溶連菌に効く薬

 

 

溶連菌感染症は、子供がかかりやすい病気です。どこにでも住んでいる細菌です。
 

主に人間の咽頭部に多く存在しますが、皮膚の上にもいます。ケガをすると傷口から侵入する場合もあります。
 

溶連菌感染症の症状は、発熱・喉の痛み・いちご舌・発疹などがあります。辛い症状を少しでも軽くしたいですね。実は溶連菌には抗生剤がよくききます。
 

そこで今回は、溶連菌に効く薬についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

溶連菌感染症に効く薬の種類について

溶連菌感染症には抗生剤がよく効きます。飲み始めて1日~2日くらいで、症状が軽くなります。
 

薬の種類(抗生剤)

  • ペニシリン系
  • マクロライド系
  • セフェム系

溶連菌感染症には以上3つの抗生剤が効きます。
 

ペニシリン系

咽頭炎・気管支炎・中耳炎などにも処方されます。ペニシリン系抗生剤は、副作用やアレルギーがあるので注意しましょう。
 

副作用の主な症状

  • 下痢
  • 軽い下痢ならいいですが、水様便や血便などを排泄した場合は、医師に相談をしましょう。

  • だるさ
  • むくみ
  • 薬疹

アレルギー症状

  • 顔や口の周りに蕁麻疹
  • 呼吸器症状
  • アナフィラキシーショック

蕁麻疹がでた、息苦しさを伴う場合、病院にいって医師に相談してください。この場合、この場合ペニシリン系の薬の服用はできなくなります。
 

マクロライド系

ペニシリン系が使用できないときに出される抗生剤です。いろんな細菌に効く薬です(ブドウ球菌・溶連菌・百日咳菌・マイコプラズマ属)。
 

まれに、効かない場合があります。その場合は耐熱菌の可能性があります。飲んでも症状が改善されない場合は、医師に相談しましょう。
 

副作用の主な症状

  • 吐き気
  • 胃の傷み
  • 下痢

マクロライド系の抗生剤の注意点

  • 安定剤・心臓の薬と一緒に服用しないこと

不整脈がでる可能性があります。必ず、服用している薬を医師に伝えるようにしましょう。
 

セフェム系

ペニシリン系が使用できないときに出されます。よく耳にするフロモックスはセフェム系です。ブドウ球菌・溶連菌・耐性菌にも効果があります。
 

副作用の主な症状

  • 下痢
  • 薬疹

稀に、じん不全・大腸炎・血液障害など
 

溶連菌感染症の薬・抗生剤は子供と大人では違うの?

全く違います。
 

よく、子供が同じ症状だからと言って大人の抗生剤を半分飲ませたと言う話をききます。これは、絶対にしてはいけません。
 

同じ症状でも、まったく別の病気の場合もあったり大人の抗生剤は子供の抗生剤とは違うものだからです。
 

大人の抗生剤や子供に飲ませることは絶対にしてはいけません。
 

溶連菌感染症・抗生剤の飲み方について

医師に処方された抗生剤は、飲み切るようにしましょう。
 

それって何故?

抗生剤を飲むとすぐに症状は軽くなります。
 

軽くなったから、抗生剤を飲むのをやめると身体の中でいつまでも溶連菌が住みついて、合併症を起こす可能性があります。
 

溶連菌をきつんを全て死滅させるために、医師が出した量の抗生剤を飲み切るようにしましょう。最低でも1週間~10日は処方されます。
 

溶連菌感染症の薬・解熱鎮痛剤は子供と大人では違うの?

溶連菌感染症になると、喉の痛みや発熱で辛いですね。
 

抗生剤を飲んでも中々、治らない場合は解熱鎮痛剤を処方されます。これは、大人と子供では種類が全く違います。
 

大人の解熱鎮痛剤

よく耳にする、ロキソニンやボルタレンがなどを出されます。
 

解熱鎮痛剤の注意点

  • 病院にいくと、必ず胃薬も一緒に処方されます。

ロコソニンやボルタレンは、胃腸膜に障害をおこすことが多いです。必ず胃薬と一緒に飲みましょう。
 

  • 喘息・アレルギー

喘息がある方やアレルギーのある方は服用できません。一度アレルギーや喘息が起こった方は、必ず医師に伝えましょう。
 

子供の解熱鎮痛剤

子供の解熱鎮痛剤は、アレルギー等の障害が少ないです。使用される薬は、アセトアミノフェンです(カロナール・アンヒバなど)。
 

大量に飲み続けることはしてはいけません。守られた量を服用させてください。
 

溶連菌感染症・解熱鎮痛剤の飲み方について

解熱鎮痛剤は、熱や痛みがなくなったら飲むのを中止してもいいです。抗生剤と違って、対処療法にもちいるため原因がなくなると中止してください。
 

ただ、大人の薬を子供に飲ませることは絶対にしてはいけません。
 

ライ症候群に注意!

子供さんの場合、大人の解熱鎮痛剤を服用するとライ症候群を発症する可能性があります。
 

ライ症候群とは?
 

  • 急性脳症
  • 肝障害
  • 嘔吐・意識障害・痙攣

子供が使用する解熱剤は、必ず医師の指示の元飲ませるようにしましょう。
 

まとめ

溶連菌感染症には抗生剤が効きます。飲み始めてすぐに効果が出ますが、必ず医師が処方した抗生剤を飲み切るようにしましょう。
 

症状が治まったからと言って、飲むのをストップしてしまうと、溶連菌は死滅せずにいつまでも体内で生き続け、最悪の場合合併症を引き起こす可能性もあります。
 

また、大人と子供の抗生剤や解熱剤はまったく違うものです。
 

症状が一緒だからと大人の薬を飲ませることは危険です。必ず、医師が処方した薬を飲むようにしてください。
 

以上、溶連菌と薬についてご紹介しました。
 

Sponsored Links