糖尿病感染症対処法

 

 
糖尿病の人は風邪や肺炎、膀胱炎、皮膚炎、歯肉炎などに感染しやすいことが知られています。
 

また、急激に重症化しやすく、回復には時間がかかることもわかっています。
 

また、感染症にかかると、血糖値が普段よりも上昇するため血糖値のコントロールが難しくなり、糖尿病そのものにも影響が出ることも問題です。
 

糖尿病の人の感染症対策について調べてみましょう。
 

Sponsored Links

糖尿病の人が感染症に弱いその理由とは?

 
ではなぜ、糖尿病の人は感染症にかかりやすく悪化しやすいのでしょうか。
 

その理由を挙げてみましょう。
 

私たちの体の中では、常に感染防御機構がはたらいて外から侵入しようとするウイルスや細菌から体を守っています。
 

糖尿病になると、この感染防御機構が弱くなってしまうのです。
 

例えば…
 

白血球(好中球)の貪食機能が低下する

白血球は、体の中に入り込んだ細菌やウイルスを取り囲んで食い殺してしまう働きがあります。
これを貪食作用といいますが、高血糖になると、このはたらきが低下することがわかっています。
 

免疫応答も鈍くなる

身体が異物と判断したもの(抗原)に対する抗体ができて、ふたたび同じ抗原が入り込んだ時にそれを攻撃してやっつけてしまう反応を免疫応答といいますが、血糖値が高くなると、この免疫応答も鈍くなります
 

血流が悪くなる

血糖値が高いと、血流が悪くなります。
血流が悪いと、栄養が体のすみずみまで生き届かなかったり、老廃物の処理が遅れたりします。
また、白血球の流れも悪くなるため感染症にかかりやすく、内臓の血流も低下するため内臓も弱くなります
 

合併症の神経障害でさらに悪化

糖尿病の合併症のひとつである神経障害があると内臓のはたらきが鈍くなり、膀胱炎などの原因になります。また、痛みを感じにくくなるため傷などを放置してしまい、悪化しやすくなります
 

血糖値がより上昇します

細菌に感染してしまうと免疫応答で分泌される物質などの影響で血糖値が上昇しやすくなります。
これがさらに糖尿病を悪化させてしまうのです。
 

糖尿病の人が感染症にかかってしまったら!気を付けることは?

 
糖尿病の人が感染症にかかったときには、特別な注意が必要になります。
 

糖尿病になると、ストレスホルモンサイトカインといった物質の影響で、血糖値を上げようとするはたらきが生じます。
 

糖尿病の人はインスリンのはたらきが悪いため、一般にいつもより30%程度は上昇するといわれているのです。
 

では、どうしたらよいのでしょうか。
 

なるべく早く受診しましょう

症状が重い場合はなるべく早く診察を受けましょう。
場合によっては普段インスリン注射を受けていない人でも必要になる場合があります。
 

自己判断でお薬をやめない

食欲が減り食べる量が減っても、自己判断で服薬やインスリンの注射を中断してはいけません。
病気の時に薬の量をどのように調節するかはあらかじめ主治医と決めておきましょう。
 

栄養をつけるためと食べ過ぎない

下痢や発熱がある場合には水分を十分にとりましょう。
また、炭水化物やビタミンCなどをしっかり取ることは大事です。
しかし、発熱で体力を消耗したからといって食べ過ぎてはいけません。
いつも通りの食事ができていれば十分です。
 

運動療法はちょっとお休み

病気の時はもちろん運動療法はお休みです。
医師の指示を受けて適切な時期に再開しましょう。
 

普段から規則正しい生活を心がけ、抵抗力をつけておきましょう

感染症予防の基本は、
バランスの良い食事
適度な運動
十分な睡眠
ストレス解消
ですね。
 

このようなことに気を付けて規則正しい生活を送り、普段から細菌やウイルスに対する抵抗力をつけておくことです。
 

加えて、「糖尿病は感染症にかかりやすい」ということを頭において、まずは感染しないぞという心構えも大事かもしれません。

Sponsored Links