卵アレルギー 症状 原因 治療方法

 

 

卵アレルギーは、小さなお子様に多くみられる反応です。原因としては乳幼児の頃は、消化器官が未熟で大人と比べると反応を起こしやすくなっています。
 

赤ちゃんの場合は、母親の母乳を介して卵アレルギー反応を起こす場合があります、湿疹が中々治らないことで、気がつきます。
 

今回は、小さなお子様に多くみられる卵アレルギーについて症状や原因また治療方法、薬についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

卵アレルギーの症状と原因

卵アレルギーはどんな症状が現れるのでしょうか?

  • 蕁麻疹
  • 痒み
  • 喉がイガイガする
  • 下痢
  • 嘔吐

赤ちゃんの皮膚に蕁麻疹や痒みがでている場合、卵アレルギーを疑ってみましょう。また、下痢や嘔吐の症状もあります。
 

卵アレルギーの症状には個人差があり、蕁麻疹や痒みがなくて突然、下痢やおう吐をするお子さんもいます。また、アレルギー反応の中には重篤なアレルギー反応もあるので注意が必要です。
 

重篤なアレルギー反応とは?

  • アナフィラキシーショック症状

アナフィラキシーショックは、呼吸困難や血圧低下で起こる失神など命にかかわる症状が現れます。蕁麻疹が口の中にまで広がると危険です。すぐに病院にいき受診しましょう。
 

アナフィラキシーショックは心拍数の増加や顔面蒼白、発汗、呼吸困難、失神などの症状の特徴があります。こういった症状がある場合は、すぐに救急車を呼びましょう。
 

卵アレルギーの原因は?

卵アレルギーの原因は、原因食物が卵です。卵を除去することでアレルギー反応は起こりません。
 

  • 赤ちゃんの卵アレルギー

赤ちゃんの場合は母親の母乳が原因している可能性があります。母親が卵を除去して赤ちゃんの反応をみてみましょう。
 

  • 離乳食で卵を食べさせたら蕁麻疹がでた

離乳食で卵を食べさせると、皮膚に蕁麻疹や痒みがでた場合卵が原因しているかもしれません。
 

同じ卵でも黄身と白身ではアレルギーの強さが違います。また、加熱した卵と生卵でも違います。卵は白身と生卵に強いアレルギー反応がでてきます。
 

卵アレルギーの治療方法

子供に卵アレルギーがあると治療方法も気になりますね。
 

卵アレルギーの3つの治療方法について

 
1・卵を除去する
2・経口免疫療法
3・経口負荷テスト
 

  • 卵を除去する

まず卵を完全除去する方法があります。赤ちゃんの場合は、母親からの母乳が原因するので母親も卵を完全除去しましょう。
 

  • 経口免疫療法

次に経口免疫療法があります。経口免疫療法とは、卵を少しずつ食べさせてどれくらいまでならに反応しないかをみていく治療です。
 

この方法は、消化機能の成長を待ち、機能が成熟してきたら始める方法です。卵の加熱時間やg数など、きちんと決められた量を毎日少しずつ食べさせて様子をみます。
 

少しずつ増やしていき、目標1個の卵を食べられるまでに免疫をつけていく方法です。
 

この方法は、とても根気のいる方法ですが、卵アレルギーを克服する可能性が高いため期待が持てます。
 

自己判断で行うと、重篤なアレルギー反応を起こす危険があります。必ずアレルギー科の先生と相談しながら行うようにしましょう。
 

  • 経口負荷テスト

医師のもと、卵を決められた量食べて観察します。入院か半日入院で行います。遅延型のお子さんの場合は1泊2日の入院になります。
 

医師のもとで行うため、危険性がなく、どれくらい食べられるかを知るためにもとても有効なテストです。
 

卵アレルギーに危険な薬ってあるの?

卵アレルギーになると、心配なのがです。
 

予防注射ってできるの?

  • 麻しん・風しんワクチン

このワクチンには鶏卵の成分が含まれています。しかし、卵アレルギーのあるお子さんでも殆ど問題なく摂取可能です。
 

  • おたふく風邪ワクチン

卵アレルギーのお子さんでも問題なく摂取可能です。
 

  • インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンには作る過程で卵の成分が微量ですが入っています。摂取に注意が必要な場合があります。
 

1:卵の特異的IgEが5-6以上
2:アナフィラキシーショックを起こした
 

以上に該当するお子さんは皮膚テストを受けてから摂取判断をしてください。
 

卵アレルギーの子供が危険な薬

卵アレルギーの子供は「リゾチーム塩酸塩」が含まれている薬が禁忌となっています。この成分は、卵白から抽出したタンパク質です。
 

代表的な処方薬

  • ノイチーム
  • アクディーム
  • レフトーゼ

これらの処方薬には「卵白アレルギーの人は使用禁忌」と書かれています。
 

市販薬にも含まれているのでより注意が必要です

  • アネトン
  • カイゲン
  • コンタック
  • コルゲン

など、リゾチームが含まれている市販薬だけでも83件がヒットします。
 

購入する際は、薬局の薬剤師さんに卵アレルギーがあることを伝え服用しても大丈夫か必ず尋ねてください。
 

まとめ

卵アレルギーは乳幼児に多く反応するアレルギーです。大人になると消化機能が発達するため、殆ど卵アレルギーは残りません。
 

治療方法は、完全除去と経口免疫療法と経口負荷テストがあります。卵アレルギーに危険なお薬は、市販薬にも多く含まれているので必ず医師または薬剤師に相談してください。
 

また、インフルエンザワクチンを行う際は皮膚テストを行ってから摂取しましょう。
 

Sponsored Links