黒豆茶 効能

 

 

黒豆は、お節料理に欠かせない一品です。大豆の一種で女性に喜ばれる成分がたくさん含まれています。
 

そんな黒豆を原料として作ったものが黒豆茶です。黒豆茶は、血液をサラサラにする効能があり、ダイエットや美容に効果があります。
 

今回は、黒豆茶の効能についてご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

黒豆茶の効能について

黒豆茶は、香ばしい香りがして飲みやすい飲み物です。どんな効能があるのでしょう?
 

黒豆茶の主な成分と効能

  • アントシアニン
  • イソフラボン
  • ビタミンB群
  • サポニン
  • 食物繊維

・アントシアニン
 

色素成分アントシアニンが血液をサラサラにする効能がある
 
アントシアニン→ポリフェノールの一種
 
アントシアニンは他の大豆には含まれていません。黒豆だけに含まれています。
 

・イソフラボン
 

黒豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする
 

イソフラボン→大豆に含まれていることで有名
 

・ビタミンB群
 

エネルキーの供給や老廃物の代謝に働きます。
 

・サポニン
 

苦み成分のサポニンは、抗酸化作用、血液をサラサラにしたり解毒作用があります。
 

・食物繊維
 

腸内環境を整えて便秘を改善します。
 

以上のように黒豆茶には、健康にいい成分がたくさん含まれています。もちろんダイエットや美肌効果もある優れたお茶ですね。
 

黒豆茶の効果・効能、女性が気になるダイエットや便秘

黒豆茶には、ダイエットに効果がある成分がたくさん含まれています。
 

  • サポニン
  • アントシアニン
  • 食物繊維
  • イソフラボン

黒豆茶は、デドックス効果があるので身体の中から痩せやすい体質へと導きます。
 

サポニンとアントシアニンが、脂肪を燃焼させ余分な脂肪を排出してくれる効果があります。
 

食物繊維は腸内環境を整え、便秘を解消してくれる働きがあります。
 

また、イソフラボンは脂肪燃焼をさせる女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあります。
 

黒豆茶を継続して飲むことは、ダイエットにも効果がありますね。
 

黒豆茶って妊婦が飲んでも大丈夫?気になる副作用は?

黒豆茶はノンカフェインです。お茶の中にはノンカフェインでも妊婦が飲まない方が良いお茶もあります。
 

黒豆茶は妊婦は飲んでも大丈夫でしょうか?
 

黒豆茶は妊婦は飲んでも大丈夫です。

黒豆茶には、女性ホルモンに似た成分が含まれています。
 

妊娠中は、ホルモンのバランスの崩れで精神的にも不安定になりがちです。
 

黒豆茶を飲むことで、ホルモンバランスが整いリラックス効果もあります。
 

黒豆茶の気になる副作用は?

黒豆茶は、ダイエットにも美肌にも健康にも大変優れているお茶ですが注意も必要です。
 

  • 食物アレルギーのある方は注意

食物アレルギーの方で、大豆がアレルゲンの方は飲用を控えるようにしましょう。アレルギー反応がでる可能性があります。
 

  • 黒豆茶の飲み過ぎに注意

大豆イソフラボンは、過剰摂取で女性ホルモンのバランスを崩す可能性があります。一日2~3杯ほどの飲用なら問題ありません。
 

まとめ

黒豆茶は香ばしくて飲みやすいお茶です。健康や美容に効果があるだけでなく、ダイエットにも大変効果があるお茶です。
 

ダイエットに効果的な成分が多く含まれています。
 

  • サポニン
  • アントシアニン
  • 食物繊維
  • イソフラボン

これらの成分が脂肪を燃焼させたり、脂肪を排出したり、腸内環境をよくして便秘を解消します。
 

黒豆茶を飲み続けることでダイエットにも効果がでてきます。実は黒豆茶を飲む場合注意して欲しいことがあります。
 

  • 食物アレルギー・の方で大豆アレルゲンの方は飲むのを控えましょう。
  • ダイエットに効果がある黒豆茶ですが、飲み過ぎると女性ホルモンのバランスを崩す可能性があります。

飲み過ぎには注意しましょう。
 

Sponsored Links