溶連菌が大人に感染したらどんな症状になるのか疑問をもつ女性

 

 

溶連菌感染症は、主に学童期の子供に多く発症するイメージがありますね。しかし、大人にも感染します。
 

お子さんが、学校で溶連菌に感染したら、あなたも感染する可能性があります。
 

お子さんのクシャミや咳などの飛沫感染で感染するので、マスクや手洗いをすることが大切です。溶連菌に大人が感染したら、どんな症状があるのでしょうか?また、治療方法は子供と一緒なんでしょうか?
 

今回は、大人の溶連菌感染症の症状と治療方法についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

溶連菌は大人にも感染します。それってどんなときですか?

溶連菌は、バイ菌です。主に咽頭部で増殖することが多いですが、皮膚上にもいます。人のクシャミや咳などで空気中に漂い、飛沫感染をします。
 

子供が溶連菌感染症にかかったら、家族にももかかる可能性は高くなります。兄弟のいるご家庭は注意が必要です。
 

大人が感染するときってどんな時

  • 疲れがたまっているとき
  • 免疫力が低下しているとき
  • 寝不足が続くとき

など、身体が弱っているときに感染します。
 

溶連菌に大人が感染・どんな症状?

大人が感染するとどういった症状になるのでしょうか?

  • 喉の痛み
  • 発熱
  • 舌に赤いブツブツができる
  • 酷くなると、扁桃炎になる
  • 発疹がでる
  • 嘔吐下痢
  • 頭痛

などの症状がでます。
 

喉の痛みは酷くなると扁桃炎になる可能性があります。扁桃炎は扁桃に膿ができる病気で喉に激痛が伴います。
 

酷くならないために、早めに病院に行って処置をしてもらいましょう。
 

溶連菌に感染しても子供に比べて、大人は症状がでないことが多いですか?

大人は子供に比べて免疫力が高いです。そのため、溶連菌に感染しても、発症しないことが多いです。
 

免疫力が高いので発症はしませんが、身体に保有している可能性は高いです。発症をしても、風邪と同じ症状で溶連菌感染症と気づかない場合もあります。
 

子供さんが溶連菌感染症に感染して、風邪に似た軽い症状がでた場合、溶連菌に感染したと疑ってみるのもいいですね。
 

その場合は、病院で検査をして抗生剤を飲み切り、きちんと溶連菌を退治しましょう。
 

溶連菌に感染したときの治療方法は子供も大人も同じ?

溶連菌は、弱い菌です。そのため、処方された抗生剤を飲むと治ります。
 

溶連菌の治療方法は、大人も子供も同じように抗生剤を飲みます。
 

溶連菌の治療方法・症状が軽くなったら抗生剤は飲まなくてもいいの?

抗生剤は1週間から10日くらい出されます。飲み切るようにしてください。
 

抗生剤を飲むときの注意点ってありますか?

 

抗生剤を飲むと1日~2日くらいで症状は軽くなります。しかし症状が軽くなったからと抗生剤を飲むのをストップしてはいけません。
 

病院で処方された抗生剤を飲み切るようにしてください。きちんと飲み切ることで溶連菌を死滅させることが大切です。
 

抗生物質・治療方法で下痢になることがあります

溶連菌に効く抗生物質を飲むと、まれに下痢になる方がいます。普段から胃腸の弱い方に多くみられます。
 

抗生物質の副作用から下痢が続く場合は、体力も消耗するので早めに病院で診察をしてもらいましょう。または、整腸剤などを飲み様子をみましょう。
 

まとめ

大人が溶連菌に感染するのは、疲れているときや抵抗力が弱っているときです。子供さんが溶連菌に感染したとき、身体が弱っていると感染する可能性は高くなります。
 

喉の痛みや発熱など風邪に似た症状がある場合は、念のため病院で検査をしてみてください。抗生剤を飲むとすぐに症状は軽くなります。
 

症状が軽くなったからと言って、飲むのを止めないでください。医師の指示に従うようにしましょう。
 

以上、大人が溶連菌に感染したときの症状と治療の仕方をご紹介しました。
 

Sponsored Links