柿の葉茶 効能

 

 

アトピー性皮膚炎は、痒みを伴うアレルギー疾患の一つです。
 

原因ははっきりと特定されていませんが、遺伝性や食生活、生活習慣に原因があるのではと言われています。
 

柿の葉茶アトピー性皮膚炎や血圧に効果があると聞いたことはありませんか?アトピー性皮膚炎の辛い症状の一つに痒みがあります。
 

柿の葉茶は、この辛い痒みにも効果があります。何故効果があるのでしょうか?
 

今回は、柿の葉茶とアトピー性皮膚炎や血圧、妊婦が飲んでも大丈夫なのかをまとめてみました。
 

Sponsored Links

柿の葉茶のアトピー性皮膚炎に効く効能

柿の葉茶にはアトピーにどんな効能があるのでしょうか?
 

柿の葉茶がアトピー性皮膚炎に効く4つの効能

1・抗ヒスタミン作用
2・腸内環境を整える
3・血流促進
4・コラーゲンの生成を促す
 

以上の4つの効能があります。これらは全てアトピー性皮膚炎を改善していきます。
 

  • 抗ヒスタミン作用

抗ヒスタミン作用とは、痒みの成分を抑制する作用のことです。柿の葉茶には、ケンフェロールと言う成分が含まれています。
 

ケンフェロールには、抗ヒスタミン作用があるので痒みを抑えてくれます。
 

  • 腸内環境を整える

柿の葉茶に含まれている食物繊維が腸内環境を整え便秘を解消します。
 

腸内環境が整うことで肌のターンオーバーが正常になり、アトピー性皮膚炎を改善していきます。
 

  • 血流促進

柿の葉茶の栄養成分タンニンには、血流促進効果があります。
 

血流がよくなることで、肌への栄養を送ることがスムーズに行われ、肌のトラブルを改善してくれます。
 

  • コラーゲンの生成を促す

柿の葉茶には、ビタミンCが豊富に含まれています。
 

ビタミンCは熱に弱いのですが、柿の葉茶に含まれているビタミンCは、「プロビタミンC」です。
 

プロビタミンCって何?

プロビタミンCとは、ビタミンの前駆体です。身体の中に入ると確実にビタミンCに変換される優れものです。
 

ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、肌を活性化させアトピー性皮膚炎を改善させます。
 

柿の葉茶は高血圧予防になるの?

柿の葉茶には血圧を下げる成分が含まれています。
 

血圧を下げる成分とは?

  • タンニン
  • ルチン
  • カリウム

以上の成分が血圧を下げる作用があります。
 

  • タンニン→血圧を調整する
  • ルチン→毛細血管を強化する
  • カリウム→ナトリウムを減らし血圧を下げる
    • 以上のことから、柿の葉茶は高血圧予防にも効果があります。
       

      柿の葉茶は妊婦が飲んでも大丈夫?気になる副作用はあるの?

      柿の葉茶にはタンニンが含まれています。そのため、妊婦は飲んではいけないと言う方も中にはいらっしゃいます。
       

      でも?それって本当なのでしょうか?
       

      柿の葉茶に含まれているタンニンは妊婦に危険なの?メリットとデメリット

      ・タンニンのメリット

      タンニンには様々なメリットがあります。
       

      • 解毒作用
      • 抗菌作用
      • 脂肪吸収の抑制作用
      • 下痢止め
      • 消臭作用

      ・タンニンのデメリット

      タンニンを摂り過ぎるとデメリットもあります。
       

      • 便を固める
      • 鉄分の吸収を抑える
      • 胃酸を減少させる

      柿の葉茶は妊婦が飲んではいけません。と言われる方は、鉄分の吸収を抑える作用があるからだと思います。
       

      柿の葉茶には、タンニンが豊富に含まれていると言う方もいますが、実は柿の葉にはタンニンは豊富に含まれてはいません。
       

      タンニンが豊富に含まれているのは、柿の実です。タンニンの柿の葉茶含有量は、100g中約6%強~9%弱です。
       

      ほうじ茶が9.5%、煎茶が13%、ウーロン茶が12.5%と、他のお茶と比べても少ないことがわかります。
       

      柿の葉茶のタンニンの含有量は少ないですが、ビタミンCは豊富に含まれています。
       

      実は、ビタミンCはタンニンと逆で腸からの鉄分の吸収をよくする働きがあります。
       

      鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。以上のことから、妊婦が柿の葉を飲んではいけない。と言う意見は少し疑問に思いますね。
       

      現に、助産師さんで妊婦に柿の葉茶を勧めている方もいらっしゃいます。それに柿の葉茶はノンカフェインなので妊婦が飲んでも安心なお茶です。
       

      しかし、稀に柿の葉茶が体質的に合わない方もいます。そう言う方は、飲用を中止して様子をみましょう。
       

      柿の葉茶に副作用はあるの?

      柿の葉茶には副作用はありません。
       

      薬事日報社の健康食辞典にも過剰摂取による副作用の書き込みはありません。
       

      まとめ

      柿の葉茶には、ビタミンCが豊富に含まれています。そのため、アトピー性皮膚炎に効果があると言われています。
       

      また、抗ヒスタミン作用があるので、痒み成分を抑制してくれます。また、血圧をさげる作用もあるので高血圧予防にもなります。
       

      ノンカフェインなので妊婦も安心して飲むことができます。しかし、妊婦は飲まない方が良いと言う方も大勢いらっしゃいます。
       

      柿の葉茶を飲んだことがストレスになる方は、飲むことは控えた方がいいですね。
       

      アトピー性皮膚炎や高血圧を心配されている方は、毎日飲み続けることで効果がでてきます。
       

      Sponsored Links