認知症 対応 もの盗られた 妄想

 

 

認知症の初期症状の一つに、もの盗られた妄想があります。介護者はそれなりの知識があるので、上手に対応ができるのですが、家族となるとそうはいきません。
 

家族がもの盗られ妄想に直面すると、自分が犯人呼ばわれされると辛くなりますね。
 

今回は、そんな認知症の初期症状である、もの盗られ妄想の対応の仕方と事例を紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

認知症の初期症状、もの盗られた妄想は何故起きるのか?

認知症疾患の初期症状にもの盗られた妄想と言う症状があります。
 

財布や通帳、洋服など自分が大切にしているものがある日突然なくなり盗まれたと誤解します。
 

もの盗られ妄想は何故起きる?

ない=盗られた
 

これは、よくある話で認知症の方の頭の中では、ない=盗られたと言う方程式が出来上がっています。
 

困ったことに、一番疑われるのが一番近くにいる方や親しくしている方です。
 

その結果、仲がよかったのに険悪な関係になってしまうということも多々あります。
 

認知症の方の考えを理解する

認知症の方の考えは、ない=盗られたと結びつきます。これを理解しておくと、後の介護がスムーズになっていきます。
 

認知症の症状、もの盗られた妄想の対応の仕方

まず、認知症を理解しましょう。認知症の初期症状は、自分が「壊れていく」のではないかといつも不安な気持ちでいます。
 

だから、否定をされると自分が責められているようで苛立ちます。
 

もの盗られ妄想への対応の仕方

  • 「盗られた」と言っても「無くなったのですか?」と返すことが大事です。
  • 無くなったことに対して、それは大変だと受け止めてあげることが大切です。
  • 「一緒に捜しましょう」と言って一緒に捜します。
  • 家族の場合は、二人だけで捜すのではなく誰か別の人も入れて捜すようにします。
  • 捜しながら、別の話をする。認知症の方が喜ぶ話がいいです。趣味の話や食べ物の話など。
  • 医師やケアマネに相談をする
  • じっくりと話を聞いてあげる

もの盗られ妄想の対応は、否定をしないこと。無くなったことに対して同情をすることが大事です。
 

寄り添うことで認知症の方は安心して、穏やかになりもの盗られ妄想は落ち着いてきます。
 

もの盗られた妄想の事例

事例:1通帳と印鑑を別の場所にしまう。そのことを忘れて、通帳と印鑑がないと言う。泥棒に入られたと警察を呼んだ。
 

事例:2新しいヘルパーさんに変わったら「洋服が盗まれた」と訴えるようになった。
 

事例:3家族との会話が減り、相手にされなくなり自分は邪魔者にされたと嫌な記憶が残る。結果、嫌味を言われた、この人に財布を盗られた、この人が犯人だと思い込んで責めるようになる。
 

事例:4盗んだと言われて反論をすると、どんどん頑固になり暴言暴力をするようになった。
 

以上のような事例があります。
 

介護する側が受け止めて変化するしかない

もの盗られ妄想は、新しい環境になじめないときや、相手にされなくて孤立感を感じているときや盗まれていると言っているのに、信じてもらえずに反論をされたときなどに起こります。
 

介護する側は、泥棒扱いされると憤慨しますが、受け止めて自分が変化するしかありません。そうすることで、認知症疾患のある方は認めてもらえたと思って安心します。
 

元々怒りっぽい方はどこでスイッチが入るかわかりません。でもその逆に、相手の心を掴んで信頼関係を築くと、介護は随分と楽にもなります。
 

ある介護員の方はおっしゃっていました。「ときには女優になることだって大切なんです」これは、嘘をつけということではありません。
 

認知症の方が穏やかになるためには、演じることもときには必要なんだと言うことです。
 

まとめ

認知症の方への対応は、否定をしない。受け止める。相手の心を掴み信頼関係を築くことが大切です。
 

認知症の初期症状でよくみられる、もの盗られた妄想の対応も同じように否定をしてはいけません。
 

  • 一緒に捜す
  • 盗られたと聞いても無くなったのですかと返す
  • 無くなって大変だと同情をする
  • 一緒に捜しながら、話を変える
  • じっくり話をきいてあげる

など、相手に寄り添うことが大切です。また、自分一人で抱え込むことは決してしないでください。
 

ケアマネや医師に相談をして解決策を一緒に考えてもらいましょう。介護する側がいつも明るく元気でいることが重要です。
 

ときには、デイサービスなどを利用してリフレッシュすることも大切です。
 

Sponsored Links