食物アレルギー 症状

 

 

最近よく耳にする食物アレルギー。小さなお子様から大人まで、ある特定の食べ物を食べることで身体が反応するアレルギーのことをいいます。
 

小さなお子様がとくに注意したい食べ物は、卵・牛乳・小麦です。三大アレルゲンと言われて、特に注意が必要です。
 

食物アレルギーは、その原因となる食べ物を口にしないことで症状は起こりません。なんとなく体調が悪い。原因がわからない。と思っている方は、ひょっとしたら食物アレルギーが隠れている可能性もあります。
 

アレルギー検査をして、アレルゲンが見つかって、それを排除すると体調がよくなったと言う話もよく耳にします。
 

今回は、アレルギーの一つである食物アレルギーの症状について、詳しくご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

まずはじめに食物アレルギーとは何でしょう?

食物アレルギーとは、口から食べた物を身体が異物だと思って攻撃するときに起こる症状です。
 

子供に多いアレルゲンは何?

  • 牛乳
  • 小麦

これらは三大アレルゲンと言われています。
 

小さなお子様に多く、小学校に入学するころには落ち着いてきますが、稀に大人になってもアレルギーが残る方もいます。
 

大人に多いアレルゲンは何?

  • 多種多様

子供の場合は免疫力がつくようになると、少しずつアレルギー反応も改善されていきます。
 

しかし、大人は一度アレルギーが発症してしまうと、完治することはありません。アレルギー反応が起こる食物は食べないようするしかありません。
 

食物アレルギーの主な症状について

食物アレルギーの場合、皮膚や消化器系・気管支系・粘膜系などに以下の症状がでてきます。
 

食物アレルギーの主な症状って何?

皮膚

  • 湿疹
  • 蕁麻疹

 
消化器系

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 腹痛

 
気管支系

  • 喉の痒み

 
粘膜系

  • 鼻水
  • 鼻づまり

 
以上の症状が起こります。
 

食物アレルギーの中でも重篤なアレルギー症状とは?

アナフィラキシーショック症状は、食物アレルギーの中でも生死に関わる大変危険な症状です。
 

アナフィラキシーショック症状とは?

  • 呼吸困難
  • 血圧低下
  • 失禁
  • 意識障害

アナフィラキシーショック症状は、呼吸器・消化器・循環器・皮膚・鼻など全身に症状があらわれます。
 

以上の症状が出た場合は、すぐに救急車を呼びましょう。アナフィラキシーショックになると血圧低下がみられます。動かすことは絶対にしてはいけません。
 

仰向けに寝かせて、足をたかくあげて休めませます。嘔吐がある場合は、顔は横向きにして安静を心掛け救急車を待ちましょう。
 

医師から、エピペンを処方されている方は、すぐに太腿に注射をして待機してください。食物アレルギーのある方は、安全のためにも常にエピペンを携帯しておくことも大切です。
 

食物アレルギーの症状がでるまでの時間

食物アレルギーが発症するまでの時間には3つのタイプがあります。
 

  • 1:即時型反応
  • 2:遅発型反応
  • 3:遅延型反応

以上の3つのタイプがあります。
 

即時型反応→15分~20分後に起こる

蕁麻疹がでたり、喉が痒くなったり、鼻水がでるなどの症状があります。
 
すぐに症状が現れるため、食物アレルギーが原因していると判断することができます。
 

遅発型反応→6~8時間後に起こる

食べてから半日ほど経ってから症状が現れるため、特定のアレルゲンを限定することが困難です。
 
特定のアレルゲンを見逃すことも多いです。
 

遅延型反応→1~2日後に起こる

食べてから1日~2日に起こるため、特定アレルゲンを見つけることは大変困難です。
 
体調が悪くなることが何度も起こる場合は、食物アレルギーが原因しているのかもしれません。
 

食物アレルギーを回避するには特定アレルゲンを見つけることが大事

食物アレルギーを回避するには、その原因する食べ物を食べないことです。
 

即時型の食物アレルギーの場合は、すぐに反応がでるので原因するアレルゲンを見つけることは容易です。
 

しかし、遅発型や遅延型の場合、時間が経っているので中々特定することは困難です。
 

特定アレルゲンを見つけるにはどうすればいい?

  • 食べ物日記をつける
  • アレルギー検査をする

この二つでアレルゲンを見つけることができます。
 

食べ物日記をつけることは、アレルゲンを見つけるだけではなく、症状が現れる時間のタイプも見つけることができます。
 

原因がわからなくて体調すぐれないと言う方は、一度試してみてください。ひょっとしたら食物アレルギーが関係していたのかもしれません。
 

まとめ

食物アレルギーは、小さなお子様から大人まで起こる可能性があります。特定の食べ物を食べることで、身体が異物と勘違いして攻撃するときに起こる症状です。
 

食物アレルギーの症状は
 

  • 粘膜系
  • 消化器系
  • 気管支系
  • 循環器系
  • 皮膚

などに症状が現れます。
 

食物アレルギーが発症する時間には以下3つのタイプがあります。
 

  • 1:即時型反応 15~20分後
  • 2:遅発型反応 6~8時間後
  • 3:遅延型反応 1~2日後

まず食物アレルギーに必要なことは、該当するアレルゲンを見つけることです。そのために、食べ物日記をつけてアレルゲンを見つけましょう。
 

アレルゲンを見つけたら、その食物は食べることを避けることでアレルギー症状を回避することができます。
 

それだけではなく、栄養面でも気をつけるようになるので、決してアレルギーがあるから不健康になることはありません。
 

食べ物日記をつけて、体調管理をしながらアレルギーと付き合っていきましょう。
 

Sponsored Links