痛風何歳から平均年齢

高尿酸血症のイメージは、どのような印象がありますか?
 

脂ぎっしゅな男性、中高年の男性、接待ばかりの営業マン、メタボな人など、「おじさん」と言われる人たち病気だと思っていませんか?
 

そう思っていたのに、20代なのに、30代なのに「高尿酸血症」って診断を受けたと言う男性も多いのではないでしょうか?
 

また、最近では、アルコールを飲む女性、女性の社会進出による日常生活の変化や食の欧米化、ストレスなどが原因で、性別の垣根を越えた病気になりつつあります。
 

では、痛風と言う病気をもっと深く知っていきましょう。実は、年齢も性別も関係ない生活習慣病になっている時代なのです。
 

Sponsored Links

高尿酸血症とは?

日本人の約500万人が患うと言う高尿酸血症は、予備軍を含めるともっと多い人々が抱える国民病になっています。
 

食の欧米化、偏食傾向、不規則な食事時間や夜遅い食事、昔は贅沢と言われた食が簡単に食べられる時代にもなり、社会的ストレスによる暴飲や暴食、アルコールや嗜好品の蔓延、過重な労働で休息が出来ない社会環境が原因と言われています。
 

この他にも、遺伝や環境要因と言った、似た生活習慣を送るお父さんやお母さんの影響、育った環境や育った食習慣がもたらす高尿酸血症もあります。
 

高尿酸血症の原因は?年齢が関係なくなった理由が追求できます!!

食べすぎ、飲みすぎ、運動不足などによる肥満やメタボは高尿酸血症の要因と言われています。
 

 
若くても、女性でも、営業マンや接待を日常とする男性、女性は、夜遅くの食事や高カロリー、高脂肪の食事を補くされることがあります。
 

男性でも、女性でも仕事後の晩酌が日常化している人もいます。日々のストレスから解放される為に、仕事後の暴飲暴食に歯止めが効かない人たちもいます。
 

ですが、身体を動かす体力的余裕も、精神的ゆとりもなく食べて、寝て動かない、動けない生活をしている人もいます。
 

このように、社会的変化により高尿酸血症は、年齢問わず、性別問わず患者数が増加しています。
 

メタボと高尿酸血症の関連は?

脂肪が身体に付きすぎると、中性脂肪が増加し、尿酸を産生し易くなるという研究結果が出ています。
 

メタボさんは、自分で尿酸を作りやすくしてしまっているのです。そして、メタボさんは、糖尿病や糖尿病予備軍が多くいます。
 

血糖を安定化させる為にインスリンを出しますが、その量が多くなればなるほど、身体に脂肪が付きやすくなります。
 

その結果、身体に付いた志望のおかげで、尿酸の代謝も低下し、尿酸を排泄しにくくなる、尿酸が溜まりやすくなるのです。
 

また、糖尿病は腎機能を低下させます。
 

腎機能の低下は、尿酸の排泄口は、腎臓を通り、尿管を通り、尿として排泄される為、その排泄障害をもたらし尿酸を身体に溜めこむようになります。
 

よって、糖尿病による腎機能低下も、高尿酸血症を悪化させる要因となるのです。
 

と言う事は、生活習慣病全ては、それらに関連し、それらの上手なコントロールが他の生活習慣病を予防、阻止することに通ながるのです。
 

女性の場合は閉経後が要注意!!

女性ホルモンは、尿酸の排せつを助ける役割があります。よって、月経のある女性は痛風になりにくいと言われています。
 

しかし、閉経するとその女性ホルモンの働きを得られにくくなり、逆に排泄されにくい尿酸のおかげで痛風になりやすくなると言われています。
 

高尿酸血症の再発と予防

高尿酸血症の診断は、尿酸値7.0mg/dlをもって境となります。
 

一度痛風発作を起こすと、一年以内に再発作を起こすと言われ、その尿酸値のコントロールが必要と言われています。
 

足の親指の付け根の炎症、足の甲や足の関節、アキレス腱の炎症から歩行障害、激痛による可動障害で日常生活に支障をもたらします。
 

暴飲暴食をした翌朝、アルコールを多飲した翌日、ストレスや過労の強いられた後など、夜間に代謝された尿酸の蓄積から症状を呈する事が多いと言われています。
 

その症状、大体1週間程度で緩和されると言われていますが、きちんと対処していないと再発作は約束されます。
 

Sponsored Links

予防をして再発作を防ごう!!

案外大切なことは、ストレスを溜めずに規則正しい生活を送ることです。身体を休め、肝機能や腎機能を低下させないことが大切です。
 

そこに結びつくことは、アルコールの制限と、バランス良い食事、運動の推奨です。
 

1.アルコール:一日20g以下にしましょう。

瓶ビール中を1本、焼酎2/3合、日本酒1合程度に抑えましょう。
 

接待や付き合いでも、一杯目はお酒にしておいて、二杯目からはウーロン茶にしておきましょう。
 

2.バランス良い食事:プリン体制限、適正なカロリー、菜食を心掛けましょう。

プリン体は、鶏、豚、牛のレバー、もつ、ホルモン、煮干し、干物などに多いと言われています。
 

カロリーは、体重Kg×25Kcal~30Kcalに留めましょう。また、暴飲暴食した後は、摂取カロリーを減らし均衡が保てるよう調整しましょう。
 

また、酸性を中和させるアルカリ性食材である葉物野菜、緑黄色野菜、海藻を多く摂るようにしましょう。
 

3.運動の推奨:軽い運動で汗とストレスを流しましょう。

一日30分程度の有酸素運動が痛風予防に関わると言われています。毎日は難しくても、週に3回程度実践することで発作リスクを下げられます。
 

無酸素運動である筋トレは、乳酸を溜めて尿酸の排せつを阻害するため勧められません。
 

ウォーキング、ジョギング、スイミング等の有酸素運動を緩やかにストレスにならないは似で行いましょう。
 

まとめ

高尿酸血症の原因が、ストレスや過労からくるものと分かり、実は、年齢性別に関係ないことが分かってきています。
 

「あの上司痛風だって!!」と笑っている貴方も、痛風予備軍かもしれません。
 

突如訪れる足の激痛、歩行障害に見舞われない為にも、自己の生活習慣の見直し時期が来ているのかもしれません。

 

Sponsored Links