青汁痛風への効果

食生活の欧米化、食習慣の変化、偏食やバランスの悪い食事、インスタント食品や加工食品の多様化により、日本人の食は大きく変わっています。
 

その為か、そうではないのか、日本人の高尿酸血症患者数は、多くなっています。
 

それも、これまで高級志向の高所得者層に多かった高尿酸血症が、若者、女性にまでも増えている現状があります。
 

では、どのようにこの痛風に対して対策すべきでしょうか?実は、青汁を飲むことでその危険性を低下させることができると分かっています。
 

痛風と青汁の関係についてリサーチします。
 

Sponsored Links

痛風基礎知識

痛風について正しく理解することで痛風にならない努力をしましょう。
 

1.尿酸値と痛風

尿酸は、人間がプリン体を摂取するとその解毒、消化の為に肝臓に送られ、その分解を持って発生させられる老廃物です。
 

一日700mgの尿酸が代謝産物として生産され、通常であれば、尿、汗、呼吸、皮膚等から排泄されます。
 

しかし、尿酸を過剰に賛成してしまう体質、尿酸を排泄しにくい体質の人の身体には蓄積し易いと言われ、血液中に7.0mg/dl以上の尿酸が溜まると、高尿酸血症、痛風発作を起こすと言われています。
 

2.症状は?

尿酸が結晶となり、関節や臓器に蓄積することで痛みや機能低下を引き起こします。
 

足の指、骨と骨との間、筋繊維などに沈着し、関節炎を引き起こし、激痛、歩行障害、日常生活に支障をきたすようになります。
 

腎臓や尿管に沈着すると、腎結石や尿管結石を引き起こし、排泄障害、機能障害を引き起こします。
 

ついには腎不全にまで至らしめます。そんな患者さんは、人工透析をしなければならなくもなり、避けたいところです。
 

3.治療は?

生活習慣の是正と内服薬を持って治療します。
 

尿酸をためやすい人に対する薬物療法、尿酸を作りやすい人に対する薬物療法、両素因を持つ人には薬剤の併用を持って治療を行います。
 

また、関節炎や臓器障害による治療には、炎症を抑える為の非ステロイド性の消炎鎮痛薬を使用します。
 

そして、大切なことは生活習慣の是正です。食生活を改め、軽い運動療法、生活リズムの改善を図り、ストレスを溜めこまないよう指導を受けるでしょう。
 

過剰なカロリーを適正カロリーに改め、メタボや肥満を治療する事から始めます。そして、尿酸を排泄し易いよう、有酸素運動で軽く汗を流す生活を取り入れます。
 

また、イライラしない、過労とならないこと、趣味や自由時間を持つことでストレスをためないよう注意しながら治療を進めます。
 

食事療法で気になるころ。痛風にならない為の栄養

なにより、プリン体を一日400mg以下にする。

アルコールを一日20g以下にする。

動物性食材を控える。

食物繊維をしっかりととる。

アルカリ性食材をしっかりととる。

水分をしっかりととる。

これらに注意した生活が必要です。

※プリン体が多い食事:鶏のレバー、煮干し、アンコウの肝、白子、いくらなど
※プリン体が少ない食事:豚バラ、牛肩ロース、海藻、昆布、イカ、納豆、グレープフルーツ、緑黄色野菜、穀物、小麦製品、お米など
※アルコール20gの見極め
日本酒1合、ビール中瓶1本、焼酎一合の2/3、ワイン180ml程度
※アルカリ性食材
キャベツ、海藻、白菜、トマト、小松菜、ピーマン、サツマイモ、サトイモ、昆布、みかん、グレープフルーツなど

Sponsored Links

青汁で痛風を良くする理由

先にも述べたように、アルカリ性食材を多く摂る、食物繊維を多く摂る事に重点を置くと、青汁はとても有効な方法でしょう。
 

青汁に含まれる青菜野菜は、アルカリ性が強く、酸化している身体を中和してくれる事が期待できます。
 

ですが、ここで注意したい事があります。全ての青汁が良いというわけではありません。
 

プリン体を多く含む成分を使っている青汁は、むしろ痛風を悪化させてしまう事があるのです。
 

野菜にはプリン体が少ないと言われていますが、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれんそう、きのこ類にはプリン体が多いと言われています。
 

青汁には、きっとほうれんそうを使われることが多いと思われます。
 

それを全て摂らないことは食のバランスの偏りに繋がる為良くはありませんが、これらを摂りすぎることにも注意が必要です。
 

青汁には、カリウムを多く含み尿として尿酸を排泄させやすい効果や、アルカリ性食材が摂れて酸化した身体を中和する作用、食物繊維の作用により老廃物の排泄を促せる効果があります。

 
まや、血圧を低下させ、動脈硬化や血液の質の悪化を予防する効果が期待できるため、痛風、高尿酸血症を緩和する事が出来ます。
 

そして、野菜や果物を摂れる青汁は、ビタミンが多く含まれます。抗酸化作用があり、酸化した身体をアルカリ性、中性に戻します。
 

ビタミンには抗ストレス作用があり、ストレスに強い身体を作りだします。このように、青汁を摂ることで痛風回避の多くの手があるわけです。
 

まとめ

あれもダメ、これもダメと言われれば、食自体に嫌気がさします。自分が好きな食材を見つけて身体の酸化を阻止する事が大切です。
 

「まずい!!一杯」という青汁のCMがありましたが、今は飲みやすい青汁商品も増えています。
 

また、自分で食材選択をしながら、ミキサーを使って自分で青汁をカスタマイズしてみても良いかもしれません。
 

案外、どんな食べ物が身体に良いのか、そして、自分がその中でも好きなものがどれかを探すことは楽しくなっていきます。
 

本当のところ、青汁は昔と比べて本当に飲みやすくなっています。
 

是非、尿酸値低下の為に「まずい!!一杯」をどれにするか試してみてください。

 

Sponsored Links