痛風黒酢

暴飲暴食、不規則な食生活を余儀なくされているお父様型を襲う痛風。

その症状に悩まされる人、予備軍は、隣にも、その隣にも多くの犠牲者が続出しています。

そして、この、お父様型を苦しめていると思われていた痛風が、低年齢化し、今では30代の若者でもその猛威に脅かされるようになっています。

食習慣、性格、体質、遺伝など多くの要因が重なり発症する痛風は、本当に歩けない痛みを与えます。

何故だかわかりますか?

身体が酸化しているからです。そして、老廃物を流せなくなっているからです。痛風を何とかしたい貴方に、黒酢の効果をお伝えしましょう。

そして、身体の中を正常化させ、痛風による痛みから解放されましょう。

Sponsored Links

どうして痛風になったのか?

痛風は、高尿酸血症と言われる生活習慣病です。食生活の偏り、排泄すべきものの貯留、活性酸素の発生により身体が酸性化して起こるとされています。

プリン体と言う成分を知っていますか?ビール、煮干し、魚の干物、白子、魚卵、動物性のホルモン等に多く含まれる成分です。

これを摂取すると、消化、分解する場所は肝臓になります。肝臓は、プリン体をエネルギーに替え、アデノシン三リン酸に変換すると、その代謝産物として尿酸を発生します。

尿酸は、もう身体に不必要な成分であり排泄される必要があります。ですが、アルコール摂取、過度なストレスや活動、ハードな運動、臓器機能の低下等により排泄されずに身体に溜まってしまうと、高尿酸血症を発症します。

その診断は、血液検査で行われ、血中に尿酸値7.0mg/dl異常になるとその診断が下ります。

症状は?

自覚症状なく経過し、突然足の親指がうずき出し、歩行困難となって病院受診すると診断されるケースが多いと言われています。

この他にも、定期健診で無症状のまま発見され、指摘を受けることもあるようです。多くの症状は、関節炎から発症すると言われています。

足の親指の第一関節の炎症、足の甲にある関節の炎症による足の甲の痛み、アキレス腱、足関節など、比較的小さな関節から炎症が始まると言われています。

そして、対処されないでいると、膝関節炎、上肢や手指の関節にまで炎症が波及します。また、肝臓で代謝されると、尿として尿酸は排泄されますが、腎臓での排泄代謝は上手にいかないと、腎臓に尿酸は蓄積し結晶を形成します。

すると、腎結石を形成し、腎機能低下、尿の生成困難、腎不全に至ります。そして、尿が生成困難になると、排尿が難しくなり、尿管や尿路に尿酸が蓄積します。すると、尿管結石をもたらします。

尿管結石は、排尿を妨げ、排尿困難、排尿時痛、血尿の原因ともなり強く苦痛をしいります。

どうすれば予防できるのか?

尿酸の蓄積は、身体が酸性化することで起こります。よって、血液や体内をアルカリ性に戻す必要があります。

1.プリン体一日400mgに制限し、アルコール量は一日20g以下にする。
2.アルカリ性食材中心の食事にして、食物繊維を多く取る。
3.過労とストレス過多を予防する。
4.規則正しい生活習慣にする。
5.水分を一日2000ml以上摂取する。

このように、生活習慣病と言われる高尿酸血症は、自らの生活を律することで解消される疾患です。

Sponsored Links

痛風と酸性食材、アルカリ性食材は?

当然ですが、痛風患者さんに酸性食材を与えることは、直結して身体を酸性化させ症状悪化に繋がります。

逆に、アルカリ性食材を与えることは、身体の中和をもって、症状改善につなげられます。

身体を悪くする酸性食材

酸を示す成分として、塩素、リン、硫黄などがあります。動物性の肉、魚、卵、穀類には酸性成分が多いと言われています。

身体を良くするアルカリ性食材

アルカリ性を示す成分として、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウムがあります。緑黄色野菜、果物、海藻類、きのこ類に多いと言われています。

※高脂肪、高カロリー食に賛成成分を多く含む食材がありそうです。

黒酢と尿酸値低下の関係は?

黒酢は、酸性化した身体をアルカリ性に引き戻す作用があります。人の血液は、pH7.35~7.45を示します。

弱アルカリ性が、ヒトの体内の状態です。これが、代謝調整が上手くいかなくなると酸が溜まり、酸性化していきます。

酸性食品の摂りすぎや、強い運動やストレス、過労、排泄不足に陥ると、身体は酸性化し、その中和の為に骨を破壊してアルカリ化に勧めます。

よって、身体が酸化することは骨ももろくすると言う事です。そして、酸化した身体は、尿酸を溜めこみ、排泄障害を引き起こす為に痛風の原因となります。

黒酢の何が良いのか?

黒酢にはクエン酸が豊富です。あの、酸っぱい成分が酸性化した身体をアルカリ性に戻します。運動後等の乳酸が蓄積した身体を中和し、疲労回復効果があるとも言われています。

と言う事で、

乳酸を中和するようなクエン酸成分が多い黒酢は、尿酸も中和し、排泄させやすい状態にでき、痛風発症を抑制したり、痛風を改善する効果があるのです。

酸性成分は、アルカリ性に良く溶けると言われています。よって、黒酢はアルカリ性なので、尿酸がしっかりと溶けあい、尿となって排泄されやすくなります。

高尿酸血症治療薬のウラリットもクエン酸ナトリウムと言うアルカリ性成分なのです。

どれくらいで効果があるのか?

では、痛風改善に必要とされる黒酢の量はどれほどでしょうか?一日10mlから20ml程度で良いと言われています。

黒酢をそのまま飲んでも良いですが、ドレッシングにしたり、すものもにすると食べやすく摂りやすくなります。

まとめ

黒酢の痛風予防、改善効果は高く、また一口程度の少量でその効果が発揮されそうです。

コンビニやスーパーでもパック商品として売られていますが、その一つを購入しても、一回以上の量をとれ、経済的にも優しい痛風予防となります。

黒酢の効果は、血圧を下げたり、動脈硬化を予防したり、痛風以外にも多くの効果がえられます。そんな黒酢に少し興味を持ってみてください。

 

Sponsored Links