頭痛吐き気めまい

 

顔が青ざめてぞーっと寒くなるような頭痛、あなたは経験したことがありますか。
 

頭痛には、生理痛などの原因がはっきりしているものもあれば、突然やってきて薬を飲んでも治らない原因不明の頭痛もあります。
 

そんな時は、ひたすらおさまるのを待ちながらじっとしているしかない、そのつらさは頭痛持ちの人にしかわかりませんよね。
 

多くの場合、頭痛には吐き気やめまいを伴います。
 

まさに「泣きっ面に蜂」といった症状の、その原因や対策について調べてみましょう。
 

Sponsored Links

こんなにあります、頭痛の原因はいろいろ

 
頭痛には特に明確な原因があるわけではないのに起こる一次性頭痛と、何らかの病気が原因で起きる二次性頭痛があります。
 

一次性頭痛

緊張型頭痛
精神的なストレスや長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けたことによって、肩や首周りの筋肉が緊張することによっておこります。肩や首の凝りや軽いめまいを伴う場合が多いです。
 
対処法
入浴などで首や肩周辺を温めたり、ストレッチやマッサージをすると筋肉の緊張がほぐれるので効果的です。
 
片頭痛
月に1、2回、女性に多いことから、女性ホルモンとの関連が示唆されています。
 
頭蓋骨内の血管が拡がり炎症を起こしたためと考えられていますが、はっきりとした原因はまだわかっていません。脈打つような痛みで、光や音に敏感になったり、吐き気を催すこともあります。
 
対処法
血管を拡げてしまうような入浴や運動、マッサージなどはいけません。
痛む部分を冷やし、静かな部屋で横になって休みましょう。
 
緊張型頭痛・片頭痛混合型
上にあげた2つのタイプの頭痛が両方起きてしまうタイプの頭痛です。緊張型頭痛は血管が収縮しておきますが、片頭痛は血管が拡張しておきます。どちらの頻度が多いかによって、対処法も変わってきます。
 
群発頭痛
目の後ろを通っている内頚動脈が拡張して炎症が起きるのではないかと考えられています。
 
症状は、「目をえぐられるような」と言われるほどの激しい痛みが同じ時間に毎日続きます。このことから、体内時計が関係しているのではないかとも言われています。
 
対処法
痛みが激しい場合は、専門医の診察を受けましょう。
体内時計のリズムを整えるために、喫煙や飲酒は控え、規則正しい生活を心がけましょう。
 

二次性頭痛

二次性頭痛の原因は、くも膜下出血や脳腫瘍などの恐ろしい病気が隠されていることもあります。
 
これまで経験したことのないような激しい痛みや、手足の麻痺やしびれ、痙攣、激しいおう吐などが表れたら、一刻も早く病院で見てもらいましょう。
 

なぜ、頭痛で吐き気やめまいが起きるの?

 
めまいや吐き気はなぜか頭痛につきものですね。
 

では、このような症状が同時に起こる原因として何が考えられるのでしょうか。
 

片頭痛

片頭痛は脳の血管が拡張して周囲の神経を圧迫するという説が有力です。これに伴ってめまいや吐き気も起こります。
 

片頭痛の原因として、ストレスカフェインの摂りすぎ天候や気候疲労月経などがあげられています。
 

低血糖

長時間食事を摂らないなどの理由によって脳が低血糖状態になると頭痛、めまい、吐き気などが起こります。
 

高血圧

血圧が高めな人が頭痛を感じたときは要注意です。
脳出血やくも膜下出血、脳梗塞など深刻な病気の前触れかもしれません。
このような場合にもめまいや激しい吐き気を伴います。
 

自律神経のみだれ

過度なストレスや睡眠不足、過労などによって自律神経のバランスが乱れることによって頭痛やめまい、吐き気などを生じることもあります。
 

頭痛吐き気めまい2

 

身近なようで、実はあまりよく知らない頭痛のこと、裏には命にかかわるような深刻な病気がかくれていることもありますので、いつもと違う激しい痛みやめまい、吐き気を感じたら、迷わず病院へ行きましょう。

Sponsored Links