二日酔いの頭痛にきく薬

 

 

二日酔いで頭がズキズキ割れるように痛い。『そんな時には頭痛薬』って思いますよね。
 

でもお酒で薬を飲んではダメだとよく言われますよね。ではお酒が残っている状態は大丈夫なのでしょうか?
 

ここではそんな疑問にお答えします。
 

Sponsored Links

二日酔いの頭痛に薬は危険

「ロキソニン」

頭痛に即効性があり、しかも眠くならず副作用も少ないので、一般によく服用されています。
 

ですが二日酔いの頭痛には服用できません。ロキソニンの使用上の注意にはこのように書かれています。『この薬の使用中は禁酒を守ってください。
 

ロキソニンSにも『アルコール摂取時の服用は避けてください』と注意書きがあります。
 

二日酔いの頭痛に頭痛薬を使ってはいけない理由

ロキソニン

ロキソニンは普段どのように頭痛に効いているのでしょうか。
 

薬は胃で溶けた後に腸で吸収されます。その後血液に取り込まれて肝臓で分解され、残りの成分が薬としての効果を発揮します。
 

ところが、二日酔いの時はアルコールの分解で肝臓が弱っています。弱った肝臓はロキソニンの分解がうまくできずに、通常より薬が効き過ぎてしまい、胃や肝臓を荒らす恐れがあります。
 

ひどい時には、中毒障害や肝障害を引き起こしてしまいます。
 

バファリン

実はバファリンにも『服用前後は飲酒しないで下さい』と書いています。
 

ただ、バファリンに含まれる「イブプロフェン」や「アセトアミノフェン」は二日酔いの頭痛を緩和する働きもあります。
 

ですが、どんなに優しい成分でも必ず肝機能に負担はかかりますから、出来る限りの使用は避けた方が良いでしょう。
 

結局、市販薬で二日酔いによる頭痛を治そうとするのはいい方法ではありません。大概の頭痛薬には『服用前後は飲酒しないで下さい』と書かれているからです。
 

危険な薬を使うより、もっと効率的な方法で頭痛を治しましょう。
 

二日酔いの頭痛の原因

二日酔いで起こる頭痛には、アルコール特有の原因があります。
 

そこを解決するとお薬に頼らず頭痛を治すことができます。主な原因を3つご紹介します。
 

悪酔いの原因アセトアルデヒド

お酒を飲むと、肝臓がアルコールの分解を始めます。この過程で生まれるのがアルコールの10倍の毒素を持つ有害物質の「アセトアルデヒド」です。
 

最終的に二酸化炭素と水に分解して排出するのですが、一度に分解できる量は限られています。分解できずに血中に残る量が多いほど、二日酔いの症状は重くなります。
 

少しのお酒でも具合が悪くなる「下戸」の原因もこのアセトアルデヒドです。飲んでいる最中に頭痛や吐き気を催す「悪酔い」の原因もセトアルデヒドです。
 

アセトアルデヒドを分解する方法

このアセトアルデヒドを早く分解して排出することで二日酔いの悲劇が防げます。
 

ですが統計によると、日本人の45%はアセトアルデヒドを分解する脱水素酵素の働きが弱く、酵素が働かない人は5%と日本人の半数はお酒に弱く二日酔いをする体質だということです。
 

そこで、少ない酵素が充分働けるよう肝臓の機能を高める方法をとるしかありません。
 

  • 基本は水分をたっぷりとることです。寝る前には必ず水を飲みましょう。塩分が含まれるスポーツドリンクも良いです。
  • ウコン(ターメリック)は肝機能向上にとても効果があります。ウコン入り栄養ドリンクを飲むか、カレーにも含まれているので、カレー粉を用いたおつまみを食べながら飲むのがいいです。
  • 胡麻に含まれているセサミンやビタミンB群やビタミンEも効果的です。
  • 完全栄養食品の卵も効果有りです。
  • タウリンが豊富なシジミなどの貝類、タコやイカもおすすめです。
  • コーヒーなら含まれるカフェインも有効で、水分も一緒に摂れます。

アルコールは脱水症状を引き起こす

脱水症状も頭痛の大きな原因です。
 

お酒は水分なのに不思議な感じがしますが、利尿作用があるのでビールなら飲んだ分だけ、ワインなら飲んだ分の1.6倍の水分が出ていきます。
 

アルコールは度数が高いほど水分が体内から排出されるのです。
 

脱水症状はとにかく水分補給

  • ミネラルウォーターでもいいのですが、おすすめはスポーツドリンクです。ミネラルや塩分、糖分もあり、体液に近いため水よりも浸透圧で体内に吸収されます。
  • 柑橘系のフルーツジュースも良く、果糖やビタミンが症状を緩和してくれます。
  • 起きてすぐに水分補給するのは当然ですが、寝る前に飲むと二日酔いが軽くなります。少し無理をしてでも500ml位は飲みたいところです。

アルコールで低血糖を引き起こす

ブドウ糖は肝臓で作られます。ところが、アルコールの分解で忙しいのでその間は作るのを休んでしまいます。
 

この状態が8時間以上続くと低血糖になり、頭痛や思考力の低下につながります。糖が不足するとアミノ酸が代用され、アミノ酸不足も起きてきます。
 

アルコール中毒の人はこの低血糖が慢性的に起こり、益々症状を悪化させます。アルコールと低血糖はかなり密接な関係にあるのです。
 

低血糖には糖分補給

  • 果糖が効果的なので、オレンジジュースなどの柑橘系が良いです。
  • カフェオレもコーヒーに含まれるカフェインと砂糖での相乗効果があります。

二日酔いにならないために出来る事

とにかく空腹で飲まないこと。飲むより先に胃の中に食べ物が入っていれば、アルコールの吸収が遅くなり、酔いにくくなります。
 

特に脂肪分があるものが有効です。チーズも吸収を抑えてくれます。そして、飲むペースはゆっくりと、会話を楽しみながら飲みましょう。そして寝る前には必ず水を飲みましょう。
 

これで二日酔いにサヨナラできるかも。少なくともヒドイ二日酔いには絶対になりません。
 

まとめ

薬は化学薬品、自然の物ではないので、どんな薬も肝臓で分解する必要があります。そして小さい錠剤にも関わらずかなりの負担がかかります。
 

アルコール分解で疲れた状態の肝臓のためにも服用は控えて欲しいのです。
 

二日酔いの原因「アセトアルデヒド」「脱水症状」「低血糖」の対処法を覚えておけば薬に頼らなくても二日酔いの頭痛は解消できるでしょう。
 

Sponsored Links