が経っているので、問題ないよ』と言う人もいます。
 

問題は飲酒後の時間ではなく、身体の中にアルコールが残っているかどうかです。二日酔いで頭が痛いのだからアルコールが残っているのは明らかです。
 

頭痛は身体からのメッセージ

そもそも何故二日酔いで頭が痛くなるのでしょうか?痛くなるのは身体からのメッセージなのです。
 

  • アルコールの分解で体内の水分を多量に使い、利尿作用でさらに水分を体外へ排出しています。体の水分が不足していることを教えるために「頭痛」という形で教えているのです。
  •  

  • また、低血糖状態を引き起こした時も「頭痛」を起こして教えてくれます。

 

薬を飲むより、スポーツドリンクやコーヒー、カフェオレ、をまず飲んでみませんか?お味噌汁も二日酔いには有効ですよ。まずは水分や糖分を補ってみて下さい。
 

身体のSOSを断ち切るロキソニン

ロキソニンはドラッグストアでは上位に入る人気商品です。その理由は痛みによく効くからです。
 

身体の中で大変な事態になっていてもロキソニンが痛みを感じなくさせるため本人は気付かず、気付いた時には即入院、手遅れ・・・という話はよくあるようで、効き過ぎるがために起こる災いです。
 

痛みや熱は身体に異常が起こっているサインです。そのサインをロキソニンは先回りして止めてしまうのです。
 

身体がSOSと叫ぶのを口封じしているようなもの、決して病気の原因を治したり、細胞を回復させてくれるものではないのです。
 

二日酔いに関しても、痛みをわからなくすることで、身体が欲しがる水分や糖分、休息を与える邪魔をして、結局は身体に負担をかけてしまいます。本当に恐ろしいことでなんですよ。
 

まとめ

「お酒を飲んだ翌朝は頭痛がひどくて辛い」「スポーツドリンクを飲んだくらいでは治らないから薬に頼るの」そういう人はアルコールアレルギーの可能性があります。
 

お酒にあまり強くない人です。結局はお酒とお薬のダブルで身体を痛めています。自分の身体なんですから誰よりも大切にしてあげませんか。
 

お薬を飲まないで済むようなお酒の飲み方を考えてみましょう。
 

Sponsored Links