マテ茶 効果

 

 

マテ茶は、南米大陸(ブラジル・アルゼンチン・パラグアイなど)で多く飲まれているお茶です。
 

飲むサラダと言われているように、マテ茶には野菜類に含まれているフラボノイドが豊富に含まれています。
 

また、カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛、などの日本人に不足しがちなミネラルも豊富です。食物繊維も含まれているため便秘解消にも効果があります。
 

肉食が多いなあ~と感じている方にはぜひお勧めしたいお茶です。今回は、飲むサラダと言われているマテ茶についてご紹介しましょう。
 

Sponsored Links

マテ茶のダイエット効果について

南米大陸の方は、お肉を好んで食べますが野菜はあまり食べないことが多いです。それなのに、肥満や生活習慣病の発症率が特に高いと言うことはありません。
 

実はこの良い結果は、マテ茶を好んで飲んでいることがあげられます。
 

マテ茶にはダイエット効果が期待できる有効成分が豊富

  • ビタミン、ミネラルが豊富

ダイエットに必要なことは、代謝をあげることです。
 

代謝をあげるためには、ビタミンとミネラルが必要。マテ茶には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
 

  • 食物繊維が豊富

腸内環境を整えることが大事。
 

マテ茶には食物繊維も豊富に含まれています。このため、腸内環境が整い、ダイエット効果が期待できます。
 

  • ゲニポシド酸が含まれている

ゲニポシド酸は、コレステロールや脂質の吸収を抑制する働きがあり、内臓脂肪を減らす効果があります。
 

マテ茶には副作用はあるの?

マテ茶には副作用があるのでしょうか?マテ茶は薬ではないので、副作用というものはありません。
 

副作用はありませんが、飲み過ぎると副作用に似た症状が現れます。
 

マテ茶を飲み過ぎると起こる症状

  • 下痢
  • 胃痛

マテ茶に限らず飲み過ぎると身体になんらかの症状は出てきますね。
 

アレルギー反応がある方は飲用を控えよう

マテ茶が体質的に合わないと言う方もいます。なんらかのアレルギー症状が出た場合は、飲むことは控えましょう。
 

マテ茶を飲むとガンになるって本当?

マテ茶を飲むとガンになると言われていますが、それは本当でしょうか?
 

結論から言うと、マテ茶にはガンになる原因はありません。
 

マテ茶を飲んでいる地域の人にガンが多い理由

マテ茶を飲んでいる地域の人には、咽頭ガンや食道ガンの発症率が高いと言われています。
 

これは、マテ茶が原因しているのではなく、マテ茶の飲み方が原因しています。
 

  • ガンの発症率が高くなる飲み方って?

現地の人は、ボンビラと言う茶器を使って飲んでいます。この茶器に金属製のストローで熱いマテ茶をすすって飲みます。
 

熱いマテ茶が一気に口の中から喉を通り食道へと流れていきます。
 

熱いものが流れるので、喉や食道は炎症を起こします。それがガンを発症する原因になると言われています。
 

このことが原因で咽頭ガンや食道ガンになる可能性が出てきます。
 

  • どんな飲み方が有効?

マテ茶を高温では飲まないことが重要です。市販の飲み物や、ティーパックなら安心ですね。
 

マテ茶をアルコールと併用してはいけない

マテ茶をアルコールと一緒に飲むことで発がんの危険性が高くなります。発がんの危険性は3~7倍と言われています。
 

マテ茶をアルコールと一緒に飲むことは控えるようにしましょう。
 

マテ茶にはカフェインが含まれている?妊婦は大丈夫?

マテ茶にはカフェインが微量ですが含まれています。
 

マテ茶のカフェイン含有量は?

コーヒーの1/4
紅茶の1/3
 

のカフェインが含まれています。妊娠初期の方は、流産の危険性もありマテ茶を飲むことは注意が必要です。
 

妊娠初期の方、マテ茶を飲むときの注意点

  • 飲み過ぎには注意すること(薄めのマテ茶一日3杯まで)

 

まとめ

マテ茶は、「飲むサラダ」と言われているように野菜に含まれているフラボノイドが多く含まれています。
 

その他にもミネラルや食物繊維も含まれています。マテ茶を飲んでいる南米大陸の方は野菜をあまり摂りません。
 

それなのに肥満や生活習慣病の発症率は高くない理由は、マテ茶に含まれている成分のおかげです。
 

これらのことから、マテ茶がダイエットに効果があることがわかります。
 

ただ、妊娠初期の方はマテ茶を飲む場合注意が必要です。マテ茶には微量ですがカフェインが含まれています。
 

カフェインが気になる方はマテ茶の飲用を控えるようにしましょう。
 

しかし、リラックスしたいと思っている方は、薄めのマテ茶を一日2~3杯までなら飲んでも大丈夫です。
 

妊娠中の方は、カフェインが含まれているので飲み過ぎには注意が必要です。
 

Sponsored Links