赤ちゃん アレルギー 検査 費用

 

 

赤ちゃんの顔や頭などに湿疹ができると、何らかのアレルギーかな?と疑う方は多いですね。
 

赤ちゃんは身体が未成熟なので、いろいろなものに反応してアレルギー症状を起こします。母乳で育てられている赤ちゃんは、ママの母乳を介してアレルギー反応が起こる可能性もあります。
 

湿疹が中々治らない、よく嘔吐する便は1メートルも飛ばす赤ちゃんもいます。そんな赤ちゃんは、なんらかのアレルギーがあると疑ってみてください。
 

赤ちゃんのアレルギー検査っていったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?また、何科で受ければいいのでしょうか?と悩んでいるママは多いですね。
 

そんなママのために、赤ちゃんのアレルギーの検査や費用また何科で受けたらいいのかをご紹介しましょう。
 

Sponsored Links

赤ちゃんのアレルギー検査はどうやるの?

赤ちゃんのアレルギー検査は、4カ月過ぎたころからできます。しかし、離乳食が始まる前くらいがお勧めです。
 

アレルギー検査のお勧めの時期

生後6ケ月後がお勧めです。
 

  • お勧め理由その①

生後4ケ月からでもできますが、赤ちゃんの血管は大変小さく採血が困難です。
 

  • お勧め理由その②

生後6ケ月以内は、赤ちゃんにはまだ抗体ができていません。体内に抗体がないので、アレルギー検査をしても正確な数値がでないことが多いためです。
 

生後6ケ月以内でも皮膚の湿疹や嘔吐下痢が酷い赤ちゃんもいます。ママの母乳が原因しているかもしれません。
 

赤ちゃんに多い三大アレルゲンの卵・牛乳・小麦をママを除去してみましょう。それで湿疹が治る確率が高くなる可能性もあります。
 

次に赤ちゃんのアレルギー検査の費用についてご紹介しましょう。
 

赤ちゃんのアレルギー検査の費用は?

赤ちゃんのアレルギー検査の費用ってどれくらいかかるのでしょうか?
 

赤ちゃんのアレルギー検査は保険適用内

赤ちゃんの顔や頭に湿疹ができている状態で病院に連れていくことが多いですね。この場合は、保険適用内で行うことができます。
 

約5000円~7000円くらいかかります。病院によって値段が違うかもしれません。病院に問い合わせて検査費用の確認をしてください。
 

また、症状がでていないときに検査をしようと思うと保険適用外になり費用は跳ね上がります。
 

検査をするときは必ず症状がでているか、症状がでることを伝えるようにしましょう。
 

乳幼児医療費助成制度を使う

地域によって乳幼児医療費助成制度が導入されています。これを使うと助成金を受け取れたり、診察が無料になる可能性があります。
 

現在住んでいる市町村の役所に問い合わせてみてください。
 

赤ちゃんのアレルギー検査って何科がお勧め?

アレルギー検査は、内科・皮膚科・小児科・小児アレルギー科などでできます。しかし、赤ちゃんの場合は、小児科か小児アレルギー科をお勧めします。
 

大変小さな血管に針を刺すため、高度の技もいります。赤ちゃんが泣き叫んで中々針が通らずに何度も刺す看護婦さんもいらっしゃいます。
 

小さな赤ちゃんに慣れている小児科や小児アレルギー科で検査をしてもらうことをお勧めします。入院施設も整っている小児アレルギー科は特にお勧めです。
 

食物アレルギーがある場合は、大きくなるにつれて経口負荷テストなども行います。
 

また、食物アレルギーの勉強かいや離乳食の勉強会などが定期的に行われているので、知識が身につきます。
 

まとめ

赤ちゃんのアレルギー検査は、生後4か月からでもできますが、その頃は抗体ができていないので正確な数値を出すことができません。
 

よって生後半年を過ぎたころにアレルギー検査をするのがいいでしょう。アレルギー検査は、小児科か小児アレルギー科がお勧めです。
 

とくに入院施設が整っている小児アレルギー科は、今後経口負荷テストを行ったり離乳食の勉強会などアレルギーに関する知識をみにつけることができるので特にお勧めです。
 

費用は、保険適用内で5000前後でできます。また、地域によっては乳幼児医療費助成制度というものがあります。
 

助成金がでたり無料になる場合もあるので地域の市役所に問い合わせてみましょう。
 

Sponsored Links