皮膚炎 原因 症状

 

 

皮膚炎は、主に発疹や痒みを伴う皮膚が炎症を起こすものです。誰でも一度は経験があるのではないでしょうか?
 

人間の身体には異物や刺激に対する防御反応があります。その防御反応が過剰に反応すると、皮膚炎となって現れます。アレルギー性の皮膚炎などは、過剰に反応する皮膚炎です。
 

また、皮膚のバリア機能が低下して起こる皮膚炎もあります。これは体調不良などで免疫力が低下しているときに起こりやすい皮膚炎です。
 

今回は、皮膚炎の原因と症状についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

皮膚炎が起こる原因って何?

皮膚炎が起こる原因は大きくわけて2つあります。
 

1・皮膚炎が起こる原因は外からの刺激(外的因子)
 

接触することで起きる皮膚炎です。化学物質・花粉・ダニ・細菌・塵埃・紫外線・化粧品・毛虫・摩擦など。
 

女性の方なら化粧品にかぶれてしまったという経験はありませんか?またゴム手袋などで荒れてしまうという方もいますね。
 

これは、皮膚が化粧品やゴム手袋の成分に過剰に反応して起こる皮膚炎です。
 

2・内的因子
 

内的因子とは、身体内部の要因のことです。アレルギー体質・乾燥肌・発汗や皮膚分泌の異常などで皮膚炎を起こします
 

内定因子にはアトピー性皮膚炎などがあります。アトピー性皮膚炎の方は、ハウスダストなどの外的因子でも過剰に反応します。
 

つまり皮膚炎は、外的因子と内的因子が混ざり合っていて、どこに原因があるの特定できこともあります。
 

皮膚炎のタイプ別症状

皮膚炎にはいくつかのタイプがあります。タイプ別の症状についてご紹介しましょう。
 

1:原因が特定できない皮膚炎(接触皮膚炎)
2:アトピー性皮膚炎
3:脂漏性皮膚炎

 

大きくわけてこの3つのタイプがあります。
 

原因が特定できない皮膚炎

何かに触って起こる皮膚炎です。触ったものが何なのか特定できず原因がわからないことが多いです。
 

とにかく痒く、かきむしってしまうため二次被害が多い皮膚炎です。発疹だけでおさまる場合もありますが、酷くなると水泡ができてしまうこともあります。
 

最初は接触した箇所だけが痒かったり発疹がでたりしますが、かきむしったりすることで広がっていくのが特徴です。
 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、全体に発疹はでません。乳児→顔・頭皮などに現れる。酷くなると黄汁がでてくる。非常に痒がります。
 

学童期→部分的に発疹がある。消えてはまた現れるを繰り返します。
 

アトピー性皮膚炎は、強い痒みを伴います。アトピー性皮膚炎になると、強い痒みのためかきむしってしまいます。
 

そのため傷口から細菌が入り二次被害になる可能性が高いです。まずは、かかないこと、清潔にしておくことが大切です。
 

脂漏性皮膚炎

顔や頭皮に起こる皮膚炎です。適切な処置をしないでいると、慢性化してしまう可能性があります。皮膚が赤くただれ痒みを伴います。
 

新生児から3ケ月ころの赤ちゃんに多く起こりますが、赤ちゃんの場合は自然に治っていきます。成人がかかると慢性化することがあるので早めに対処しましょう。
 

慢性化すると加齢臭のような臭いがしてきて不快になるので注意しましょう。
 

皮膚炎になったら気をつけること

皮膚炎の痒みは痛みよりも我慢できないと言う方もいます。皮膚炎になったら気をつけたいことは何でしょう?
 

  • かきむしらない
  • ストレスをためない
  • 我慢せずに皮膚科に行く
  • 清潔にする(手洗いは必須です)

以上のことに気をつけましょう。
 

かきむしらない

皮膚炎は非常に痒い症状がでてきます。小さなお子様は痒くてかきむしってしまいます。痒みをとってあげることが大事です。
 

冷たいタオルを患部に当てる。痒くなったらかくのではなく、叩くなどをしてあげましょう。
 

ストレスをためない

ストレスは、皮膚炎や痒みを増殖させます。ストレスをためることで、免疫力が低下してしまいます。
 

免疫力を低下させないためにもストレスをためない生活に心がけましょう。
 

我慢せずに皮膚科に行く

皮膚炎が酷くなると、かきむしるため発疹が広がり、そこから二次被害が起こってしまいます。発疹が酷くなると自分では対処できなくなってしまいます。
 

発疹が酷くならない内に皮膚科に行って、適切な処置をしてもらいましょう。まずは痒みをとることが大事です。
 

清潔にする

小さなお子様がアトピー性皮膚炎になってしまうと、痒みでどうしてもかきむしってしまいます。親御さんは大変ですが、なるべくかかないように見守ってあげましょう。
 

患部をかいて化膿することもあります。アトピー性皮膚炎は内的因子と外的因子が重なってしまう可能性があります。
 

外的因子をなるべく除外して清潔を保ち、医師が処方するステロイド軟こうなどを上手につかいながら保湿をしてあげることが大切です。
 

軽い皮膚炎は市販のかゆみ止めなどで対処できますが、酷くなると慢性化することもあります。
 

我慢できない痒みや、発疹が広がるなどの症状がある場合は、早めに医師に相談することをお勧めします。
 

まとめ

皮膚炎の一番の症状は強い痒みです。小さなお子様は痒みを我慢できなくなってかきむしってしまうことが多々あります。
 

手が汚れていた場合、かきむしった箇所へ細菌が入る可能性もあり注意が必要です。手洗いは必ず実行しましょう。
 

皮膚炎になる原因は、外からの刺激とアトピー性皮膚炎などの内からくるものです。この二つが重なり皮膚炎になることもあります。
 

症状が酷くなると慢性化することがあるので、早めに対処することが大切です。
 

  • かきむしらない
  • ストレスをためない
  • 我慢せずに皮膚科に行く
  • 清潔にする(手洗いは必須です)

以上のことに注意しながら対処しましょう。痒みは痛みよりも辛いという方もいます。慢性化しないために早めに対処をしましょう。
 

Sponsored Links