糖尿病脳梗塞

 

糖尿病の恐ろしい合併症に脳梗塞心筋梗塞があります。
 

アメリカでは、糖尿病患者の約7割がこれらの病気で亡くなるといわれています。
 

従来日本人は、欧米人に比べて脳梗塞や心筋梗塞を発症する割合は低いといわれていました。
 

しかし、食生活の欧米化などにともなって日本人の発病率も上昇しています。
 

さらに、糖尿病の人は、そうでない人に比べて脳梗塞や心筋梗塞を発症する割合が2倍から3倍も高いことがわかっています。
 

実際に、脳梗塞の患者の約半数、心筋梗塞の患者の約1/3に、糖尿病が見られるのです。
 

Sponsored Links

なぜ、糖尿病の人は脳梗塞や心筋梗塞になりやすいの?

 
ではなぜ、糖尿病の人は脳梗塞や心筋梗塞になりやすいのでしょう。
 

梗塞」とは血栓によって血流がせき止められてその先のある細胞が壊死してしまうことです。
 

血栓の原因は動脈硬化ですが、糖尿病はこの動脈硬化を早めることがわかっています。
 

そのメカニズムは、糖尿病で血糖値が高いままの状態が続くと、余分な糖が血管を傷つけます。
 

さらに悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化した酸化LDLが血管の裂け目から血管のかべに入り込もうとします。
 

そこに白血球のなどが作用して血管の内側にプラーク(粥腫)ができるのです。
 

これが血栓です。
 

このようにして血栓ができると血管の内側がせまくなり血液の流れが悪くなります。
 

また、この血栓がはがれ流れていった先の血管を詰まらせます。
 

これが脳で起きると脳梗塞、心臓で起きると心筋梗塞と呼ばれます。
 

糖尿病と悪玉コレステロール

 
糖尿病はインスリンのはたらきが弱くなってしまった状態です。
 

インスリンのはたらきが弱まると、血糖値が上がるだけでなく悪玉コレステロールの値も上がります。
 

これはなぜでしょうか。
 

インスリンのはたらきには、血液に吸収された糖分を体中の各組織の細胞に分配する役割のほかに、脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり脂肪が分解されるのを抑制するといった脂肪代謝のはたらきがあります。
 

糖尿病になると、このはたらきも弱くなるため、脂肪の合成は抑制され分解が進みます。
 

このため血液中に中性脂肪が増えて、悪玉コレステロールも増加してしまうのです。
 

悪玉コレステロールが増加することで善玉コレステロールも減ってしまいます。
 

善玉コレステロールは、血管の内側にへばりついたコレステロールを引き抜いて肝臓へ戻す役割をしているので、善玉コレステロールが減ることで一層動脈硬化も促進されるということなのです。
 

糖尿病を発症したことで脂質異常症を発症するというケースはよくあることなのです。
 

脳梗塞、発病の兆候

 
脳梗塞の発作が起きる前に、脳の血流が悪化している兆候が見られることがあります。
 

もし、あてはまるようなら、早めに詳しい検査を受けてください。
 

一過性脳虚血発作

一瞬脳のはたらきが止まる
めまいがする
視界が悪くなる
舌がもつれる
話したい言葉が出てこない
食事中に突然箸を落とす
力が抜ける
 
などといった症状は、脳の血流が一時的に少なくなった(虚血)時に現れる症状です。
 

この一過性脳虚血発作を放置しておくと、3か月以内に15%から20%の人が脳梗塞を発症し、そのうちの半数は数日以内(特に48時間以内が危険)に脳梗塞を発症することがわかっています。
 

でも、一過性脳虚血発作後すぐに受診して検査や治療を速やかに開始するとその後の経過が良いこともわかっています。
 

また、残念ながらこの「前触れ発作」といっても良い一過性脳虚血発作が表れずに、脳梗塞を発症するケースもあります。
 

糖尿病の方は、糖尿病の治療に加えて脳梗塞の危険にもさらされているのです。
 

糖尿病脳梗塞2

 

このような体の異変を見逃さないで、少しでも異変を感じたら迷わず医療機関を受診しましょう。

Sponsored Links