妊婦の溶連菌

 

 

溶連菌は、大きくわけて2種類あります。
 

溶連菌の殆どは、A群溶血性レンサ球菌です。これは主に人間の咽頭部や皮膚に生息しています。B群の溶連菌は腸や便の中に普通にいる雑菌です。膣内に入りこみやすく普段はとくに悪さをすることはありません。
 

ただ保菌している妊婦さんは気をつけなくてはいけません。何故なら、妊娠中に膣が感染してしまうと、産まれてくる赤ちゃんに悪影響があります。このため、妊婦さんは妊娠後期に検査をすることがとても大切です。
 

今回は、妊婦が感染する溶連菌についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

溶連菌にはA型とB型がある・二つの感染と原因

殆どの溶連菌は、A型です。
 

A群溶血性レンサ球菌といいます。主に咽頭部や皮膚に感染しやすく、喉の痛みや腫れ・発熱・湿疹などの症状が出ます。感染者がクシャミや咳をすることで起こる飛沫感染が主な原因です。
 

B型は、B群溶血性レンサ球菌(B群溶連菌)といいます。
 

腸や便の中に普通に生息している雑菌です。悪さはしませんが、妊娠すると注意しなくてはいけない菌です。この菌は、膣内に入りこみやすいのが特徴です。
 

B群溶血性レンサ球菌は、性感染症だという方もいますが、それは全くの間違いです。誰でも普通に保有している悪さをしない菌です。
 

妊婦は臨月のころになるとさらに抵抗力が弱るので膣内にB群溶血性レンサ球菌が感染してしまいます。
 

B群溶連菌(GBS)・妊婦の症状と感染の原因

妊婦の症状は?

症状は殆どありません。普通に胎内に生息しているので妊婦に悪さをすることはありません。
 

原因は?

ばい菌は、抵抗力が弱っている人に繁殖しやすいです。臨月近くなると妊婦は抵抗力が弱ってきます。このため、消化器官や便中にいる溶連菌が膣内に入り込み感染します。
 

感染は、抵抗力が弱っているからなので臨月に入っている方は誰でも感染する可能性があるので必ず検査をしましょう。
 

B群溶連菌(GBS)・臨月の妊婦が感染すると危険?

B群溶連菌が危険と言うのは、出産するときだけです。
 

出産が赤ちゃんに危険な理由とは?

  • 出産のときに、産道が感染していると溶連菌が赤ちゃんに感染してしまう可能性があります。

赤ちゃんに感染するとどうなるの?

  • 新生児GBS感染症にかかってしまいます。

呼吸困難、髄膜炎、肺炎などの重大な病気になる可能性があります。
 

妊婦が臨月に入ると検査をするのは何故?

妊婦は臨月のころにB群溶連菌の検査をします。
 

何故検査をするの?

  • 胎内感染をしていると、卵膜に炎症を起こし、前期破水や早産を引き起こす可能性があります。
  • 赤ちゃんが産道感染する危険性があります。

これを防ぐためにB群溶連菌の検査をします。
 

検査をして陽性だった場合どんな治療をするの?

  • 抗生剤を点滴しながら、出産にのぞみます。
  • 医師によっては、妊娠後期のころから抗生剤の服用を勧める人もいます。

臨月で陽性の結果がでてもきちんと感染予防をしながら出産すれば、母体にも赤ちゃんにも問題はありません。
 

大切なことは、妊娠後期に自分が感染しているのかいないのかを確かめることです。
 

まとめ

妊婦の方がB群連鎖菌を保菌していると、膣内に入って出産のとき赤ちゃんがに感染してしまう危険性があります。
 

赤ちゃんが感染すると、呼吸困難や髄膜炎、肺炎などの重大な病気になる可能性もあります。そのため、溶連菌を保菌しているかいないか検査をする必要があります。
 

検査の結果が陽性でも、心配することはありません。出産のとき、赤ちゃんに感染しないように、抗生剤を点滴しながら出産に臨みます。
 

そうすることで、赤ちゃんが感染するのを防ぐことができます。医師の指示に従い安心して出産に臨んでください。
 

以上、妊婦と溶連菌についてご紹介しました。
 

Sponsored Links