認知症検査 種類 費用 方法

 

 

家族に認知症の疑いがある場合、認知症の検査をしようと思いますね。
 

でも、いったいどんな検査をするのか、その費用や方法を知らない方が多いのではないでしょうか?
 

そこで今回は、認知症検査の全てをご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

認知症検査について・その①検査の種類について

認知症の検査にはどのようなものがあるのでしょうか?
 

  • 問診(本人と家族)
  • 簡単なテスト(知識機能を調べる)
  • 血液検査
  • 脳波検査
  • 頭部CTやMRI

早めに受診することで、認知症と診断されたら認知症の進行を止める治療ができ家族も安心です。
 

また、認知症と思っていたけれど加齢によるただの物忘れだったということ可能性もあります。そのためにも、気になる言動や行動がある場合は早めの受診をお勧めします。
 

認知症検査について・その②検査方法について

認知症の検査方法は、問診から始まり、脳の検査まで行います。病院や認知症の症状によって検査の時間はまちまちです。
 

一日で終わる場合もあれば、何日もかかかる場合があります。
 

認知症検査方法の種類

1・血液検査
2・画像検査
3・脳波検査
4・神経心理学的検査
 

  • 血液検査

一般検査(コレステロール・肝機能・中性脂肪など)に加えてホルモン(甲状腺ホルモン)検査などです。生活習慣病が認知症と深く関わりがあるので調べます。
 

  • 画像検査

レントゲン写真のことです。CTスキャンや MRIで、脳の形や萎縮具合をみます。MRIは血の流れをみることができるので、認知症以外にも脳疾患を見つけることができます。
 

  • 脳波検査

認知症かどうか微妙なときに使われます。脳波の感覚や大きさで脳のいろいろなことがわかります。認知症のタイプを調べるときにも使用されます。
 

  • 神経心理学的検査

知識機能を調べる検査です。医師の質問等に答える検査です。受診者全ての方に行います。
 

認知症検査について・その③検査費用について

認知症検査をするときに気になるのが検査費用ですね。高齢者の場合は1割負担なので、検査費用は随分と安く受けることができます。
 

認知症検査の検査費用ってどのくらいかかるの?

認知症検査は、軽度の場合はいろいろな検査を行います。1割負担と3割負担で金額は変わってきます。
 

  • 窓口での負担金額はどれくらい?

病院や検査ないようによっても違いますが、軽度の場合だと窓口負担額は約10000円~20000円みておけば大丈夫だと思います。
 

認知症検査について、どんな病院にいけばいいの?どこに相談できるの?

認知症検査はどんな病院にいけばいいのでしょう?また、相談できるところはあるのでしょうか?
 

どんな病院にいけばいい?

  • 主治医がいれば主治医に相談してみる

主治医があれば、主治医に相談することをお勧めします。医師同士の繋がりがあるので、認知症検査をしている病院を紹介してもらえる可能性があります。
 

  • 認知症の診断ができる医師はどこにいるの?

神経内科、精神科、脳神経外科、内科の先生に相談してみましょう。
 

  • 認知症科と言う診療科はない

物忘れ外来やメモリークリニックと言う医療機関でも認知症検査をしてくれます。
 

地域包括支援センターや市区町村の役所に相談する

地域包括支援センターや市区町村の役所に相談すると、認知症の検査をしている病院を紹介してくれます。
 

電話で簡単に教えてくれるので、一度問い合わせてみてください。
 

まとめ

認知症の検査は、問診から脳検査まであります。費用は検査内容や1割負担か3割負担で多少の差はありますが、10000円~20000円みておけば大丈夫でしょう。
 

早期に発見することで、早くに治療を始めることができるので、認知症の進行を食い止めることは可能です。
 

家族の方が、認知症の疑いがある場合、早めに受診されることをお勧めします。
 

Sponsored Links