腸内フローラ 腸内環境

 

 

最近話題の「腸内フローラ」。フローラとは、flora=お花畑という意味です。
 

私達の腸内には、3万種類以上の細菌が住んでいます。数にしたら、なんと1000兆個以上とも言われています。なんだか想像もつかない数ですね。
 

その細菌達が、腸内で群をなしている様が、まるでお花畑のようにみえることから「腸内フローラ」と言われるようになりました。
 

健康と腸内環境は密接な関係があります。そこで今回は、この腸内フローラについてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

3万種類以上の腸内細菌は大きくわけて3つに分かれる

3つの腸内細菌の種類をまとめてみましょう。
 

1・善玉菌(有用菌)
2・悪玉菌(腐敗菌)
3・日和見菌

 

以上3つの種類があります。
 

3つの細菌の働きについて

善玉菌(有用菌)

  • 腸内でビタミンを生成する
  • 免疫力を高める
  • 腸内を酸性に保つ
  • 便秘を解消する
  • 抵抗力をアップさせる

 

善玉菌は、悪玉菌の増殖を抑え腸内環境をよくします。
 

悪玉菌(腐敗菌)

  • 腐敗物質を作る
  • 発がん性の物質を作る
  • 免疫力を低下させる
  • 便秘、下痢の原因になる

 

日和見菌

  • 腸内細菌の中で一番多く存在する
  • 善玉菌と悪玉菌、両方になびく菌

 

善玉菌が優勢なら善玉菌に、悪玉菌が優勢なら悪玉菌に。
 

腸内環境が良い腸内フローラの割合

実は腸内環境が良い腸内フローラの割合があります。
 

2(善玉菌):1(悪玉菌):7(日和見菌)
 

これは腸内環境が良いとされる割合です。常に善玉菌が優位に立ち、悪玉菌を抑えていると日和見菌も善玉菌になびき腸内環境が良くなります。
 

その結果、健康体へと導いてくれます。健康な身体には、腸内フローラのバランスが大切なんですね。
 

腸内フローラの特徴について

腸内フローラとは、どんな特徴があるのでしょう?
 

1:10人10色の腸内フローラがある
2:日々変化している

 

腸内フローラの特徴は大きくわけて以上の2つがあります。
 

健康な人の腸内フローラは、善玉菌が優位に立っています。そのため日和見菌も善玉菌になびき、常に腸内環境は良い状態にあります。
 

しかし、不健康な人の腸内フローラは悪玉菌が優勢になり様々な病気を引き起こしてしまいます。
 

  • 10人10色の腸内フローラがある

 

人は顔も性格も違うように、腸内にある細菌の数も違っています。そのため、腸内フローラも人それぞれです。
 

  • 日々変化している

 

腸内フローラは、善玉菌と悪玉菌の数で日々変化しています。便秘をしたり体調が悪いときは、悪玉菌が優勢になっています。その逆で健康体の身体は善玉菌が優勢になっています。
 

生活環境(食事・ストレス・運動)で日々変化をするので、体調が悪い方は生活環境を見直してみることが大事です。
 

また、加齢と供に善玉菌は減少していきます。食事から善玉菌を補うことで老いを緩やかにすることができます。
 

腸内フローラの主な細菌の種類は何?

腸内フローラを構成する細菌達です。
 

善玉菌の種類

  • ビフィズス菌
  • 乳酸菌(フェカリス菌、アシドフィルス菌)正しくは乳酸桿菌といいます。

 

悪玉菌の種類

  • ブドウ球菌
  • 大腸菌
  • ウェルシュ菌

 

日和見菌の種類

  • 大腸菌
  • バクテロイデス

 

聞いたことがある菌が多いですね。腸内フローラのバランスを整えるためには、常に善玉菌を優位にたたせることが大切です。
 

まとめ

腸内フローラとは、腸内にいる細菌が群をなしている様がお花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。
 

腸内細菌の種類は100~3000種類以上、またその数は1000兆個以上とも言われています。人の顔が違うように、腸内細菌の種類も数も人それぞれです。そのため、腸内フローラも人それぞれ違う群をなしています。
 

腸内細菌は大きく分けて3つの種類に分けられます。
 

  • 善玉菌、悪玉菌、日和見菌

この3つの菌が常にバランスを保って腸内フローラを作っています。
 

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7
 

善玉菌が常に悪玉菌より優位に立っていることで腸内フローラが良い状態を保つことができ、健康体でいることができます。
 

腸内フローラは、腸内環境と密接な関係です。健康のために、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の割合を意識することが大切です。
 

Sponsored Links