二日酔い ドリンク 市販薬

 

 

日本人の半数はアルコールを分解する酵素が少なく、まったく持っていない人もいると言われています。
 

ですから二日酔いになる人が多いのですが、その分二日酔いに効くドリンク剤や薬などが色々と売られています。
 

二日酔いに効く市販薬やドリンク、またそれらはいつ飲めば良いのかなど、詳しくご紹介します。
 

Sponsored Links

二日酔いは何故起こるのか?

アルコールは体内に入ると胃で20%、腸で80%吸収されます。吸収されたアルコールは血液に入り込み肝臓に送られます。
 

ここでアセトアルデヒドという有害物質に分解され、さらに無害な水と二酸化炭素に分解され体外へと排出されるのですが、一度に処理できる量には限りがあります。
 

個人差はありますが、ビールに例えるなら350mlを分解するのには2時間20分程かかります。この量を超えるアルコールは再び静脈を通って全身に送られます。
 

処理されずに血液の中を巡るアルコール濃度が高いほど二日酔いが起こります。そこで、二日酔いにならないポイントです。
 

1.アルコールがゆっくり吸収されると、肝臓の分解が間に合い二日酔いにならない
2.肝臓の働きを手助けすれば、分解がスムーズにできる
 

これを踏まえて、二日酔い予防をしていきましょう。
 

飲む前に出来る二日酔い予防

一番大切なのが飲む前の予防です。空腹では絶対飲まない」これを守ればひどい二日酔いにはならずに済みます。
 

アルコールの吸収が早いのは、胃や腸に何も入っていない空腹の状態の時です。ですから、飲む前には必ず何か食べたり飲んだりしておきます。
 

また飲んでいる間も悪酔いせず、気持ちよく飲み続けることができます。備えあれば憂いなしです。
 

翌朝の予防対策

もし、二日酔いの症状があるなら、まだ体の中に分解されていないアルコールやアセトアルデヒドが残っている証拠。分解と排出を手伝うものを体に取り入れましょう。
 

尿から排出させるので、水分は欠かせません。また、低血糖も二日酔いの原因です。肝臓がアルコールを分解するのに忙しくて、糖を供給できずに低血糖を引き起こします。
 

その結果頭痛や吐き気の症状が出ます。二日酔い防止には糖分の補給も欠かせません。
 

ドリンクで二日酔いの予防と対策

ハチミツ水

ハチミツにはフルクトースと呼ばれる吸収率の良い果糖が含まれています。またコリンやパントテン酸は肝臓の機能を高めてくれます。
 

コップ1杯の水にハチミツを大さじ1杯混ぜるだけです。炭酸水で作ったり、レモンを入れても飲みやすく水分補給としてもおすすめです。
 

肌荒れや整腸作用もあるので女性には嬉しい飲み物ですよね。
 

スポーツドリンク

もちろん普通の水でもいいのですが、スポーツドリンクは水よりもより速く体内へ吸収されます。
 

また水よりも飲みやすく、水分以外にもナトリウムやクローム、カリウム、糖分を同時に補ってくれるので二日酔いに効果的です。
 

トマトジュース

トマトは二日酔い防止の強い味方。手軽なのはトマトジュース。トマトに含まれるリコピンは二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの作用を抑えてくれます。
 

また、クエン酸は荒れた胃を保護します。GABA(アミノ酸の一種)は弱った肝臓を助けてくれます。
 

また、お酒のおつまみでトマトをそのまま食べると血中のアルコール濃度を低下させてくれる効果もあります。お酒を飲む前に飲むとアルコールの吸収を抑えてくれます。
 

栄養ドリンク剤

最近はストレートに飲み過ぎや二日酔いをターゲットにしたドリンク剤が増えています。
 

それらは寝る前に飲んでも構いませんが、普通の栄養ドリンク剤は覚醒作用があるカフェインが入っているので、就寝前には不向きです。起きてから飲むようにしましょう。
 

ウコンの力

肝臓機能を予防、改善、強化する効果があるとして、お酒を飲む前、または飲んだ後に飲用されます。

ヘパリーゼ

肝臓の滋養強壮効果があるヘパリーゼは、口コミではウコンより効果があると評判です。ここぞという時にはウコンとヘパリーゼのダブル効果で乗り切るようです。

ノ・ミカタ

カロリーが低く、甘酸っぱくて飲みやすいプラム味なので女性にも人気です。
 

アミノ酸配合で吸収が早いためお酒を飲む前はもちろん、寝る前に飲んでも二日酔い対策にしっかり効果があります。
 

二日酔いの薬・サプリメント

ハイチオールC

二日酔いに効く薬といえば「ハイチオールC」です。夜の商売をされている女性には必須アイテムとなっています。
 

コマーシャルでは「シミ・そばかすに効く」と詠われていますが、もともとは二日酔いの薬として販売されたもの。効能にもちゃんと「二日酔い」と書いてあります。
 

これは薬の成分L-システインに肝臓の解毒作用を高める効果があるからです。美白しながら二日酔い対策ができるなんて、嬉しいですよね。
 

エビオス錠

昔からあるビール酵母のエビオス錠。昭和世代の人には意外と御馴染みではないでしょうか。栄養補助食品として食べていました。
 

特に胃腸関係に効果があり、二日酔いやムカつき、飲み過ぎに効くと書いてあります。
 

太田胃酸

これも定番ですよね。飲み過ぎ、二日酔い、ムカつきに効果ありです。

レバーザイム

通販で人気なのが、シジミやレバー、牡蠣エキスを凝縮してソフトカプセルにした「レバーザイム」。
 

二日酔いに効く他、健康維持にも良いと口コミで広がり、接待の多い営業マンのアイテムになっています。
 

ヘパリーゼW粒

ドリンク剤で有名なヘパリーゼの粒タイプです。肝臓エキスやウコンエキスの他レバーやビタミンが入っています。
 

粒タイプなのでカバンに入れていつでも手軽に飲めるのが人気のようです。こちらも健康維持に日常から服用されています。
 

身近な食材で二日酔い予防

チーズ

チーズのタンパク質はとても良質で吸収率は100%です。肝臓の働きを活性化させる作用があります。また、吸収されたタンパク質が胃に粘膜を張り、アルコールの刺激から守ってくれます。
 

しかも、飲む前はもちろん、飲んでいる最中でも、また翌朝でも効果があります。特にワインにはよく合いますよね。
 

チョコレート

糖分の補給はもちろん、アルコールを分解する働きもあるのです。ココアでも良いですよ。
 

タンパク質などの栄養素で機能回復

昨晩からのお酒の分解で肝機能が消耗されているはず。肝機能の回復に必要な栄養素にタンパク質があります。先ほどのチーズの他、納豆や豆腐も回復に役立ってくれます。
 

味噌の成分も肝臓の働きを手助けしてくれますので、豆腐の味噌汁は二日酔いの身体にとても優しいのです。シジミでなくても大丈夫ですよ。
 

大根は胃の消化を助けますので、大根の味噌汁も良いですね。
 

就寝前の水分補給で二日酔い予防

起き掛けの水分補給も大切ですが、寝る前の水分補給もとても大切です。寝る前は水または経口補水液、スポーツドリンクやハチミツ水などできればコップ1~2杯は飲みましょう。
 

そうすれば翌朝はかなり楽に起きられます。
 

まとめ

楽しいお酒は生活に活力を与えてくれます。二日酔いさえなければ、心置きなくお酒を楽しめますよね。二日酔い予防を実践して元気でさわやかな朝を迎えましょう。
 

Sponsored Links