溶連菌に感染した場合保育園や学校にいつから行けるのか

 

 

溶連菌に感染したら、保育園や学校はお休みしなくてはいけません。
 

病院に行き、溶連菌感染症と診断されたら溶連菌に効く抗生剤を処方してもらいます。抗生剤を服用するとすぐに効果がでて、症状が改善されます。
 

症状が軽くなったから保育園や学校へ行かせてもいいのでしょうか?溶連菌感染症は、インフルエンザのように登園・登校する日にちが決まっていないので不安ですね。
 

そこで今回は、溶連菌に感染した場合いつから登園・登校していいのかご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

溶連菌感染症・第三種「学校伝染病」です。

溶連菌に感染すると、2日~5日の潜伏期間を経て発症します。喉の痛みや発熱、発疹などの症状がある場合は、病院で診察してもらいましょう。
 

溶連菌感染症は、インフルエンザのように出席停止期間が法的には定められていません。

第三種「学校伝染病」に分類されています。学校や園で流行すると、学校長や園長が学校医の意見を聞いて、措置がとれる疾患です。
 

つまり、条件によっては出席停止が必要とされる伝染病です。一般的には主治医と話し合って、登校・登園を決めることができます。
 

溶連菌感染症・学校や保育園、登校・登園できるのはいつ?

  • 溶連菌に効く抗生剤を服用して24時間後の登園・登校が可能

しかし、稀に抗生剤が効かないことがあります。その場合は、耐性菌の可能性もあるので、症状が改善されない場合は、再診をして別の抗生剤を処方してもらいましょう。
 

  • 子供の体調による

抗生剤を服用しても、子供の体調があまりよくない場合は休んだほうがいいでしょう。溶連菌感染症以外に別の病気の可能性もあります。
 

溶連菌感染症・幼稚園・学校で気をつけること

溶連菌感染症が流行していたら、マスクや手洗いうがいをこまめに行いましょう。溶連菌感染症は、飛沫感染や接触感染です。
 

溶連菌感染症・保育園に提出する種類はあるの?

保育園は集団生活なので、感染拡大を予防をするためにも確認作業はとても大切です。医師からの登園許可が重要になります。
 

そのために園によっては、溶連菌感染症になると提出しなくてはいけない書類があります。
 

園の方から連絡があるかもしれませんが、溶連菌感染症になった場合は、早めに園に連絡をして書類がいるかの確認をしておくと安心ですね。
 

保育園に提出する2種類の書類とは?

  • 登園許可証
  • 投薬依頼

登園許可証

園によっては、登園許可証を提出する必要があるところもあります。
 

溶連菌感染症が確認されたら、園に連絡を入れ、書類の提出が必要か確認しましょう。登園許可証は、医師に記入してもらいます。
 

投薬依頼書

溶連菌感染症は、最低でも抗生剤を5日ほど服用しなくてはいません。園が指定する書類に名前を記入して提出しましょう。(園によっては医師のサインがいるところもあります。)
 

医師が処方した抗生剤は飲み切ることがとても大切です。合併症を予防するためにも、園との連絡が大切です。
 

また、園によっては保護者がサインすれば診断書は必要ないところもあります。
 

まとめ

溶連菌が感染した場合、学校や保育園は抗生剤を服用して医師の指示のもと、24時間後には登校、登園できます。しかし、子供さんの体調があまりよくない場合は、休ませるようにしましょう。
 

園によっては、提出する書類のあるところもあります。提出書類が必要な場合は、医師に記入してもらい提出しましょう。
 

大切なことは、抗生剤は処方された分は全て服用することです。これは、合併症の予防にもなります。
 

溶連菌は弱い菌ですが感染力が強い菌です。合併症の予防の他にも感染拡大を防ぐためにも抗生剤はしっかりと飲みきりましょう。
 

Sponsored Links