認知症 予防 ゲーム

 

 

認知症を予防するには、脳を働かせることが一番です。脳を働かせるには、エネルギーが必要です。まずはしっかり栄養をとることが大切です。
 

しっかり栄養をとった脳を働かせるためには、脳に刺激を与えることが大事です。実は、ゲームをすることで脳は活性化します。
 

ゲームは、楽しみながら脳を使うので、長く続けることができますね。
 

今回はゲームが何故認知症予防に効果があるのか、またどんなゲームが効果があるのかご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

まず認知症予防に大切なことって何?

認知症予防に大切なことは、何でしょう?
 

1:脳を活性化させる
2:楽しむ
3:継続する

 

以上3つのことが大切です。
 

脳を活性化させる

認知症予防に大切なことは、まずは脳に栄養を与えることです。そのためには、しっかり噛んで脳にいいと言われる栄養素を摂り入れましょう。
 

脳に栄養を届けたら、脳を刺激させましょう。脳を刺激することで脳は活性化され認知予防に繋がります。
 

楽しむ

脳に刺激を与えるためには、自分が楽しくなくてはいけません。
 

楽しくないことばかりを続けていると、ストレスがたまって脳の活性が悪くなり栄養もうまく運ばれません。楽しいことを探していつも笑っていることが大事です。
 

継続する

継続することで、弱っていた脳が活性します。脳は使わなくてはどんどん活性が落ちていきます。
 

歳をとると新しいことが苦手になり、根気もなくなります。継続するにはワクワクした気持ちが必要ですね。
 

その点ではゲームはワクワクして楽しみながら続けることができます。
 

認知症予防にゲームは何故効果があるの?

ゲームをすると認知症が改善されたと言う話をよくききます。それはいったいどういうことでしょうか?
 

認知症予防にゲームが効果的な理由とは?

1:頭を使う
2:ワクワク感がある
3:達成感がある
4:楽しい
5:夢中になれる

 

以上、認知症予防に効果的な理由です。ゲームをすると、頭を使い夢中になれて楽しむことができます。
 

脳は頭をつかうと活性化されていくので認知症予防に繋げることができます。しかし、ゲームをするにも自分に合ったゲームでないと意味はありません。
 

ゲームが認知症予防にいいからと言って、その人に向いてないゲームだとストレスがたまり逆効果です。
 

人間は興味のないことはしたくありません。まずはゲームに興味があるのかないのかが大事になってきます。
 

ゲームにもいろいろあります。ではどんなゲームが認知症予防に向いているでしょうか?
 

認知症予防に効果があるゲームって何?

認知症予防に効果があるゲームを調べてみました。
 

相手と戦うゲーム

  • 麻雀
  • 囲碁
  • 将棋
  • オセロ

相手と戦うゲームは、頭をフル回転させます。相手がどんな手を出すのか考えて脳を活性化させます。相手がいるので、楽しみながらできますね。
 

達成感を感じられるゲーム

  • ジクゾーパズルゲーム
  • ゲームセンター

時間がかかっても一つのものを完成させる達成感があります。近年、ゲームセンターの年齢層が若者だけでなくお年寄りも増えているのをご存じですか?
 

ゲームセンターに行ったことで、楽しみながら達成感も得られ、脳が活性化され認知症が改善されたと言う例もあります。
 

夢中になれるゲーム

  • パチンコ

パチンコは娯楽なのでお年寄りの中には、遊び人がいくところと思っている人もいます。
 

でも、家族が連れて行ってあげて、夢中になり脳に刺激を与えることで、脳が活性化していきます。
 

音が少し耳障りですが、パチンコに夢中になることで、脳が働き認知症予防になります。しかし、頻繁に行くと依存する方もいるので注意が必要です。
 

まとめ

認知症予防は、脳に栄養と刺激を与えることです。脳を刺激するには、その人の興味が沸くゲームがいいと言われています。
 

実際、格闘ゲームを始めたおばあさんが、認知症が改善されたという話もあります。
 

しかし、ゲームが認知症予防に効果があると言っても、その方に興味がないと意味がありません。
 

ゲームを無理強いするのではなく、その方に合ったゲームを探してあげることも大切ですね。
 

Sponsored Links