溶連菌・子供の症状

 

 

溶連菌は、どこにでも普通に存在する細菌です。溶連菌に感染すると、ヒトからヒトへと飛沫感染や接触感染をします。
 

一年中存在する菌ですが、感染のピークは「冬」と「春から夏」です。冬は空気が乾燥するので喉が重症化します。
 

また春から夏は、ケガなどをして皮膚が感染して皮膚炎をおこしたりします。では、子供が溶連菌に感染するとどういった症状を起こすのでしょう?
 

今回は、子供が溶連菌に感染したときの症状について詳しくご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

溶連菌・子供の年齢をみると何歳が多い?それは何故?

溶連菌感染症は、3歳~15歳くらいが最も多く感染しています。
 

何故3歳~15歳くらいが最も多いのでしょうか?

溶連菌は、大変感染力が強いため集団生活をしている幼稚園児から学童期に一番多く感染します。免疫力も弱い年齢に多く感染します。
 

また、3歳児の場合は高熱になることは稀だといいます。しかし、稀に3歳以下でも感染することもあるらしいので、注意が必要です。
 

溶連菌・年に何度も子供が感染するのは何故?

子供が感染する溶連菌は主にA群β溶血性レンサ球菌です。約4~5種類存在します。
 

子供が一年の内で何度も溶連菌感染症になるのは、種類の違う溶連菌に感染するからです。
 

溶連菌感染症・子供の症状は?

個人差はありますが、以下の症状があります。
 

発熱

喉の痛み

嘔吐・咳・鼻水

発疹・イチゴ舌

 

感染すると、2日~5日の潜伏期間を経て発症します。
 

発熱がはじまり、風邪の症状に似ているので、医師に風邪だと言われる場合もありますが周りで溶連菌感染症が流行っていたら、医師にその旨伝えましょう。
 

溶連菌が感染するピークは「冬」と「春から夏」です。この季節で周りに溶連菌感染症が流行っている場合は注意しましょう。
 

子供に以下の症状がある場合、溶連菌感染症を疑ってみるのも大切ですね。
 

  • 38℃~39℃の発熱
  • 喉が赤い・痛がる
  • 嘔吐する
  • 発疹

 

アトピー性皮膚炎の症状があるお子さんの場合、皮膚炎が重症化する可能性があるので注意してください。
 

子供の症状・軽くなっても注意が必要

子供が溶連菌感染症と言われたら、医師から抗生剤を処方されます。抗生剤を服用すると、およそ1日で症状は軽くなります。
 

しかし、抗生剤の服用をストップするのは危険です。何故なら、溶連菌は死滅していません。そのために、医師から処方された抗生剤は飲み切るようにしましょう。
 

症状が改善したから薬を飲むのは止めてよいのは解熱剤や鎮痛剤などです。抗生剤は、きちんと飲み切ることが大事です。
 

再診をする

改善してしてから2~3週間後、再診をして尿検査をしてください。尿検査で完治をしているか診察をうけることが大切です。
 

溶連菌感染症に子供がかかったら、いつから登園・登校ができるの?

抗生剤を服用して24時間後には感染力も弱くなっているので、登園・登校ができます。
 

しかし、子供に元気がなったり、症状が改善されてない場合はゆっくり休ませるようにしてください。
 

まれに、抗生剤を服用しても改善されない場合があります。この場合は、服用している抗生剤が感染している溶連菌に合わない可能性もあります。
 

再診をして、その旨医師に伝えて医師の指示に従いましょう。
 

まとめ

子供が溶連菌に感染したら以下の症状がでます。
 

  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 嘔吐・咳・鼻水
  • 発疹・イチゴ舌

最初は風邪に似た症状がでます。しかし、周りで溶連菌感染症が流行っている場合は、溶連菌感染症に感染しているのを疑ってみましょう。
 

医師から抗生剤を出されたら飲み切るようにしてください。飲み切ることで、溶連菌はほぼ死滅します。
 

しかし、症状が改善されてから2~3週間後、再診をしてください。溶連菌が死滅せずに、溶連菌感染症が悪化して合併症(溶連菌急性糸球体腎炎など)を起こしている可能性もあります。
 

尿検査を行って完治の確認をすることも大切です。以上、溶連菌感染症の子供の症状についてご紹介しました。
 

Sponsored Links