糖尿病遺伝

糖尿病と聞くと、遺伝性を疑う人が多くいます。
 

そして、やはり父も、祖父も、お母さんもなどと「実は、身内が」という患者さんが多くいます。
 

そこには、深い理由があったのです。
 

血縁と言う強いきずなと、生活習慣や躾、共に暮らした日常がもたらす結果です。
 

この多くは、自分自身の節制や、自分を律する気持ちで改善したり、予防できるものとも知られるようになってきました。
 

「え?遺伝性なのに予防できるの?」と思ったそこのあなた!!
 

では、どうして遺伝性でも改善できるのかを説明していきましょう。
 

Sponsored Links

糖尿病と遺伝について

糖尿病の遺伝性について、本当にそうなのか?と言われると、絶対に「そうです」とは言えない事実があります。
 

確かに、体質的に家族に糖尿病の人がいると、糖尿病になりやすいのですが、それが血縁的に仕方が無いのかと言うと、そうではないのです。
 

糖尿病の原因から見る遺伝性について

肥満、暴飲暴食、アルコールの多飲、甘いものが好き、運動嫌い、ストレス、睡眠不足、これらの要因が糖尿病を悪化させると言われています。
 

確かに遺伝子的な異常をもたらす因子は確認されていますが、家族性に糖尿病がある人でも、必ずしも遺伝子レベルでの異常を発見しないことがあります。
 

その理由は?

例えば、お父さんが糖尿病で、自分が糖尿病になったとします。お父さんに育てられ、お父さんの背中を見て育ちます。
 

食べるものは、お母さんの作ったものを一緒に食べる生活です。寝る時間も父と母を見て習い、そのようにリズムづけられて自然に覚えます。
 

生活習慣病とは、日常生活の習慣がもたらす疾患です。父のように、母のようにと習慣づいた貴方は、そのリズムを元に自分の生活を成り立たせます。
 

すると、自然と父と似た生活習慣となり、当然のように父のような生活をした結果糖尿病、生活習慣病患者さんとなるのです。
 

よって、自分の育った環境が要因で生活習慣病になったと考えられます。
 

※この場合の二型糖尿病は、生活習慣の改善、自分自身の生活の改めにより十分に改善できると言われています。
 

日本人と糖尿病とは?

二型糖尿病に関して、半世紀中に日本人は約50倍の糖尿病患者を出していると言われています。
 

これは、戦後から急速に増加を見込みます。
 

食の欧米化、高度成長による人々の流通や経済状況の変化、生活リズムの変調、仕事社会がもたらす疲労や疲弊、ストレスが要因と言われています。
 

急速な生活習慣の変化により糖尿病患者が増加したことと、日本人と言う大きなくくりの中で、民族的な二型糖尿病体質があるとも言われています。
 

糖尿病遺伝子を発見!!

二型糖尿病は、KCNQ1という遺伝子を持っていると発症し易いと言われています。
 

心臓や筋肉で重要な働きをすると言われる遺伝子で、この遺伝子を持つ人は持たない人の1.4倍二型糖尿病になると言われています。
 

インスリン抵抗性で起こる二型糖尿病の原因からすれば、この遺伝子は、インスリンの効きを弱くしたり、インスリンを出にくくしてしまう事が予測されています。
 

Sponsored Links

糖尿病にならない為の生活習慣とは?

生活習慣の改善により大きく変化する糖尿病の状態は、抗改善すれば良いのです。
 

バランス良い食事と肥満を是正するカロリー摂取

野菜中心で粗食をしていた時代には、糖尿病、生活習慣病は目立ちませんでした。
 

一汁三菜、菜食主義の日本の食事に間違いはなかったのです。
 

肥満を改善させるBMI22をキープできるカロリーと、食物繊維やビタミン、ミネラルの多い細胞が喜ぶ栄養をの補給で、全身の血流を改善する事が大切です。
 

暴飲暴食を止めて、規則正しく三食バランス良い食事を行いましょう。
 

軽い運動で心と身体をリフレッシュ

身体を動かすことは、血流を良くし全身機能を高めます。
 

額に汗をかく程度の無理のない運動は、精神性を高めストレス発散にも効果があります。
 

週に150分程度のウォーキングやジョギングで汗を流してみましょう。
 

150分トータルあればよいので、一日10分を二回、毎日行っても良いですし、週に5回30分程度を行ってもかまいません。
 

自分のライフスタイルに合わせた運動を行いましょう。
 

十分な休息と睡眠で身体の疲労をゼロにする

やはり、全身の機能を高めるには身体を休めることが大切です。
 

眠っている間に多く放出される身体のホルモンや、痩せ、代謝に関わるホルモンもたくさんあります。
 

休息と言う観点、ホルモンを出すと言う観点からも一日7時間程度の睡眠が必要です。
 

眠れない日には、ホット牛乳やハーブティで眠りやすいよう調整を行ってください。
 

ホット牛乳やハーブティは、血糖値に関わらない為、就寝前に飲んでも支障ありません。
 

まとめ

糖尿病の親族をもつ人の糖尿病罹患率は50%から65%と言われています。
 

それが、遺伝素因なのか、環境素因なのかははっきりしていません。
 

遺伝素因でも、そうでなくても生活習慣の改善で大きく状態を一変する事が出来ます。
 

遺伝だからと諦めていた人は、その諦めを圧して、生活改善を図ってみてください。
 

きっと、血糖値、ヘモグロビンA1c値が、その頑張りを証明してくれるでしょう。

 

Sponsored Links