痛風の予防対策方法

痛風って聞いたことがありますか?

同僚が、上司が、足の指が痛い、歩けないと言っているのを聞いて、指をさしていた自分が、まさか、痛風に見舞われるとは思ってもいないことでしょう。

ですが、その痛風の魔の手は、刻一刻と自分に忍び寄っていると気付いていないことでしょう。健康診断で「尿酸値が高いですね」と言われて気付くあなたは、まだましです。

足が痛くなって、歩けなくなってからでは遅い!!仕事に行けないことだって考えられる痛風情報をお届けします。

Sponsored Links

痛風って、聞いたことがあるけれど、実際どんな病気?「高尿酸血症」の実態。

痛風とは、身体の中に尿酸という酸が溜まり、それが結びつきあい結晶化することで関節や体の内部を刺激して痛みを発する疾患です。

関節炎の原因となり、運動障害を期待したり、腎臓に結晶を溜めて腎臓の機能を低下させてしまう恐ろしい成分です。本当の名称は、高尿酸血症といいます。

症状を知って、もしや?と気付ける貴方になろう!!

まず、尿酸が溜まり始めて異変を感じることが多いのは、足の親指の付け根の関節炎です。風が吹いても痛いと言うように、軽い刺激、無刺激でも激痛を伴う事が特徴です。

そこまで至らなくても、関節は赤く腫れあがり、放置すると、着々と痛みを発し、その程度を悪化させます。痛風発作とも言い、1週間程度を治まることが多いですが、それを、待つことほど苦痛なことはないようです。

よって、痛風による激痛は、医療機関受診、消炎鎮痛剤の内服で対処しています。そして、痛風の怖いところは、一度発作が起こると1年以内に再発し易いと言う事です。そして、一年持っていた間隔が、どんどん狭まり、再々発作を起こすようになります。

そうして確実に進行している痛風は、足の指に留まらず、足の甲、足首の関節、身体の関節各所に炎症を起こすようになります。また、「尿路結石」という疾患を聞いたことがありますか?

腎臓にも尿酸は溜まります。腎機能低下、それに伴う老廃物や毒素の貯留で、尿酸も蓄積していきます。

尿酸の塊、結晶は、尿路にも進出し、尿路結石を発症します。排尿時の激痛、排尿困難、頻尿、そして、血尿までも進行します。

そして、その結石をどうにかしたい場合は、出すしかありません。その狭い尿感を伝って排泄させる、とても激痛と苦痛を伴う病です。

痛風になりやすい人と原因は?

では、どんな人が痛風になりやすいのでしょうか?ビールを飲む人、アルコールが好きな人、それだけではないのです。

1.忙しく、ストレス過多な人
2.アルコールが好きな人
3.脂肪の多い食事が好きな人
4.几帳面で完璧主義な人
5.付き合い、接待の多い人

これらに共通している人の像が分かりますか?無理をしている、自分の身体の声に耳を傾けられない人です。

ストレスが多く、休んでほしいのに、身体を休めようとしない人。肝臓が休めてと言っているのに、「飲まなきゃやってられない」と身体を酷使する人。

どうしても欲求を抑えられず、好きな食べ物を好きなだけ食べてしまう人。自己責任を強く自分に課し、自分を自分で追い詰めてしまう人。仕事上、どうしても規則正しい生活ができず、食生活も乱れがちな人。

Sponsored Links

原因を知った上で、痛風対策!!絶対になりたくない痛風予防。

高尿酸血症と言われる人は、尿酸値が7.0mg/dlの人です。これは、医療機関で血液検査をしなければ分かりません。

ですが、上記の特徴のある方は、きっと医療機関に行く暇も、ゆとりも、時間もないことでしょう。

なので、症状が出始めて異変を感じ、初めて診断されるのです。でも、症状を感じる前に対策したいことでしょう。

そして、もっと言えば、そんな心配のいらない生活がしたいことでしょう。

・発作が起こる特徴?自分の生活が痛風発作を起こしていた!!

まず、症状を発する前の生活を振り返りましょう。暴飲暴食、無理な急激な運動はしていませんか?

過労なのに、鞭を打って身体と心を酷使していませんか?そんな無理をした後の夜から明け方に痛風発作は起こると言われています。

・尿酸って何?

簡単にいえば、老廃物です。代謝産物です。上手く排泄出来ていない為に身体に溜まるのです。

細胞の中にある核酸の構成物質である「プリン体」が肝臓で分解され、核酸を作り上げた後の不要物が尿酸です。

老廃物は、尿酸以外にも多くありますが、リンパを詰まらせたり、便として腸に滞留したり、あまり身体に良くない影響をもたらすと理解しているでしょう。

それが、尿酸は関節炎などを起こすと言うことです。

・予防法を知って、今日から痛風知らず。

1.プリン体を控えよう!!

まずは、プリン体を一日400mg以下にする必要があります。

ビール、ワイン、麦芽製品、アンコウの肝、いくら、魚卵、鶏のレバーや出汁に使われる煮干しは、プリン体が多い食材として知られています。

そして、アルカリ性食材を摂り、身体が酸性化しないよう注意が必要です。海藻類、食物繊維の多い緑黄色野菜や葉物野菜、ごぼうや根菜類もアルカリ性食品が多く、痛風緩和に役立つと言われています。

また、ネバネバ成分を多くオクラ、昆布、山芋なども良いと言われています。塩分を控えることも痛風予防に繋がります。

2.運動をして血流を良くし、老廃物を流しやすい身体になろう

有酸素運動で軽く汗を流すことで尿酸を減らすことができます。それは、汗として老廃物を流すのです。

そして、血流が良いと言う事は、一定の場所に尿酸を留めないと言うメリットがあります。一か所に留まることで関節炎を発症しますので、流動的である事も痛風予防に繋がります。

ウォーキング、サイクリング、ジョギング、ヨガなどでも良いでしょう。筋トレや無酸素運動は、関節への負担が強く、尿酸を発生し易いと言われています。

酸素を吸いながら血液循環を良くできる有酸素運動が痛風予防に繋がります。

3.メンタルヘルスケア、自己管理でストレス知らずが貴方を変える。

ストレスを感じていると、副腎皮質ホルモンが活発に動きます。交感神経優位となり、身体の中に活性酸素が溜まります。

そのような身体の内部の酸化は、尿酸を発生させやすい環境です。ストレスを無くし、副交感神経が働きやすい身体は、痛風を起こしにくいと言われています。

日々のストレスは仕方ありませんが、上手く付き合い発散させることが大切です。趣味、興味のある事を日頃に取り入れ、リフレッシュできる性格、特性を身につけましょう。

そして、時には身体の力を向いて、手抜きするくらいのゆとりを持ちましょう。

まとめ

高尿酸血症は、生活習慣病の一種です。

自分の生活、自分の性格が自分を攻撃する結果になっている事を知っていますか?

今、その症状が無く人を笑っている自分が、将来同じような目に合っているかもしれません。

絶対にそうはならないと、予防対策をお願いします。
まずは、健康診断で異常が無いかを確認し、大丈夫でも、将来、頭を悩まさないように、生活習慣を振り返りましょう。

Sponsored Links