糖尿病ケトン

 

糖尿病といえば血糖値の上昇ですね。
 

糖質や高脂肪食を控えた食事制限や適度な運動などを生活に取り入れて、血糖値が上がらないように気を付けることが治療の基本になります。
 

この血糖値以外にも、糖尿病の指標になる値があること、知っていましたか?
 

それは血中ケトン体です。
 

「ケトン体ってなあに?糖尿病とどういう関係があるの?」という人も多いのではないでしょうか。
 

では、糖尿病と血中ケトン体について調べてみましょう。
 

Sponsored Links

ケトン体とは?

 
ケトン体とは、肝臓で脂肪を分解したときに発生する老廃物です。
 

アセト酢酸アセトン3-ヒドロキシ酪酸の3種類があります。
 

生成したケトン体は通常は体内で再び代謝されるため、尿中に検出されることはありません。
 

インスリンのはたらきは、食事から摂取した糖分を体中の細胞に分配して活動のエネルギーにしたり、余分な糖分を脂肪に変えて筋肉や肝臓に貯えることです。
 

これには、血液中の糖分が増えすぎないように調節するはたらきもあるのです。
 

糖尿病では、充分なインスリンが分泌されなかったり、インスリンのはたらきが悪くなるためブドウ糖が体の細胞に十分に届かなくなり、細胞は栄養不足に陥ります。
 

このため、筋肉など体に貯えてある脂肪を肝臓で大量に分解してエネルギーとして使います。
 

このときにケトン体が大量に発生し、血液中に蓄積していきます。
 

尿中にも検出されるようになると、「ケトン体(+)陽性」となるわけです。
 

ケトン体は酸性なので、血液中に検出されるようになると血液のpHも酸性に傾きます。
 

血中ケトン体が(+)陽性になると、どうなるの?

 

血中ケトン体が増えて血液が酸性に傾いた状態を「ケトアシドーシス」といいⅠ型糖尿病で多く発生しますが、最近では清涼飲料水を多飲するⅡ型糖尿病でも見られ、「ペットボトル症候群」とも呼ばれています。
 

ケトアシドーシスの症状

ケトアシドーシスは、インスリンのはたらきが悪くなることで起こります
高血糖になると、身体は余分な糖を排出しようとするために多尿になり、このために脱水症状も誘発します。脱水やアシドーシスは、さらに低血圧や頻脈も招きます。
 
高血糖
多尿
吐き気や嘔吐
めまい、頻脈
異常な眠気、だるさ
腹痛
脱水症状
速く、深い呼吸(クルマウル呼吸)
吐いた息にはアセトンが含まれているため、果物のようなにおいがします。
 
さらに重症になると、
昏睡状態、意識障害
が起こります。
 

非常に危険な状態です。

 
意識障害などが表れたら一刻も早く医療機関を受診してください。
 

ケトアシドーシスの治療

 
ケトアシドーシスの原因はインスリンの不足です。
 

治療の基本は、
輸液・電解質の補充
インスリンの投与
アシドーシスの原因を取り除くこと
 
です。
 

意識障害や昏睡に陥ったときには、自分で対応することができなくなります。
 

周囲の人に病状や経過をあらかじめ説明して、いざというときは病院に連れていってもらう準備をしておくことも大切です。
 

ケトアシドーシスの予防

 
ケトアシドーシスは感染症などで体調を崩した時やⅠ型糖尿病でインスリン注射をしなかったときなどに起こることがおおいようです。
 

体調が悪い時には血糖値がいつもよりも上昇します。
 

このようなときに、薬やインスリン注射を怠ったり、食事を抜いたりすることは非常に危険です。

 

体調が悪い時の対処法については、主治医の先生とよく話し合って、ルールを決めておきましょう。
 

また、食事の間隔が開き過ぎて空腹になったときにも、身体はエネルギー不足と判断し、脂肪を分解してエネルギーを作り出そうとします。
 

食事の間隔は規則正しく、を心がけましょう。
 

脱水症状を予防するためにも水分は多めにとっておくことも大切です。

Sponsored Links