爪水虫 お風呂

 

 

家族が爪水虫になると、うつされないかと心配します。とくに、小さなお子様や赤ちゃんにうつったらどうしようと悩んでしまいますね。
 

爪水虫は簡単にうつってしまうのでしょうか?赤ちゃんや子供と一緒に入浴しない方がいいのでしょうか?
 

そこで今回は、爪水虫はお風呂でうつるのか?赤ちゃんや子供は大丈夫なのかをご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

爪水虫はお風呂でうつるの?一緒に洗濯しても大丈夫?

結論から言いますと、爪水虫はお風呂ではうつりません。何故なら、爪水虫の原因菌(白癬菌)は水中では感染しません。
 

お風呂上りに注意が必要

前述したとおり、白癬菌は水中では感染しません。お風呂の洗い場の床に白癬菌が落ちたとしてもシャワーの水で洗い流されます。
 

しかし、爪水虫や水虫になっている人と同じバスマットを使っているとうつる可能性があります。
 

通常、白癬菌は皮膚に付着した24時間後、湿度95%になるとうつると言われています。また、抵抗力が弱っていたり、傷がある場合は感染する時間は短縮されます。
 

爪水虫になっている人とお風呂に入っても大丈夫ですが、バスマットやタオルを共有することは止めておきましょう。
 

爪水虫の人が使ったバスマットやタオルには白癬菌が付着しています。共有にすることで白癬菌が付着する可能性があります。
 

一緒に洗濯しても大丈夫?

爪水虫になっている靴下を一緒に洗濯しても大丈夫か気になりますね。前述の通り爪水虫の原因菌(白癬菌)は水中では感染しないので、一緒に洗濯しても大丈夫です。
 

ただ、一緒に洗濯してすぐに干さない場合はカビが繁殖する可能性はあります。洗った洗濯はすぐに干すようにしましょう。
 

爪水虫は赤ちゃんや子供にもうつるの?

爪水虫は、赤ちゃんや子供にもうつるのでしょうか?
 

爪水虫の原因菌(白癬菌)は誰にでもうつる菌です

赤ちゃんや子供にも感染します。しかし、あまり赤ちゃんや子供が感染したとは聞きません。何故なら、赤ちゃんや子供は常に清潔にしているからでしょう。
 

白癬菌は、皮膚に付着しても24時間、湿度95%になると感染すると言われています。赤ちゃんや子供は毎日お風呂に入り清潔にしているのであまり感染しないのではないでしょうか?
 

しかし、まれにうつってしまうこともあります。家族で爪水虫にかかっている人がいる場合は、赤ちゃんや子供の爪をよく観察しておきましょう。
 

また、爪水虫にかかっている人は、子供や赤ちゃんにうつさないためにも早めに治療をすることが大切です。
 

爪水虫にかかっている人が注意することって何?

爪水虫にかかると、他人にうつさないようにすることが大事です。子供や赤ちゃんにうつさないようにするためには、早めに治療して完治することが一番ですがその他にも家庭でできる注意点があります。
 

1・バスタオルやタオルは共有しない
2・家庭内では自分専用のスリッパをはく
3・手洗いをする
 

爪水虫の原因菌(白癬菌)は、皮膚に付着しても24時間以上たたないと感染はしません。抵抗力が弱っていたり、皮膚が弱くなっている場合は24時間たたなくても感染する場合はあります。
 

感染しないためには、爪水虫になっている人は原因菌をばらまかないことです。また常に清潔を保ち、感染している箇所を乾燥させておくことが大切です。
 

まとめ

爪水虫は感染すると赤ちゃんにも子供にもうつす可能性はあります。しかし、原因菌(白癬菌)は、皮膚に付着しても24時間後、湿度95%でないと感染はしません。
 

うつる可能性は低いですが、爪水虫になっている人は原因菌をばらまきないようにすることが重要です。入浴後のバスマットの共有は避けましょう。
 

また、毎日お風呂に入りこまめに靴下を替え、靴も同じ物を履かないようにして蒸れないように気をつけましょう。何より、爪が普通の人と違うと思ったら早めに皮膚科で受診をすることをお勧めします。
 

Sponsored Links