カモミールティー 効果

 

 

カモミールとは、白い可愛い花を咲かせるキク科の一種で、女性に大変人気のあるお茶です。
 

歴史は古く約4000年も昔から飲み続けられています。別名「大地のリンゴ」と呼ばれ、薬草として古代人の心や身体を癒し支えてきました。
 

カモミールティーはアップルティーに似た味がしますが、ハーブティーなので紅茶をイメージして飲むと大変薄く感じます。
 

今回は、女性の味方のカモミールティーについてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

カモミールティーの効果

カモミールティーにはどんな効果があるのでしょうか?
 

女性の味方カモミールティーの5つの効果

1・リラックス効果
2・安眠効果
3・美肌効果
4・冷え改善効果
5・ダイエット効果

 

以上の5つの効果があります。
 

カモミールティーを飲む

リラックス効果で自律神経が整う

自律神経が整いぐっすり眠れる

質の良い睡眠で美肌効果アップ、冷えを改善

冷え改善で代謝がアップ

代謝があがりダイエットができる

 

カモミールティーには、ダイエットに有効な成分は含まれていません。
 

しかし、冷えを改善することで代謝があがるためダイエットにも効果があります。
 

カモミールティーがダイエット効果に期待できるのは何故?

前述したように、カモミールティーにはダイエットに直接作用する成分は含まれていません。
 

しかし、冷えを改善することができるため、代謝をあげることができるのでダイエットに有効です。
 

その他にもカモミールティーのリラックス効果がダイエットに期待できます。
 

カモミールティーのリラックス効果がダイエットに有効

カモミールティーの最大の効果はリラックスです。ダイエット中は、食事制限でストレスが貯まります。
 

このストレスを緩和してくれるのがカモミールティーです。
 

ダイエット中に、カモミールティーを飲むと心身が落ち着き、空腹感を抑えてくれます。
 

また、ストレスから食べ過ぎが気になる方もカモミールティーを飲むことでストレス太りから回避することができます。
 

カモミールに含まれる「カマメロサイド」成分

この成分には糖化を予防、防止する効能があります。
 

糖化→健康や美容に悪影響を及ぼす状態
 

カマメロサイドは、糖化を防いでくれます。甘い物を食べるとき、カモミールティーを一緒に飲むことで糖化を防いでくれます。
 

カフェインレスのカモミールティーは妊娠中や授乳中には飲んでも大丈夫?

カモミールティーはカフェインが含まれていません。
 

カフェインが含まれていないから、妊娠中カモミールティーを飲んでも大丈夫と思っている方は多いと思います。
 

実は、カモミールティーには子宮の収縮を促す作用があるので注意が必要です。
 

妊娠初期~中期はカモミールティーを飲むのは控えましょう

子宮の収縮を促す作用があるため
 

授乳中は飲んでも大丈夫?

育児は大変忙しく、イライラが蓄積されていきます。
 

カモミールティーにはリラックス作用があるので、授乳中に飲んで心身をリラックスさせましょう。
 

また、カモミールティーは母乳の分泌を促す作用もあるので安心して飲んでください。
 

カモミールティーには副作用ってあるの?

カモミールティーはお薬ではないので、副作用と言うものはありません。
 

しかし、稀に植物に反応する方がいます。そう言う方は飲むのを控えるようにしましょう。
 

植物アレルギーのある方は飲むのを控えよう

  • ヨモギ
  • ブタクサ

以上のアレルゲンがある方は、アレルギー反応を起こす可能性があるので注意してください。
 

また、重症の花粉症の方もカモミールティーを飲むときは注意をしてください。
 

まとめ

カモミールティーにはリラックス効果があります。心身ともにリラックスすることは、健康だけでなく美容にもダイエットにも効果的です。
 

カモミールティーはノンカフェインなので、妊娠中に飲んでも大丈夫と思っている方もいますがカモミールティーは子宮収縮作用があるため、妊娠初期から中期は飲むことを控えた方がいいでしょう。
 

また、授乳中は母乳の分泌を促したり、リラックス効果もあるので飲んでも大丈夫です。カモミールは植物なので、お薬のような副作用はありません。
 

しかし、植物アレルギーがある方はアレルギー反応を起こす可能性があります。ヨモギやブタクサなのでアレルゲンがある方は飲むのを控えるようにしてください。
 

ストレス社会の現代には、カモミールティーは女性の味方です。休憩中や寝る前に、カモミールティーを飲んでほっと一息してみませんか?
 

Sponsored Links