認知症 種類 初期症状

 

 

歳をとると頑固になるとよく言われます。認知症の患者さんの中で男性はとくに怒りっぽくなります。
 

怒りっぽくなったのは、認知症の初期症状と言われていますが、はたして本当にそうなのでしょうか?認知症の方は、物忘れが酷くなり常に不安な気持ちでいることをご存じですか?
 

「自分は壊れていくのか」そんな風に常に思っています。そしてそう思っていたことも忘れてしまいます。悲しいできごとがあったことは覚えていますが、その内容は忘れてしまいます。
 

それが認知症です。今回は、認知症の種類や初期症状などをご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

認知症の種類と初期症状・怒りっぽくなるって本当?

認知症には大きくわけて4つの種類があります。
 

1:アルツハイマー型認知症
2:レビー小体型認知症
3:脳血管性認知症
4:前頭側頭型認知症

 

以上4つの種類に分けられます。また、複数の原因疾患が合併した混合型もあります。
 

アルツハイマー病と脳血管性認知症が合わさっているものなど混合型と言います。
 

認知症の中ではアルツハイマー型が半数以上をしめています。ここでは、最も多いアルツハイマー型についてご紹介します。
 

アルツハイマー型認知症の初期症状

アルツハイマー型認知症の初期症状は、物忘れから始まります。
 

歳を重ねていくと、物忘れはよくある話ですが、以前から知っている人の名前が出てこないことがあります。
 

  • 家族の名前を忘れる
  • 時間や約束を忘れる
  • 直前の出来事を忘れる
  • 自分の家がわからなくなる
  • 自分の大切な物を盗られたと思う
  • 一日中やるきが起こらない
  • 料理の手順がわからない
  • 電化製品の使い方がわからない

以上の初期症状が起こります。本人は、自分がおかしいと言う自覚はあります。
 

認知症の初期段階は、本人に自覚があります。そのため、心の中では(自分は壊れていくのか)と不安になっている認知症の方が大勢いらっしゃいます。
 

認知症の初期症状って怒りっぽくなるって本当?

忘れていることを馬鹿にされたり、なじられたりするとイライラして暴言を吐いたりします。性格が荒くなり、暴言暴力がでる場合もあります。
 

怒りっぽくなったのではなく、忘れていることに、またはできないことに何度も何度も葛藤しているため怒ってしまう行動にでてしまうのです。
 

認知症に携わっている方は、しっかりと傾聴することが大切です。話を聞き、受け止めて決して否定をしないことを繰り返していると、暴言暴力はおさまっていきます。
 

認知症には進行する段階(ステージ)がある

アルツハイマー型の進行ステージはゆっくり何年もかけて進行していきます。長い人では20年という長い潜伏期間の方もいます。
 

アルツハイマー型認知症の段階スピード

軽度認知障害

軽度

中等度

高度

 

軽度の症状とは

軽度では、記憶障害やもの盗られ妄想、鬱状態、質問をしても曖昧に答える、などの症状がでてきます。
 

中等度になると、徘徊や暴力暴言を吐いたりします。

中等度の主な症状

  • 洋服がうまく切れない
  • 裸足で歩く
  • 食事ができない
  • 言葉がでなくなる
  • 徘徊がはじまる
  • 失禁、弄便

などの症状が現れます。本人の混乱は大きく、介護者は大変な時期でもあります。
 

いろいろなことができなくなる不安をサポートすることが大事になります。徘徊が始まると、どんなことをしても止まることはありません。
 

本人が疲れるまで歩くしかなく、見守るしかありません。家族がケアするのは大変難しくなるため、ケアマネなどに相談することをお勧めします。
 

高度の症状

  • 子供や配偶者の顔を忘れてしまう
  • 話しかけても反応がない
  • 嚥下障害等が進む
  • 寝たっきりになる

高度になる、最後は寝たっきりになり寝たっきりになることで、さらに症状が進んでしまいます。
 

認知症の問題行動とは

認知症には、いくつかの問題行動が現れます。
 

  • 徘徊
  • 失禁・弄便
  • 暴力、暴言
  • 拒絶

これらの行動は、脳の萎縮がすすんでいることで起こる症状です。しかし、介護者のケアで改善していくこともあります。
 

認知症の方は、ケアの仕方で暴力暴言も吐きます。信頼関係を築いて傾聴することが大切です。
 

繰り返し何度も同じことを言われても話を聞く。大変な作業ですが、そうすることで落ち着いてこられます。
 

徘徊

徘徊の症状がある方は、どこまでも歩きます。歩き疲れて身体がヘトヘトになるまで歩きます。
 

介護する方は、安全面に気をつけて見守るようにしましょう。
 

失禁・弄便

失禁や弄便をする方も多くいらっしゃいます。便を食べ物と勘違いする方もいます。
 

便意があるときは、近くで待機して声をかける等を繰り返しましょう。失敗をなじることをすると、逆効果です。
 

暴力・暴言

男の方に多い問題行動です。信頼関係を築き、相手に寄りそい傾聴を繰り返すことで落ち着いてこられます。
 

大変根気のいる作業ですが、必ず落ち着いてこられます。
 

拒絶

入浴を拒絶したり着替えを拒絶するなどの問題行動があります。そこには、なんらかの原因が隠されていることがあります。
 

何故拒絶しているのかを見つけることで問題が解決する場合があります。
 

まとめ

認知症の初期症状は、物忘れから始まります。徐々に進行していき、最後は寝たっきりになります。認知症には4つの段階があります。
 

軽度認知障害

軽度

中等度

高度

 

中等度になると問題行動が目立ちはじめ、家族が介護をするのが大変になっていきます。ケアマネに相談をすることをお勧めします。
 

アルツハイマー型認知症はゆっくり進行していきます。病気を治すことはできませんが、ケアの仕方で進行を遅らせることはできます。
 

先生やケアマネさんとよく相談をして、ケアをするようにしましょう。
 

Sponsored Links