20代30代非定型うつ病

Sponsored Links

うつ病といえば、気分が落ち込んで何もやる気が起きない、食欲が減る、眠れないといった症状が一般的です。
 

これが定型うつ病とかメランコリー親和型うつ病などと呼ばれている一般的なうつ病です。
 

でも、このような症状とは正反対の症状を示す、非定型うつ病と言われるうつ病が、20代や30代の若い女性に増えています。
 

定型のうつ病とちがい、よく食べよく眠るうつ病のため、うつ病ではないと診断されるなどして治療のチャンスを逃してしまうケースもあるのです。
 

このイレギュラーなうつ病、非定型うつ病について調べてみましょう。
 

Sponsored Links

非定型うつ病にはどんな症状があるの?

 
まず、一般的なうつ病と同じような気分の落ち込みが2週間以上続くことが前提です。
 

それに加えて、
 
楽しいことがあると、気分が明るくなる
食欲が増して、体重が増える
いくら眠ってもまだまだ眠い
疲労感が強く、手足が鉛のように重い
夕方から夜にかけて体調が悪い
他人の顔色がひどく気になる
 

このような症状が当てはまるようであれば、非定型うつ病かもしれません。
 

非定型うつ病になりやすい人の特徴

 
非定型うつ病の人の発症前の性格にはいくつかの共通点があります。
 

次のような人は、この病気を発症しやすいといえます。
 
小さなころから手のかからないいわゆる「よい子」だった
責任感が強い方である
周囲に対して自己主張や要求ができない
人に甘えることができない
人に助けを求めることができない
自分の弱みを見せることができない
プライドが高い
やさしい気持ちを持っている
 

非定型うつ病になりやすい人の特徴として、人の顔色をうかがう、人からどう見られているかを過度に気にしているという傾向が見られます。
 

常にいい子とかいい人として見られたいという欲求があり、それがストレスになって対人恐怖的な側面も見られます。
 

非定型うつ病の原因

 

非定型うつ病の原因として、いくつかの要因があげられています。
 

脳内物質の影響

これは定型うつ病と同じように、脳内の情報伝達を担っているセロトニンやノルアドレナリンの分泌異常があげられています。
非定型うつ病では、意欲ややる気、集中力などを司っているノルアドレナリンの分泌異常との関連が示唆されています。
 

生育環境の影響

子どもの頃に親を亡くすなど、早期の喪失体験や死別体験がある、または虐待経験がある、養育者から適切な愛情を受けて育てられなかったなどの経験を持つ場合が多いようです。
 
いい子でいた方が可愛がってもらえるといった防衛策が身についてしまったのかもしれませんね。
 
人の顔色をうかがう、いつもいい子でいなければといったストレスが蓄積して、発症すると考えられています。
 

自己愛の喪失???

従来のうつ病の原因が会社や組織への過度な忠誠による「自己の喪失」とすれば、非定型うつ病はいつも優等生である自分に対する万能感が何かのきっかけで破たんしたことによる「自己愛の喪失」ではないかという意見もあります。
 

非定型うつ病の治療法は?

 
定型のうつ病と同様に、
 
薬物治療
生活改善のための生活指導
認知行動療法などの精神療法
 
などが行われます。
 

薬物療法は、抗うつ薬を中心に、気分安定薬や抗精神薬などが用いられます。
 

非定型のうつ病では、SSRIなどの抗うつ薬だけでは効果がないこともあります。
 

認知行動療法は、うつ病の人が陥りがちな考え方の癖に気付き、少しでも楽な考え方やものごとのとらえ方を身につけようという精神療法で、薬物治療によって急性期の激しい症状がおさまり回復期に入るころに始まります。
 

このほかにも、「朝はしっかり起きて、3食きちんと摂る」といったような生活習慣を整えることによって、乱れてしまった生体リズムを取り戻すための生活指導なども行われます。
 

日常生活で気を付けること

 
定型のうつ病では、まずはゆっくりと休養を取ることがすすめられます。
 

でも、非定型うつ病の場合は、生活のリズムを取り戻すことが有効とされるため、
 
朝はきちんと起きて朝食をとる
可能ならば仕事に行く
簡単なことでもよいので、目標を持って過ごす
 
など、日中はなるべく活動することがすすめられています。
 

うつ病の種類によって対処法も様々、でも無理をしないで、まずはできることから始めてみるのがいいでしょう。

Sponsored Links