糖尿病良い食べ物と悪い食べ物

糖尿病はその発症要因によってⅠ型とⅡ型に分けられます。Ⅰ型糖尿病は自己免疫によって起きる糖尿病で、インスリンを分泌する膵臓のランゲルハンス島のβ細胞が破壊されてしまうことによっておこります。
 

Ⅱ型糖尿病は日本人の糖尿病の95%を占め、「ストレス」「肥満」「暴飲暴食」「運動不足」などの生活習慣の乱れが原因で起きる糖尿病です。糖尿病が生活習慣病といわれるのはこのような理由によります。
 

 

Sponsored Links

糖尿病予防の基本は食事です

糖尿病の食事療法は、バランスの良い栄養素を過不足なく規則正しく摂取することです。何が良い悪いではなく、1日3食規則正しくバランスの良い食事を摂り、それを長く続けるということが大切なのです。これはそのまま糖尿病予防にもつながります。
 

さらに、血糖値のコントロールにとって好ましい食品や好ましくない食品についておぼえておくことも大事ですね。
 

では、糖尿病の人にとって好ましくない食品から考えていきましょう。
 

糖尿病の人にとって好ましくない食品

糖尿病の人にとって好ましくない食品というのは、「血糖値を上昇させやすい食品」です。また、肥満であることもインスリンのはたらきを悪くすることがわかっているので、脂質やカロリーの多い食事も控えた方がいいですね。では、血糖値を上昇させやすい食品とは?
 

・GI値の高い食べ物
GI値とは、ある食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードの目安です。ブドウ糖を100とした時の値で示します。GI値が高いほど血糖値は急激に上昇し、インスリンの分泌も急上昇します。
 

では、GI値が高い食品にはどのようなものがあるのでしょうか。
 

精製された炭水化物:パンやうどん、精白米
 

米や小麦などの炭水化物は精白されているものはGI値が高くなります。玄米や全粉粒パンなどの方が食物繊維やミネラルが残っているためGI値が低くなり、好ましいといえます。
 

・缶詰やジュースなど、加工した果物
ジュースや缶詰めにした果物には食物繊維が少なく、砂糖も多く含まれるため、GI値が上がります。果物はそのままいただきましょう。また、食後の果物は血糖値を上昇させます。間食に摂るのがベターです。
 

・脂肪や糖分、塩分、カロリーの高い食品
レトルトやインスタント食品などの、調理加工食品
 
脂質や食塩などが多く含まれています。あまり摂りすぎると、カロリーや塩分の摂りすぎにつながります。
 
嗜好飲料、お菓子類、菓子パンなど
 
こういった加工食品には砂糖や脂肪が多く含まれていて、血糖値や中性脂肪の上昇を招きます。糖尿病予防の大敵といっても良いでしょう。
 

コンビニにおいてある食品と考えたらわかりやすいかもしれませんね。
 

・アルコール
アルコールそのもののカロリーに加え、食欲を刺激して食べ過ぎにもつながります。ほどほどに付き合いましょう。
 

Sponsored Links

積極的に取りたい食品

これは当然、GI値が低い食品や糖分、脂肪分の低い食品ということになりますね。では、糖尿病の人や糖尿病を予防したい人にとって積極的に取りたい食品とはどんなものでしょうか。
 

・食物繊維を多く含む食品
水溶性食物繊維はGI値が低いことに加えて、血中コレステロールを減らすはたらきもあるのです。野菜類やきのこ、海藻類、豆類や、玄米や全粉粒パンなどの精白していない穀物に多く含まれます。ビタミンやミネラルの補給のためにも、積極的に取りましょう。
 

・肉類や乳製品も意外にGI値が低いのです。
肉類は意外にもGI値が40から50と低めで魚類とあまり変わりません。ただ、とんかつなどのように小麦粉の衣をつけて油で揚げるなどすると一気にNG食品となります。
 

油を落として量を少なめにするなど、食べる量や食べ方、調理法に注意しなければなりませんね。また、牛乳やチーズなどの乳製品もGI値は低めで豆乳とあまり変わりありません。
 

良質のたんぱく質やカルシウムなどの補給に、上手に摂取していきたいですね。
 

また、GI値が高い食品を摂るときには、GI値を下げる効果がある

  • 食物繊維
  • 豆類
  • 乳製品

などを一緒に摂ることもおすすめです。
 

糖尿病の予防に限らずですが、調理法や食べる量に気を付けて、いろいろなものをバランスよく取ることが大事です。
 

食事制限というと「我慢」というイメージが付きまといますが、ストレスも糖尿病を悪化させます。ちょっとの工夫で、ストレスなく過ごしたいですね。
 

Sponsored Links