豆乳 効果

 

 

豆乳は、美容や健康、ダイエットと女性に嬉しい効果が期待できる飲み物です。
 

大豆には良質なタンパク質が含まれています。そのため「畑の肉」と言われています。
 

豆乳は大豆を潰して濾した液体です。大豆の食物繊維は残りませんが、その他の栄養は豆乳にもしっかりと残っています。
 

消化吸収が良いため胃腸が弱い方は効率よく栄養を摂ることができますね。栄養を上手に摂取できないお年寄りにも大変喜ばれる飲み物です。
 

美容と健康、ダイエットにも効果がある豆乳についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

豆乳って何?

大豆をすりつぶして液体にしたものが豆乳です。大豆を使って自宅でも作れますが、殆どの方がスーパーやコンビニで購入されていますね。
 

豆乳の栄養成分

  • 大豆タンパク
  • イソフラボン
  • サポニン
  • レシチン
  • オリゴ糖
  • フィチン酸
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 不飽和脂肪酸

豆乳は、良質なタンパク質と脂質を含んでいるので生活習慣病を予防してくれます。
 

豆乳栄養成分のそれぞれの働き

・大豆タンパク
肥満予防・動脈硬化防止
 

・イソフラボン
骨粗しょう症予防・乳がん予防
 

・サポニン
コレステロール、中性脂肪を除去・肥満防止・アンチエイジング効果
 

・レシチン
認知症予防・動脈硬化予防・高血圧予防
 

・オリゴ糖
善玉菌の餌になる・便秘解消
 

・フィチン酸
アンチエイジング効果・発がん物質を抑制する
 

・ビタミン
ヒステリー・美肌・血行促進・アンチエイジング効果
 

・ミネラル(カリウム・マグネシウム)
高血圧予防・ホルモンバランスの調整
 

・不飽和脂肪酸(リノール酸・リノレン酸)
生活習慣病の予防
 

豆乳は胃腸にやさしい

  • 豆乳はなぜ胃腸にやさしいの?

豆乳は、大豆に含まれている消化しにくい食物繊維を除いて液体にしたものです。食物繊維は豆乳をつくる際にできる「おから」に残ります。
 

大豆の栄養素、タンパク質と脂質を一旦離れさせる。その結果、胃腸に優しい豆乳ができあがります。
 

豆乳は消化が良いので、胃腸が弱い方や、子供さん、高齢者まで安心して飲むことができます。
 

豆乳の効果 その①健康

豆乳にはいろいろな健康への効果が期待できます。
 

・動脈硬化を防ぐ
豆乳に含まれている不飽和脂肪酸(リノール酸)がコレステロールを除去、善玉コレステロールを増やす働きがあります。その結果、動脈硬化を防いでくれます。
 

・脂質代謝効果と肝機能をアップする
大豆に含まれているレシチンは、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きがあります。
 

レシチンは肝臓内の善玉コレステロールを増加させて肝機能をアップしてくれます。
 

・骨粗しょう症予防
イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用があります。更年期を過ぎると女性は女性ホルモンの分泌が少なくなります。
 

その結果骨粗しょう症になる方が多くいらっしゃいます。イソフラボンは骨粗しょう症を予防する効果があります。
 

この他にも、糖尿病・更年期障害・乳がん予防・認知症予防など、豆乳にはさまざまな健康効果が期待できます。
 

豆乳の効果 その②美容(美肌・バストアップ・美髪など)

豆乳を飲み続けている方は美肌の方が多いと思いませんか?女性らしい体型を維持するには豆乳がお勧めです。
 

豆乳にはどんな美容効果があるのでしょうか?
 

美肌効果

豆乳にはビタミン類が豊富に含まれています。(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE)
 

ビタミンは肌に良いことは皆さんご存じかと思います。特にビタミンEは血行促進効果があります。血行促進効果で、肌をどんどん若返らせることができます。
 

また、大豆イソフラボンはニキビ予防にも効果があります。ニキビが多い方は一度飲んでその効果を味わってみてください。
 

また、オリゴ糖が腸内環境を整えてくれるので便秘が解消されお肌がイキイキしてきます。
 

バストアップ

バストアップには、女性ホルモンの「エストロゲン」の働きが大切です。実は豆乳には、この「エストロゲン」の働きに似た成分が含まれています。
 

  • 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。
 

豆乳は大豆から作られていて吸収率が高いです。豆乳を飲み続けていると、バストアップ効果が期待できます。
 

普段から、大豆商品を食べている方は、摂り過ぎに注意をしましょう。大豆イソフラボンの一日の摂取量は70㎎~75㎎です。
 

美髪効果

豆乳に含まれているアミノ酸には保湿効果がある。
 

豆乳に含まれているアミノ酸→アスパラギン酸・グルタミン酸が髪の毛を保湿する効果がある。
 

豆乳の効果 その③ダイエット

豆乳に含まれている成分は、ダイエットに効果があります。
 

大豆タンパク

大豆タンパクは脂肪の代謝を促進するので、ダイエット効果が期待できます。
 

サポニン

サポニンは、脂肪の吸収を抑制する働きがあります。
 

この二つの成分が脂肪を燃焼させ脂肪吸収を抑制するので脂肪がつきにくくなりダイエット効果が期待できます。
 

また、豆乳に含まれているオリゴ糖が腸内のビフィズス菌や善玉菌を増やしてくれるため腸内環境が整い便秘が解消されます。
 

豆乳は低カロリーなのでカロリーを気にしているダイエッターの方には喜ばれますね。
 

豆乳はいつ飲むといい?副作用はあるの?

豆乳は一日コップ1杯を目安に飲みますがいつ飲むのがいいのでしょう。また気になる副作用はあるのでしょうか?
 

豆乳を飲むタイミングはいつがいいの?

  • 起床時
  • 空腹時
  • 夕食の30分前

以上、豆乳を飲む良いタイミングです。
 

飲んではいけないと言う決まり事はないのですが、以上のタイミングで飲むとより効果が発揮できます。
 

豆乳には副作用はあるの?

豆乳だけでなく、どんな食材でも食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると身体に悪影響がでてしまいます。
 

豆乳を飲み過ぎると下痢症状を起こす可能性があります。一日コップ1杯を守って飲み続けるようにしましょう。
 

また、食物アレルギーの方で大豆がアレルゲンの場合、豆乳は飲むことができません。
 

大豆アレルゲンがある方は、豆乳を飲むことで、重篤なアレルギー反応を起こす危険性があります。
 

大豆の食物アレルギーのある方は飲まないようにしてください。
 

まとめ

豆乳には、良質なタンパク質や脂質が豊富に含まれています。
 

豆乳の栄養成分

  • 大豆タンパク
  • イソフラボン
  • サポニン
  • レシチン
  • オリゴ糖
  • フィチン酸
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 不飽和脂肪酸

これらの栄養成分が、健康や美容、ダイエットにも効果を発揮します。
 

豆乳を飲んで身体の中から綺麗になり、若々しく女性らしい身体をキープしていきましょう。
 

Sponsored Links